イーサリアム(ETH)|投資情報・リアルタイム価格チャート

02/12 (金)
世界有数の資産運用企業、DeFi(分散型金融)のメリットを顧客に説明
大手資産運用企業アライアンス・バーンスタインが、DeFi(分散型金融)のメリットを顧客に説明したことが分かった。従来の金融サービスに対する優位性を4点挙げている。
02/12 (金)
PayPalの仮想通貨売買サービス、イギリスでも提供開始へ=報道
米決済大手PayPalは仮想通貨の売買サービスを数ヶ月後にイギリスに拡大する計画を明かした。中央銀行デジタル通貨(CBDC)への対応計画もあるという。
02/10 (水)
バーチャルの土地が約1億6000万円で落札される|イーサリアム基盤のNFT資産で過去最高額
仮想通貨イーサリアム基盤のブロックチェーンゲームで、仮想の土地が計888.25ETH(約1億6500万円)で落札された。NFTとしては過去最高額と見られる。
02/10 (水)
仮想通貨ETF(上場投資信託)、バミューダ証券取引所で取引開始──対象通貨はビットコインほか5銘柄
米ナスダックと提携してブラジルの投資企業Hashdexが提供する仮想通貨ETFが、バミューダ証券取引所で取引が開始された。ビットコインなど6銘柄で組成された指標にもとづいて運用される。
02/09 (火)
CMEイーサリアム先物、初日から出来高34億円と活況
米CMEの仮想通貨イーサリアム(ETH)先物取引がローンチされ、初日の出来高が活況であったことがわかった。責任者は、今後BTCとETG以外の商品を提供することもあり得ると言及した。
02/08 (月)
ネム(XEM)資金流入で直近高値更新、2017年バブル相場から探るCMEイーサリアム先物の影響は
仮想通貨市場ではネム(XEM)が高騰、直近高値更新した。週末相場では、米CMEイーサリアム先物開始を前に警戒感が台頭。過去最高値付近まで急騰していたビットコインや主要アルトの売りが先行する場面もみられた。
02/08 (月)
米CME、イーサリアム先物取引を開始──投資家がチェックしたい窓情報も
CME(米シカゴ・マーカンタイル取引所)で8日、仮想通貨 イーサリアム(ETH)先物取引が開始した。CMEで仮想通貨関連の先物取引が開始されるのは、ビットコイン(BTC)に続く2銘柄目だ。
02/08 (月)
CMEビットコイン先物、「窓:1300ドル」で取引開始 今週からイーサリアム先物取引へ
ビットコイン価格は、週末に一時4万ドル台まで高騰したが、イーサリアム先物が今週控えている点や、DeFi市場の利益確定売りの影響が市場全体に波及。週明けにかけて再び下落し、3万9000ドル台で推移している。
02/07 (日)
「金のパフォーマンスを凌ぐビットコイン、優位性の高まりか」bitbank寄稿の仮想通貨週次市況と各金融市場の騰落率
国内大手取引所bitbankのアナリストが400万円を狙う今週のビットコインチャートを図解し、次週の注目イベントなど今後の展望を読み解く。株や貴金属など各相場の週間・月間・年初来騰落率も掲載。
02/05 (金)
コインチェックがmiime運営メタップスアルファを子会社化、NFT市場のシェア獲得へ本腰
マネックスグループ傘下の大手仮想通貨取引所コインチェックが、国内NFT市場で先行するメタップスアルファの子会社化を発表した。主にイーサリアム基盤のERC-721で発行された。
02/05 (金)
仮想通貨ウォレットMyEtherWallet、スマホからdAppsへ簡単アクセス可能に
人気仮想通貨ウォレットMEWは分散型アプリのブラウザをリリース。ユーザーがイーサリアムネットワーク上のDAppやNFTに簡単にアクセスできるようになった。
02/05 (金)
米ワイオミング州、自律分散型組織(DAO)の法人化を認める法案を提出
米ワイオミング州で、自律分散型組織(DAO)の法人化を認める法案が提出されている。可決されれば、人が分散的に集まった非中央集権の組織およびシステム(機械)が運営する組織が正式に法人として認められることになる。
02/05 (金)
仮想通貨市場、全体時価総額が過去最高値を更新 DeFi(分散型金融)分野も好調
仮想通貨市場の全体時価総額は再び過去最高値を更新。DeFi市場の活躍で時価総額の水準が大幅に引き上げられたようだ。
02/04 (木)
グレースケール・レポート「3つの観点からイーサリアムの価値を考察」
米暗号資産(仮想通貨)投資大手グレースケール社は4日、イーサリアム(ETH)に関するレポートを公開。3つの異なる観点(お金として、消耗できるコモディティーとして、また利回りが発生するアセットとして)からイーサリアムの価値を考察した。
02/04 (木)
大幅続伸のイーサリアムが新高値1700ドル、ビットコイン400万円回復で強気トレンド回帰なるか
大台を突破した仮想通貨イーサリアムが大幅続伸、1700ドルを記録した背景を解説。ビットコインも日本円で400万円台を回復するなど強気トレンドに回帰しつつある。
02/04 (木)
「仮想通貨決済サービスは年内に開始予定」──米PayPal、2021年の計画を発表
米決済大手PayPalが、2020年のQ4および通年の業績や2021年の計画に関するレポートを公開。仮想通貨決済サービスは年内に開始予定だとしている。
02/03 (水)
イーサリアム1500ドルの大台到達、仮想通貨全面高で「PoS銘柄」が高リターンに
ビットコインに次ぐ時価総額2位のイーサリアムが、DeFiの活況やデポジット急増などを背景に1500ドルの大台に到達した。全面高となった仮想通貨市場ではPoS銘柄が高リターンを享受している。
02/02 (火)
21年1月は世界各国の「新規ユーザー」大幅増、ビットコインなど仮想通貨高騰で
仮想通貨業界における21年1月の新規ユーザー流入数が世界各国で急増、良好なオンチェーンデータが確認された。ビットコインやイーサリアムの高騰をはじめ、イーロン・マスク氏の言及が関心を集めた。
02/02 (火)
イーサリアム2.0ステーキング関連のBETH、バイナンススマートチェーン上で新たな運用手段
大手仮想通貨取引所バイナンスが提供するイーサリアム2.0ステーキングの代替トークンに新たに流動性マイニングという運用手段が導入された。
02/01 (月)
コインチェック、NFTマーケットプレイス事業で名門サッカークラブ提携のChilizと連携開始
国内大手仮想通貨取引所コインチェックは1日、FCバルセロナやACミランなどの有名サッカークラブとグローバルパートナーシップを結ぶChilizと、NFTマーケットプレイス事業において連携を開始したことを発表した。