仮想通貨情報

時価総額5位のEOSが約18%の高騰|メインネットローンチと55億円ファンド設立

仮想通貨情報

時価総額5位の仮想通貨「EOS」は、メインネットである「EOSIO 1.0」をローンチし、日本時間の6月3日午前にEOSトークンの独自チェーンへのスワップを全て完了しました。EOSプロジェクトへの期待の表れか、EOSの取引高・価格はともに増大し、前日比約18%の価格上昇を記録しています。

仮想通貨市場は24時間で約1.4兆円の回復へ|最注目のメインネットトレンドと今後の相場

仮想通貨情報

仮想通貨市場は、24時間で130億USD(1.42兆円)の時価総額を回復。仮想通貨投資ファンド「Pantera Capital」のCEOであるDan Morehead氏は、5年間で仮想通貨産業は年率165%の成長率で急伸していること、機関投資家の資金流入前であることを理由に、年末には2万ドル(約215万円)になると予想しています。

HitBTCが日本居住者向けサービスを停止|海外取引所の日本撤退は相次ぐのか

仮想通貨情報

海外大手取引所「HitBTC」は自社HPおよびメールにて、日本居住者へのサービス提供を一時的に停止する事を発表しました。金融庁からの警告で、バイナンスやクラーケンなど海外取引所への規制強化の影響が懸念されています。同社のサービス停止は通告から14日後に行われる予定であり、サービスの利用継続のためには、自身が日本人でない事を証明する書類の提出が必要です。