ポリゴン(MATIC)、ZKロールアップに特化した新たなL2をリリース

新たなL2ソリューション

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)のスケーリングソリューションを提供する「ポリゴン(MATIC)」は20日、新たなロールアップ「zkEVM」を発表した。

新たに発表されたL2スケーリングソリューションの正式名称は、zkEVM(zero-knowledge Ethereum Virtual Machine)。ゼロ知識証明技術とイーサリアムへの対応を両立するバーチャルマシンは今回が初だとPolygonは説明した。

ゼロ知識証明とは

証明プロトコルの一種。「自身の主張が真実であること以外の情報を検証者に開示することなく(=ゼロ知識)、その主張が真実であると証明できる」という特性を、「ゼロ知識証明は、特定のブロックチェーンの外部で処理を行ない、その過程を提示しなくても、その処理が正しく実行されたことを証明できる」というように応用し、最近では処理能力を高める技術としても注目を集める。

▶️仮想通貨用語集

関連スケーリング問題の打開策「ロールアップ」とは|仕組みや注目点を詳しく解説

zkEVMの詳細

開発にはPolygonのHermez、Zero、Midenのチームが協力。EVMに対応できるゼロ知識証明技術ベースのロールアップ技術として、以下のメリットがあるとしている。

  • イーサリアムとの互換性
  • イーサリアムより低いコスト
  • イーサリアムより早い取引速度
  • ゼロ知識証明技術

zkEVMではどのイーサリアムのスマートコントラクトでも実装が可能。ゼロ知識技術のもたらす分散化とセキュリティを保ちながら、イーサリアムより早い速度と低い取引手数料を両立できるという。

EVMと同等の規格を持つポリゴンの新ソリューションはPolygonが製作した反面、パーミッションレスであるため、誰でも利用可能。コードもオープンソースであるため、パブリックドメインとして誰でもアクセスできる。

Polygonの共同設立者であるMihailo Bjelic氏は仮想通貨メディアDecryptに対して、zkEVMを以下のように説明した。

理想的なWeb3のインフラはスケーラビリティとセキュリティ、そしてイーサリアムとの互換性を併せ持つべきだ。

これまではこの3点を全て提供するのは事実上不可能だったが、(zkEVMは)ようやくこのような性質を兼ね備える技術だ。

現段階ではパフォーマンスの比較を提供するのは困難だが、2,000TPS(取引/秒:イーサリアムは15TPS)の実現を目標としている。

関連:仮想通貨ポリゴン(MATIC)とは|注目ポイントと今後の将来性

今後の動向

なおzkEVMのさらなる詳細は後日公開を予定。テストネットも公開間近だ。

また、今夏中にはパブリックテストネットのローンチを予定。最終的なメインネットのローンチは2023年初頭を想定している。

ロールアップとは

イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決する方法の一つ。メインチェーンの外で取引を実行するレイヤー2ソリューションを指す。

▶️仮想通貨用語集

関連: スケーリング問題の打開案「ロールアップ」とは|仕組みや注目点を詳しく解説

Polygonはイーサリアムのスケーリング問題を解決すべく発足したプロジェクト。ソラナ(SOL)アバランチ(AVAX)などと並び、イーサリアムキラーの一つとして名が挙げられている。

関連:仮想通貨ポリゴン(MATIC)とは|注目ポイントと今後の将来性

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します