CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨MATICをPOLにアップグレードする提案公開 Polygon 2.0を本格開始へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨MATICをPOLへ

ポリゴン(MATIC)の開発チーム「Polygon Labs」は14日、新たな開発計画「Polygon 2.0」を本格的に開始することを発表した。

まずは3つの改善提案(PIPs:Polygon Improvement Proposals)をリリース。今回の提案の主な目的は、MATICトークンをPOL(Polygon Ecosystem Token)トークンに置き換えることで、コミュニティの承認が得られれば、今年の4Q(10月から12月)にも提案の実行を開始すると説明している。

ポリゴンとは

イーサリアム(ETH)のスケーラビリティ問題に取り組むプロジェクト。「Polygon PoS」や「Polygon zkEVM」など複数のソリューションを開発し、大手企業らに採用される事例が続いている。

▶️仮想通貨用語集

関連トヨタGRカップ、ポリゴン(MATIC)でデジタル・トロフィー授与へ

Polygon Labsは今年6月、Polygon 2.0の計画を発表した。その後、大きく分けて4つのアップグレード計画を公表。MATICをPOLに置き換える計画は7月に、3つ目のアップグレードとして発表していた。この時は計画の概要だけを発表していたが、今回は実際にPIPとして提案を行っている。

関連新たな開発計画「Polygon 2.0」を発表、ZK技術活用のレイヤー2ネットワーク

今回の提案の内容は以下の通り(掲載順)。

  • PIP-18:Polygon 2.0の最初の計画(Phase 0)の詳細
  • PIP-17:POLの詳細
  • PIP-19:Polygon PoSチェーンのネイティブ通貨をPOLにする計画

細かく見ると、17や19の提案は18に含まれ、Phase 0でPOLトークンへの置き換えを始めることを計画している。そして、18に書かれている内容は個別にPIPとして、これからも提案していくとした。

また、Phase 0ではエンドユーザーや、Polygon PoSとPolygon zkEVMの2つのチェーンの既存の開発者は何も行う必要はないと説明。Phase 0は以下の4つに特化してアップグレードしていく計画で、必ずしも全てを同時に行うわけではないと述べている。

  1. POLへのアップグレードを開始
  2. Polygon PoSチェーンのネイティブガス通貨をPOLへ変更
  3. Polygon PoSチェーンのステーキング通貨をPOLへ変更
  4. ステーキングレイヤーをローンチ

出典:ポリゴン

Polygon Labsは、Polygon 2.0の中核は「コミュニティをサポートすること」だと説明。開発者やクリエイターなど全てのエコシステム参加者をサポートしていくことを意図しているため、提案についてフォーラムで議論を行うように促している。

POLについて

MATICは日本の取引所にも上場している銘柄で、ネイティブ通貨が置き換わることに対する投資家の関心は高い。

POLはPolygon 2.0のネイティブ通貨として機能。イーサリアムをインターネットのレベルまで拡張させるために、ゼロ知識証明を活用したL2チェーン群のエコシステムを支えることができる「次世代のトークン」であると説明している。

MATICとは1:1の割合で置き換えられ、初回の供給量は10億POL。その後は年2%が新たに放出され、ステーカーとコミュニティの財源に平等に分配されていくとした。

関連ポリゴン、仮想通貨「MATIC」を「POL」にアップグレードする提案を発表

Astar zkEVM発表も

13日には、Polygon Labsは日本発のパブリックブロックチェーンAstar Networkを開発するステイクテクノロジーズと協業し、イーサリアム(ETH)のレイヤー2「Astar zkEVM Powered by Polygon」を共同開発することを発表した。

