イーサリアム(ETH)|投資情報・リアルタイム価格チャート

ニュース 基礎情報 関連記事
05/21 (土)
OpenSea、新たなNFTプロトコル「Seaport」をローンチ
大手NFT電子市場OpenSeaは20日、新たなNFT売買プロトコル「Seaport」をリリースした。複数の新機能を設けている。
CoinPost
05/21 (土)
バイナンス、Optimismネットワークに対応開始
仮想通貨業界最大手の取引所バイナンスは20日、イーサリアムのレイヤー2のOptimism Networkからの入金に対応開始したことを発表した。
CoinPost
05/20 (金)
「運動で仮想通貨を獲得してみたい人は8割以上」フィットネス情報サイトFitRated調査
フィットネス関連サイトFitRatedは、1,001人のアメリカ人を対象に行った調査結果を発表した。仮想通貨やメタバースを「フィットネス目線」でどのように捉えているかを調べるのが目的だ。
CoinPost
05/20 (金)
豪州大手銀、仮想通貨売買機能を提供停止
オーストラリアの大手銀行Commonwealth Bank of Australiaは仮想通貨の売買機能を停止したことが報じられた。
CoinPost
05/19 (木)
米大手VC「a16z」仮想通貨レポート、Web3の可能性を高く評価 
米著名VCアンドリーセン・ホロウィッツは17日、同社初となる仮想通貨業界の動向レポートを発表。中央集権的なWeb2から、分散型のWeb3に移行する「インターネットの進化」の流れを概説した。
CoinPost
05/19 (木)
米株市場大荒れでビットコイン28000ドル台再び、ステーブルコイン市場では勢力図に変化
米株式市場が暴落した影響で、日経平均株価や暗号資産(仮想通貨)市場などに波及、ビットコインは2万ドル台まで最下落した。USTショックの影響により、USDTやUSDCなどステーブルコイン市場に変化も見られる。
CoinPost
05/19 (木)
仮想通貨イーサリアム、Ropstenテストネットで「The Merge」実行へ
仮想通貨イーサリアムは6月8日、パブリックテストネットRopstenでThe Mergeを実行する。これに合わせ、EthHubの共同創設者はメインネットでの実装時期を予想した。
CoinPost
05/18 (水)
大手会計事務所EYとポリゴン、サプライチェーン向けソリューション(ベータ版)をローンチ
世界四大会計事務所の1つであるEYは、サプライチェーン向けソリューション(ベータ版)のローンチを発表。仮想通貨イーサリアムのスケーリングソリューションを提供するポリゴンのプロダクトを活用する。
CoinPost
05/17 (火)
ビットコイン7週連続陰線は2014年以来、オンチェーンアナリストが探る相場の底は
相場全体に波紋を呼んだステーブルコインUSTとテラUSD急落。ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)は21年7月以来の最安値を下回った。オンチェーン・データを基にした底値考察は。
CoinPost
05/14 (土)
有名ブランド参戦 NFTとの可能性を10分で解説 CONNECTV・動画解説
動画コンテンツ紹介 今回のCONNECTVでは、Digital Entertainment Asset Founder CEOの山田耕三氏に、NFT×ファッションについて分かり…
CoinPost

概要

イーサリアム(ETH)は、2013年にVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏によって発案された仮想通貨。イーサリアムブロックチェーンのネイティブ通貨で、ブロック検証を行うノードに対する報酬や取引手数料(ガス代)の支払いなどに利用される。ローンチ時点では、発行上限枚数は設定されていない。

特徴

イーサリアムの1番の特徴は、基盤のブロックチェーンを活用して分散型アプリケーション(dApps)を構築できることだ。自動的に契約を執行する「スマートコントラクト」という機能を最も早く導入したブロックチェーンとしても知られ、ERC20などと呼ばれる規格で独自のトークンを発行できることも大きな特徴である。

ブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズムは、ローンチ時はPoW(プルーフ・オブ・ワーク)を採用。その後は当初から、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)へ移行することが計画されており、2021年中に以降予定。

PoWは取引を承認してブロックを生成するのに膨大な計算が必要で、高性能なコンピューターが必要だったり、大量に電力を消費するなどのデメリットがある。しかし、PoSに移行すると消費電力を大きく削減できる見込みであるため、大きな注目を集めてきた。

イーサリアムは、dAppsを構築ができるブロックチェーンとしていち早くローンチされたため、DEX(分散型取引所)などのDeFi(分散型金融)やNFT(非代替性トークン)の領域で多くのユーザーを獲得。各プロジェクトの開発者だけでなく、各国政府や大手金融機関も機能に注目している。

国や企業も採用

2020年には中国の国家ブロックチェーンインフラプロジェクト「BSN」が、統合するブロックチェーンの1つにイーサリアムを採用。さらに2021年6月には、イスラエル銀行(中央銀行)が、中央銀行デジタル通貨(CBDC)を発行するテストで、イーサリアムのブロックチェーンを使用したことも報じられた。

また、大手企業の活用事例では、オランダを拠点にする大手銀行ING Bankが、デジタル資産に関するテストで、イーサリアムブロックチェーンを使ってトークン発行したことがある。

イーサリアムはブロックチェーンの機能の高さやユースケースの多さ、将来的なアップグレードへの期待などの要因で、非常に人気が高い。