イーサリアム(ETH)|投資情報・リアルタイム価格チャート

06/22 (火)
101カラットのダイヤモンドを仮想通貨で決済可能 サザビーズ、来月オークション開催へ
老舗オークションハウスのサザビーズは、ダイヤモンドのオークションで、仮想通貨による支払いを受け付ける。ビットコインとイーサリアムが利用可能との報道もある。
06/22 (火)
下落ムードもビットコイン長期保有者は買い増し継続、イーサリアム2.0ステーキングは堅調
下落気味が続いた6月中旬の仮想通貨市場。全体的な取引量も低下した中、オンチェーンデータからはビットコイン投資家が押し目買い、又は長期保有を継続していることがわかった。今週のクリプト指標も掲載。
06/21 (月)
ポリゴン開発チーム、イーサリアム改善案「EIP-1559」の手数料モデル修正を提案
ポリゴン(Polygon)開発チームが、次期大型アップグレード「ロンドン」で実装されるイーサリアム改善案「EIP-1559」について、ポリゴン・ネットワークにおける修正提案を発表した。
06/21 (月)
イーサリアム「ロンドン」アップグレード、今週テストネットで実装へ
仮想通貨イーサリアム「ロンドン」アップグレードのテストネットへの実装が間もなく予定されていることが分かった。手数料高騰の問題を改善するEIP1559案も導入される見込みだ。
06/20 (日)
Web3.0で何が変わる? ブロックチェーン技術が実現させる新しいインターネット
仮想通貨やブロックチェーンにまつわるキーワード「Web3.0」に関する解説記事。これまでにインターネットがたどった軌跡と、新しいインターネット空間「Web3.0」の特徴などを紹介。
06/19 (土)
ユニセフがブロックチェーン企業に投資する理由|Forkast寄稿
「金融包摂」を掲げるユニセフ・ベンチャーファンドはブロックチェーン企業へ投資している。仮想通貨メディア「Forkast.News」が関係者や有識者に取材し、その背景などを探った。
06/18 (金)
米著名ファイナンシャル・アドバイザー「偏見を捨て、新しい資産クラスを学ぶべき」
米国の著名投資アドバイザーのRic Edelman氏は、ブロックチェーン技術と仮想通貨は、世界の商取引に多大な影響を与える可能性が高いと語り、仮想通貨投資に対する理解の重要性を訴えた。
06/18 (金)
パラグアイ、ビットコイン関連法案を今年7月に提出予定か
南米パラグアイ共和国の議員はツイッターで7月にビットコインに関する法律が立法される予定との内容を発表。背景には、同国の大手エンターテイメント企業による仮想通貨導入の計画がある。
06/18 (金)
米金融指数大手MSCI、仮想通貨指数を算出へ
米大手金融インデックスプロバイダーMSCI Inc.は仮想通貨指数の提供を計画しているようだ。
06/17 (木)
CMEイーサリアム先物とは|主な特徴や市場参加者について元プロトレーダーが解説
先物(金、原油)の元プロップトレーダーが、仮想通貨のイーサリアム先物市場について、市場参加者やオフショア市場との比較を詳しく解説。
06/17 (木)
イーサリアムとPolygonの流動性向上へ Kyber Network、最大30億円超の報酬プログラムを発表
Kyber Networkは、DeFiの流動性を向上させるための報酬プログラムを発表。仮想通貨イーサリアムとPolygonのネットワークの流動性提供者に、最大30億円超の報酬を分配する。
06/15 (火)
カナダ初のビットコインとイーサリアムのETF、運用資産規模は
今年カナダで初めて承認されたビットコインETFおよびイーサリアムETFに関する最新の資金運用状況が判明した。
06/15 (火)
ビットコイン上位銘柄で週間騰落率1位に・イーサリアムの週間取引量は減少傾向
エルサルバドルのビットコイン法成立が大きく注目を集めた6月第2週。軒並み下落相場で取引量も減少傾向にあるが、売り過多を示す指標も確認された。
06/15 (火)
仮想通貨ウォレット開発企業Ledger、DeFiプラットフォーム「ParaSwap」を統合
仮想通貨のハードウェアウォレット開発企業Ledgerは、Ledger Liveアプリのユーザーが、イーサリアム上のDeFiプラットフォーム「ParaSwap」を直接利用できるようになったと発表した。
06/15 (火)
ゴールドマン・サックス、イーサリアム先物・オプション取引の提供を計画
米大手投資銀行ゴールドマン・サックスが機関投資家にイーサリアムの先物・オプション取引の提供を計画していることが判明。下落気味の相場でも関心は未だ高いとブルームバーグに語った。
06/14 (月)
ビットコイン最高値を当てた著名アナリスト、3年後の強気予想は「今も有効」
著名アナリストPlanB氏は、今後3年間で1BTCあたりの理論価格が28万8,000ドルとなるという強気の予想を崩していない。同氏はストック・フロー(S2F)比率モデルによる分析で知られている。
06/11 (金)
中国大手マイナー代表が語る「仮想通貨市場の見通し」
中国の大手ビットコインマイニングプールViaBTCのCEOは、直近の仮想通貨市場・DeFi・NFTなどについて、幅広く自身の見解を披露した。
06/11 (金)
日本発のパブリックブロックチェーン「Plasm Network」開発のステイク、11億円を資金調達
日本発のパブリックブロックチェーンPlasm Networkの開発を主導するステイクテクノロジーズが、11億円の資金調達を行なったことを発表。出資した投資家や資金調達の目的が明らかになった。
06/11 (金)
年金口座で仮想通貨投資を可能に 米コインベースと401k投資アドバイザーが提携
米仮想通貨取引所コインベースは401k投資アドバイザー「 ForUsAll」と提携し、口座利用者に仮想通貨の投資サービスを提供。
06/09 (水)
大幅下落のビットコイン瀬戸際に、4月以降はゴールド市場と明暗を分ける
仮想通貨市場ではビットコインが大きく下落。一時31,000ドルを付け反発するも警戒感が募っている。機関投資家の動きを含め、今年4月以降はゴールド市場と強弱が逆転するなど明暗を分けている。