関連イーサリアムの新レイヤー2『Astar zkEVM』発表、Polygonと協業へ

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
19:23
a16zが物理製品×NFTドロップのIYKに出資-web3資金調達まとめ
過去1週間にWeb3プロジェクト12社が計約90億円を調達。NFTドロップを実現するNFCチップ提供の「IYK」はa16zらから23億円を集めた。アディダス「NFT NYC 2023限定シャツリリース」の実績を有すIYKは、個人サービス向けサービス基盤をリリース。
15:33
米サークル社がステーブルコインの「非証券性」を主張、SEC対バイナンス訴訟めぐり
米サークル社は28日、バイナンス対SECの訴訟で書面を提出。決済用ステーブルコイン自体は証券ではないとの見解を述べた。
15:17
米Circle、ステーブルコイン運用基盤を無償公開
ステーブルコイン発行の米Circleは、「Perimeter Protocol」をオープンソース化した。リアルワールドアセットのトークン化の需要増加に対応し、USDCのユースケース拡大を狙う。
10:45
スリーアローズ破綻に進展、Zhu氏をシンガポールで逮捕
破綻した仮想通貨ヘッジファンド3AC共同創設者の一人Su Zhu氏はシンガポールで逮捕された。清算人の調査に協力しなかったことで懲役刑となる。
10:05
グーグルクラウド、Polygonバリデーターに参加
Google Cloudが、Polygonのバリデーターとして参加していることがわかった。同社は今年4月からPolygon Labsと「継続的な戦略的協力関係」を維持している。Google Cloud APACは、関連するYouTube動画を公開した。
08:25
SBI、XDC Network運営企業と合弁会社設立へ
SBIホールディングスは、UAE拠点のTradeFinexと日本における合弁会社の設立について基本合意した。仮想通貨XDCの上場を望む取引所のサポートなど、新会社の事業を説明している。
09/29 金曜日
18:24
世界のゲーム企業時価総額トップ40企業のうち、29社がWeb3分野を模索
時価総額上位40のゲーム会社の中で、29社がWeb3分野を模索している。NFTゲームの開発を進めているNexon、バンダイナムコ、コナミ、Krafton、スクウェア・エニックス、ユービーアイソフトの7社を中心に動向をまとめた。
16:53
米決済大手PayPal、NFTの購入・送信システムで特許出願
米決済大手PayPalは、NFTの購入・送信システムに関する特許を米国特許商標庁に申請している。オフチェーン取引機能などを備えるものだ。
13:56
BISと各国中央銀行、CBDC取引の実証実験成功
国際決済銀行は、フランス、シンガポールおよびスイスの中央銀行とともに行った、ホールセール中央銀行デジタル通貨(wCBDC)のクロスボーダー取引および決済の実験に成功したと発表した。
13:00
米コインベース、米国外のリテールユーザーに無期限先物サービス提供へ
米大手仮想通貨取引所コインベースは、バミューダ金融庁から米国外のリテールユーザー向けに無期限先物を提供するライセンスを得たと発表した。
12:53
ビットコインやや反発、MakerDAO(MKR)前月比50.0%高の背景は
暗号資産(仮想通貨)相場では米株指数の反発の影響もありビットコインが反発。アルト市場ではMakerDAO(MKR)が前月比50.0%高となり年初来高値を更新した。
12:00
アジア最大級のWeb3カンファレンス「WebX 2024」、ザ・プリンスパークタワー東京で開催へ
国内最大手の暗号資産(仮想通貨)メディアCoinPostは、アジア最大級のWeb3国際カンファレンス「WebX 2024」の開催を発表した。第2回は、ザ・プリンスパークタワー東京で行われる。
11:38
FTX Japanが自動資産証明を導入
FTX Japan株式会社のセス・メラメドCOO、顧客から預かった資産の保全状況を証明するため、新機能「Proof of Solvency」を導入したと発表した。取引所の残高が預かり資産を上回っていることを、改ざん不可能で検証可能な方法で証明する。
10:26
イーサリアムのテストネット「Holesky」起動
仮想通貨イーサリアムのブロックチェーンについて、新たなテストネット「Holesky(ホレスキー)」が起動した。次期ハードフォークDencunに向けた重要なステップであり、開発計画の進展につながる動きだ。
09:00
米SEC、イーサリアム先物ETFを初承認
米SECは、仮想通貨運用企業Valkyrieがイーサリアムの先物に投資するETFを提供することを承認したことがわかった。ビットコイン先物ETFに組み込むとみられる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2023/10/19 14:00 ~ 16:00
東京 東京都渋谷区
2023/10/28 14:00 ~ 17:00
東京 東京都中央区
重要指標
一覧
新着指標
一覧