イーサリアム(ETH)|投資情報・リアルタイム価格チャート

ニュース 基礎情報 関連記事
07/14 (日)
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|ビットコイン売り圧・BONK焼却・バイナンスの上場廃止など
今週は米6月CPIが相場へ影響を及ぼしたほか、ドイツ政府のビットコイン売りでの異変や、ソラナに関連する重要なアップデートなど複数の仮想通貨銘柄情報も注目されている。
CoinPost
07/13 (土)
コインベースが予測する価格変動と景気後退の影響:2024年仮想通貨市場分析
24年3Qの仮想通貨市場は価格変動が大きくなる可能性があると分析したレポートをコインベースが公開。その根拠を説明している。
CoinPost
07/12 (金)
Coinbase Walletの新たなウェブアプリ、仮想通貨ポートフォリオを360度でチェック可能
仮想通貨取引所大手コインベースは12日、新版のCoinbase Walletのウェブアプリをローンチした。より利便性の高いユーザー体験を提供する機能を導入している。
CoinPost
07/11 (木)
「ビットコインは24年に容易に10万ドルに到達する可能性」Bitwise幹部が強気要因を指摘
仮想通貨ビットコインは24年に容易に10万ドルに到達する可能性があるとし、Bitwise幹部が強気要因を指摘。また、イーサリアムも最高値を更新すると予測している。
CoinPost
07/10 (水)
ブラックロック、イーサリアムETFの新たな申請書(8-A12B)を提出
ブラックロックが暗号資産(仮想通貨)イーサリアム現物ETFの新たな申請書をSECに提出。ETFの取引開始が間近に迫り、7月15日の週に承認判断が下る可能性がある。
CoinPost
07/10 (水)
イーサリアムL2への預け入れユーザー数、年初来最低水準に
仮想通貨イーサリアムL2ロールアップへの資産預け入れユーザー数が年初来で最低を記録した。エアドロップ後の状況などが指摘されている。
CoinPost
07/09 (火)
ブラックロックの米国債RWAファンド、4ヶ月で800億円の資金流入
米大手資産運用会社ブラックロックによるトークン化投資ファンド「BUIDL」の時価総額が、800億円を超えたことが、Etherscanのデータから明らかになった。BUIDLは米国債をトークン化したファンドで、3月にローンチされたばかりだ。
CoinPost
07/09 (火)
過去1ヶ月で170億円以上のETHを取引所へ送金、イーサリアムICO時代のGolem
仮想通貨イーサリアム基盤のプロジェクト「Golem(ゴーレム)」は、過去1ヶ月で170億円以上のETHを取引所に送金しており、市場の売り圧力を強めていた可能性が出てきた。
CoinPost
07/08 (月)
イーサリアムETF承認の場合、米国有権者の1/4がイーサリアム投資に「関心あり」=グレースケール調査
仮想通貨投資企業グレースケールは、現物ETF承認でイーサリアムへの投資家が25%増える可能性を示す調査結果を発表した。
CoinPost
07/07 (日)
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|ビットコイン・アスター・ネムや7月の大規模なアンロックなど
ビットコインは今週反発するもドイツ・米国政府による継続的な売圧や米FRBのパウエル議長の発言などに影響され63000ドル台を超えられず。7月には多くの仮想通貨銘柄のトークン解除イベントがあり、アルトコイン一部への影響が懸念されている。
CoinPost