仮想通貨ポリゴン(MATIC)とは|注目ポイントと今後の将来性

この記事では、Polygonがどのようなことを目指すプロジェクトなのか、レイヤー2ソリューションとは何かをわかりやすく説明します。

Polygonとは

Matic NetworkのPolygon(Matic Network)は、イーサリアムチェーンのレイヤー2(第2層)ソリューションにあたり、ネットワーク手数料のGAS代高騰問題を解消する開発者向け開発フレームワークです。混雑の続くETHチェーンのメインネットとは異なる拡張を持たせることで、スケーラビティ問題を緩和します。

2019年4月に世界最大手の仮想通貨取引所バイナンスでIEO(Initial exchange offering)を果たし、21年3月には、コインベース上場も実現。トークンの普及を加速させました。

以前「MATIC」と呼ばれていましたが、「Polygon」への名称変更には、ブロックチェーンを構築するための諸々をまとめた総合的なプラットフォームへの変化という意味が込められています。

Polygonの技術

Polygonのは多くのL2(レイヤー2)ソリューションと同様に、複数のレイヤーから構成されています。Polygonの核となるのは実行レイヤーとネットワークレイヤーで、前者はPolygonのEVMで、スマートコントラクトの実行を担います。後者がPolygonで構築されたブロックチェーンで、個別にコンセンサスをとりブロックを生産します。Polygon上のブロックチェーンは互いに通信が可能で、これによりdApp間の連携と価値の受け渡しが簡単に行えます。

利用されている技術

以前はレイヤー2ソリューションとしてPlasmaのみを実装していましたが、リブランディング後は上記のような複数のレイヤー2ソリューションを利用できるようになりました。

PolygonとほかのL2ソリューションの比較

Polkadot

  • EVMを利用するPolygonと違い、独自の言語でスマートコントラクトを記述する(Solidity vs Substrate)
  • セキュリティレイヤーは任意で採用可能で、利用しないこともできる。

Polygonを利用したNFTマーケットプレイス

Polygonを利用できるサービスとしては、国内ではNFTマーケットプレイス『nanakusa』がβ版サービスを21年4月に開始したほか、MCH+支援タイトルが Polygon対応を実施。国内では初のマルチチェーン対応の事例となりました。

NFTの市場規模は2021年以降大きく拡大しており、ゲームやアート関連分野で特にその期待は厚いです。

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

株式会社スマートアプリが運営するnanakusaですが、イーサリアムとPolygonによる決済に対応しており、それぞれ対応タイトルが違います。現在nanakusaは公認アーティストの募集を行っており、150件以上の応募がすでにあるとしています。

関連:スマートアプリ、Polygon決済対応のNFTマーケットプレイス『nanakusa』β版をローンチ

まとめ

  • Polygon(旧MATIC)とはイーサリアム互換のL2ブロックチェーン構築のための相互運用・スケーリングフレームワーク
  • 2021年2月に名称変更後もMATICトークンはガバナンスやステーキング、ガス代に利用される。
24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します