ライトコイン(LTC)|投資情報・リアルタイム価格チャート

LTC/JPY チャート

24H7D30D180DMAX

LTC 基礎情報

ライトコイン(LTC)は、オープンソースのグローバルな決済ネットワークであり、中央当局を介さずに完全に分散化されています。支払いに必要なコストはほぼゼロに近く、取引に要する時間も非常に短くて済みます。約4年半ごとにLitecoinマイナー報酬が半減する半減期があります。

LTC関連ニュース

04/13 (火)
ライトコイン(LTC)のコモディティ上場投資信託、独取引所「クセトラ」上場へ
英ロンドンの仮想通貨投資企業ETCグループはドイツ取引所「クセトラ」にライトコイン(LTC)の上場投資商品を上場させることを発表
04/12 (月)
米仮想通貨投信大手グレースケールの運用資産額が5兆円を突破
仮想通貨に特化した投資運用会社最大手のグレースケール社の運用資産総額が461億ドル(約5兆580億円)に達したことがわかった。
04/07 (水)
ライトコイン(LTC)の上場投資商品 英CoinSharesが発表
英大手仮想通貨投資企業CoinSharesはライトコイン(LTC)の上場投資商品を発表した。
03/30 (火)
PayPal、仮想通貨決済を開始──ビットコイン高騰
米大手決済企業PayPalは米ユーザーに向けて、仮想通貨によるオンライン決済を開始。ビットコイン・仮想通貨市場が好感、価格が高騰した。
03/22 (月)
米コインベース、ビットコインの出来高水増し等で約7億円の罰金
米CFTCが仮想通貨取引所コインベースが2015年から2018年にかけ出来高を水増しした疑いで約7億円のペナルティの支払いを命じた。またナスダックへの直接上場も4月に延期されたことが匿名筋から判明した。
03/20 (土)
ドイツ規制当局:個人投資家に向け仮想通貨の投資リスクを警告
ドイツの連邦金融監督庁が、一般消費者に向け、仮想通貨投資のリスクについて注意を喚起した。また、EUの監督当局も同様の警告を発している。
03/13 (土)
株式会社マーキュリーが暗号資産交換業サービスを提供開始|関連会社のビットバンクと共にトークンエコノミー実現へ
フィナンシャルサービス事業などを手掛ける株式会社セレスの子会社「株式会社マーキュリー」は、暗号資産交換業サービスを提供開始することを発表した。
03/01 (月)
Google Finance、ビットコインなど仮想通貨のタブを追加
仮想通貨の価格情報などを表示するタブがGoogle Financeに登場した。ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュの4銘柄が表示されている。
02/22 (月)
GMOインターネット、タイで仮想通貨取引所立ち上げを発表
GMOインターネット株式会社は22日、同グループがタイで仮想通貨取引所の事業を開始したことを発表した。
02/12 (金)
PayPalの仮想通貨売買サービス、イギリスでも提供開始へ=報道
米決済大手PayPalは仮想通貨の売買サービスを数ヶ月後にイギリスに拡大する計画を明かした。中央銀行デジタル通貨(CBDC)への対応計画もあるという。
02/10 (水)
仮想通貨ETF(上場投資信託)、バミューダ証券取引所で取引開始──対象通貨はビットコインほか5銘柄
米ナスダックと提携してブラジルの投資企業Hashdexが提供する仮想通貨ETFが、バミューダ証券取引所で取引が開始された。ビットコインなど6銘柄で組成された指標にもとづいて運用される。
02/04 (木)
「仮想通貨決済サービスは年内に開始予定」──米PayPal、2021年の計画を発表
米決済大手PayPalが、2020年のQ4および通年の業績や2021年の計画に関するレポートを公開。仮想通貨決済サービスは年内に開始予定だとしている。
01/28 (木)
富裕層の選択肢に仮想通貨投資を 香港の老舗資産管理企業がサービス立ち上げ
香港の老舗資産管理企業Henyepは富裕層クライアントにビットコインなどの仮想通貨投資サービスを提供開始した。OTCデスクや仮想通貨の預金商品などの専門サービスがある。
01/27 (水)
仮想通貨取引所Gemini、複数のDeFi関連銘柄をシンガポールで新規上場
米仮想通貨取引所Geminiはシンガポールのユーザー向けに、多くのDeFi(分散型金融)関連銘柄の上場およびシンガポールドルの追加対応を発表した。
01/20 (水)
ビットポイント、仮想通貨の全取扱銘柄で即時出金に対応
仮想通貨取引所を運営するビットポイントジャパンが、19日から全ての取扱銘柄で即時出金を開始。購入後すぐに他の取引所やウォレットに出金依頼することが可能になった。
01/16 (土)
米グレースケール、機関投資家主体に約3400億円の資本流入=20年Q4レポート
米仮想通貨投資大手グレースケール社は2020年Q4レポートを公開。機関投資家を主体に約3400億円の資本流入を記録した。
01/11 (月)
XRP(リップル)とライトコイン、Flare Network上のDeFiプラットフォームで活用する方針
Flare NetworkでDeFiプラットフォーム提供を目指すFlare Financeが主軸通貨として仮想通貨XRPとSpark(FLR)と共に新たにライトコイン(LTC)も活用することを発表。
01/09 (土)
リップル社出資のプロジェクト「Flare Networks」、ライトコイン(LTC)を統合へ
仮想通貨XRP(リップル)にスマートコントラクトを導入することを目指して開始したプロジェクト「Flare Networks」が、ライトコインの統合を発表。ライトコインの可能性が広がると注目が集まっている。
01/05 (火)
FTX、Grayscaleビットコイン投資信託の取引を開始
仮想通貨取引所FTXが5日、グレイスケールが提供するビットコイン投資信託などの現物・先物取引を開始した。今回追加したのは、ビットコイン投資信託(GBTC)、イーサリアム投資信託(ETHE)、Bitwiseの仮想通貨指数ファンド(BITW)の3金融商品。取引はすでに開始されている。
12/25 (金)
PayPal、仮想通貨カストディ企業BitGOの買収を断念か=フォーチュン誌
米大手決済企業PayPalは仮想通貨カストディ企業BitGoへの買収交渉を断念したことがわかった。理由は買収金額にある模様だ。