スマートアプリ、Polygon決済対応のNFTマーケットプレイス『nanakusa』β版をローンチ

nanakusaのベータ版開始

NFT(ノン・ファンジブルトークン)展開する株式会社スマートアプリは、日本発NFTマーケットプレイス『nanakusa』のβ版サービスを開始を発表した。

β版では、『nanakusa』と提携するブロックチェーンゲーム・コンテンツが発行するNFTについて、イーサリアム及びPolygonにて出品と購入を行うことができる。

ブロックチェーンの特性を活用したデジタルトークン「NFT(ノン・ファンジブル・トークン)」市場はここ最近、急速にその市場を拡大しており、特にアートや音楽、イラストなど様々な分野で注目されている。

そうした中、スマートアプリはクリプトアーティスト(NFTを活用し様々な制作活動を行うアーティストの総称)が自身の作品をNFTとして発行し、販売を行えるNFTマーケットプレイス 『nanakusa』を発表した。

nanakusaとは

NFTマーケットプレイス「nanakusa」とは、公認されたコンテンツホルダーやNFT販売事業者、個人活動するクリプトアーティストが制作したNFTの販売(一次販売)及び、利用者同士が保持しているNFTを売買(二次販売)できるNFT売買プラットフォームサービスのこと。

大きな特徴として、nanakusa内で発行されたNFTは、利用者同士の売買においても永続的に事業者・制作者にロイヤリティが還元される仕組みとなっている。

プレスリリース

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

対応タイトル

ベータ版時点で対応しているタイトルは、以下の通り。

■イーサリアム決済

  • NFTトレカ
  • MyCryptoHeroes
  • CryptoSpells
  • Brave Frontier Heroes
  • CHOJO -CryptoGirlsArena-

■Polygon決済

  • VtuberNFT
  • MyCryptoSaga

Matic NetworkのPolygon(Matic Network)は、イーサリアムチェーンのレイヤー2ソリューションにあたり、ネットワーク手数料のGAS代高騰問題を解消する開発者向け開発フレームワークだ。

公認クリプトアーティストを募集

4月21日の本リリースに向けて、引き続き、公認クリプトアーティストの募集を行っている。

応募状況として、「すでに国内海外の個人クリエイター・チーム・団体などから、合わせて150件以上の応募が集まっている。」としている。

■募集期間

2021年3月28日 23:59まで

■募集資格

アーティスト(アナログ/デジタル)、フォトグラファー、イラストレーター、作家、ミュージシャン、声優、動画クリエイターなど、アーティスト活動を行っている方、または今後クリプトアーティストとして活動を目指している方。

■応募方法

・日本語フォーム

・English form

著者:CoinPost編集部

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します