CoinPostで今最も読まれています

イーサリアム大型アップグレード「マージ」実装完了

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

The Merge実装を完了

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)は15日、待望の大型アップグレード「The Merge(マージ)」の実装を完了した。

出典:ethernodes.org

これにより、イーサリアム・ネットワークのコンセンサス(合意形成)アルゴリズムが従来のプルーフ・オブ・ワーク(PoW)からプルーフオブステーク(PoS)への移行を遂に実施した。

この影響で、イーサリアム・ネットワークではマイニング(PoW)が停止し、後続のブロックはバリデーター(PoS)に生成されている。これまで発生していたマイニング報酬(13,000ETH/日)が0(ゼロ)になったことで、イーサリアム財団の概算によると1日のETH新規発行量はステーキング報酬(1,600ETH)のみとなる。

また、21年8月の「ロンドン」アップグレードでは、手数料モデルを変更するEIP-1559が導入され、ベースフィーを焼却(バーン)するシステムが組み込まれており、デフレ資産(供給量が減少する)にシフトする可能性に期待する声も見られる。

関連:イーサリアムマージ後「潜在的にデフレ資産へと移行する見通し」 米ファンド パンテラが指摘

また、気候変動リスクなどを懸念する米政府やESG投資家などからはネットワークの消費電力がこれまでの99%以上も削減する体制になる点が着目されている。

関連:イーサリアム財団「Merge完了後は消費電力を99%削減」

他方では、従来のPoWを存続させるためにマイナー主体の暫定ガバナンスグループ「EthereumPoW」が立ち上がり、イーサリアム・ブロックチェーンを分岐(フォーク)するための準備を進めている。事前アナウンスによると、EthereumPoWのチェーンとその仮想通貨(ETHW)は、マージ完了から24時間以内に開始する予定だ。

関連:イーサリアムPoWフォーク(ETHW)、マージ完了から24時間以内にリリースへ

The Mergeとは

イーサリアム・ブロックチェーンのコンセンサス(合意形成)アルゴリズムを「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」から「PoS」へ移行する大型アップグレード。現在のメインネットとコンセンサス形成を担う新しいチェーンを統合(マージ)することで、役割の異なる二つのレイヤーがそれぞれ形を残して連携しながら、一つのイーサリアムを構成する。

▶️仮想通貨用語集

マージ後のポイント

マージの目的はコンセンサスアルゴリズムを変更することにあり、ネットワークのキャパシティを向上する類のアップグレードではない点に注意する必要がある。ユーザーが取引手数料としてネットワークに支払うガス(GAS)や、トランザクションの処理能力に大きな変化は生じない仕様だ。

関連:来たるイーサリアム「マージ」、8つの誤解とは

データサイトDuneによると、イーサリアムのステーキング・ネットワーク(コンセンサスレイヤー)には9月14日時点に42.8万のバリデーターノードが存在し、ETH供給量の11.3%に当たる1,370万ETH(約3.2兆円相当)がロックされている。

こうしたバリデーターやステーキング参加者に年利4%~6%の報酬が日々配分されているが、彼らが預けたETHや受け取っている報酬はマージ完了後もロックされたままである。

これらのイーサリアムはマージから6か月~1年後の実施が見込まれる「Shanghai」アップグレードで出金できるようになる計画だ。さらに、Shanghai完了後も一度に大量のバリデーターが離脱して不安定になることを防ぐため、イーサリアムネットワークに出金制限が設けられている。

こうした構造を加味してブロックチェーン分析企業Nansenは、マージが無事完了してPoS移行リスクが解消された後にイーサリアムのステーキング総量が増加し続ける可能性を指摘した。

Shanghaiアップグレードが行われる2023年頃まで出金できないため、ステーキングETH量はそれまで上昇し続けるしかないことを意味する。市場の状況によっては、さらに山を作る可能性がある。

主張の根拠としてNansenは、クジラ(大口投資家)が22年の弱気相場に継続してETHを蓄積し続けているデータを示した。また、ETHステーキング比率(11.3%)がPolygon(41%)やSolana(77%)等の競合と比較して低い点を指摘した。

関連:ブロックチェーン企業Nansen、マージ後イーサリアムの売り圧など考察

PoSとは

保有(ステーク)する仮想通貨の割合に応じて、ブロックを新たに承認・生成する権利が得られるコンセンサスアルゴリズムのこと。

▶️仮想通貨用語集

関連:イーサリアム・マージ直前、ビットコイン相場をプロが分析|寄稿:仮想NISHI

有識者のコメント

イーサリアムの共同設立者であるヴィタリック・ブテリン氏はMergeがファイナライズしたと報告。以下のようにコメントした。

これはイーサリアム・エコシステムにとって大きな瞬間だ。

マージ実現に協力した全ての人は今日、誇りに思うべきだ。

大手仮想通貨取引所バイナンスのチャンポン・ジャオ(CZ)CEOは以下のように祝辞を述べた。

マージが成功。PoSの起動が開始した。

21年3月に高額NFT「5000 days」がオークションで落札したデジタル・アーティストのBeeple氏はイーサリアムのThe Mergeに因んだ作品を投稿した。

なお、おおまかなステージとしては、Mergeの後は以下の流れでアップグレードを行う計画だ。

  1. The Merge(完了済み)
  2. The Surge
  3. The Verge
  4. The Purge
  5. The Splurge
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/22 木曜日
07:30
大和証券や楽天証券ら7社、デジタル証券発行で協業
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア