CoinPostで今最も読まれています

11銘柄全てのビットコインETF上場へ、SEC米国史上初の現物ETFを承認 

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

11銘柄全て承認

米国の証券取引委員会(SEC)は日本時間11日、米国史上初となるビットコイン現物ETF(上場投資信託)の上場を承認した。SECの公式サイトから発表された。ビットコインの価格はこのニュースを受け反応が限定的で、46,000ドル台を推移している。

出典:SEC

今回承認されたETFは、資産運用で世界最大手のブラックロックが申請した「iShares BITCOIN SPOT ETF(iシェアーズ・ビットコイン・トラスト)」やグレースケールのGBTC、フィデリティのFBTCなど、11件全ての申請で、「加速承認」というアプローチを取っている。

“ビットコイン現物ETF”とは、実際にビットコインを購入し、そのビットコインを基にした信託(ETF)を株式市場で取引するものだ。投資家は直接ビットコインを購入することなく、その価値に投資することが可能になる。さらにはデジタル通貨市場の成熟と認知度の向上が期待される。

アナリストによれば、SECは特定の申請者に有利な立場を与えることを避けるため、個別審査を戦略的に遅らせ、複数のETFを同時に承認する方針を取っていたとのこと。

出典:ブルームバーグ

ETFは設計や協力会社が異なり、ブラックロックのETF「IBIT」の場合は、ビットコインのカストディアン(保管事業者)として米Coinbaseを選定、手数料は0.25%(初期6か月間は0.12%)だ。

米国ETF商品の平均手数料は0.54%とされるが、現在のビットコイン現物ETF申請については、これよりも手数料を低く設定している企業が多い。

Cboeの取引開始日通知

上場先であるデリバティブ取引所Cboeは同日に、ARK 21Shares、フィデリティ、Franklin Templeton、Invesco、VanEck、WisdomTree社に通知を送付し、ビットコイン現物ETFの取引初日が木曜日であると伝えた。

Cboeはそれらの通知で、「取引所上場商品(”ETP”)がCboeに上場され、2024年1月11日に新規銘柄として取引を開始することを発表できることを嬉しく思っています」としている。

なお、ブラックロックなど他の4つのETFの上場先はNYSE(ニューヨーク証券取引所)とナスダックで、現時点で通知の発表が確認されていない。

昨日のSEC虚報

昨日朝、SECの公式ツイッター(X)アカウントが乗っ取られ、ビットコインETFを承認したとの虚報が投稿され、仮想通貨市場に一時混乱をもたらしていた。

その後、SIMスワップという手法により不正アクセスされたことがXの公式サポートから指摘された。SECは11日に、虚報投稿の捜査についてFBIと協力していると発表した。

関連SECアカウント侵害の背後にSIMスワップ攻撃か、ビットコインETFフェイク発表で

そして、今日の承認発表について、SECのゲンスラー委員長は「SECは本日、特定のスポットビットコインETP株の上場と取引を承認したが、ビットコインを承認または推奨したわけではない」と話したという。

ビットコインへの資金流入予測

専門家は、ビットコイン現物ETFの承認が仮想通貨市場への信頼性を高め、新たな資本の流入を促す可能性があると見ている。

米国のETF市場は金利低下や景気見通しの改善を背景に資金が流入しており、2023年11月時点で運用資産は過去最高の7.65兆ドルに達したところだ。

ビットコイン現物ETFは、既存のビットコイン”先物”ETFと比較して複数の利点があり、保有ポジションの報告やリスク評価の容易さ、ロールオーバーコストや契約満期に関する心配の不要さなどが挙げられる。

英金融大手スタンダードチャータード銀行は2004年に初めてローンチされたゴールド(金)のETFのデータを参照し、米国でビットコイン現物ETFが承認されれば、2024年に500億ドルから1,000億ドル(約7.2兆円から約14.4兆円)の資金が流入するとの見方を示した。

 

一方で、JPモルガンのように、現物ETFが仮想通貨市場に及ぼす影響を限定的と見るものや、ビットコインのトランザクションを低下され、ネットワーク効果の棄損につながると警戒感を示す見方も出ている。

23年8月には仮想通貨関連企業グレースケールが提供する主要な投資信託、GBTCのETFへの変換申請が裁判の結果、グレースケール側に有利な判断が下された。この勝利がSECのビットコインETFに関する判断基準を変更するきっかけとなったとの見方がある。

ビットコインETF特集

仮想通貨投資の始め方はこちらをチェック

様々な仮想通貨を購入したい方は、取引所別の取り扱い銘柄を確認してみてください。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/22 木曜日
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア