アバランチ(AVAX)の価格・チャート|今後の将来性や買い方を解説

ニュース 基礎情報 関連記事
05/25 (土)
仮想通貨ステーキング 主要取引所の銘柄別・年率報酬を徹底比較
暗号資産(仮想通貨)で受動収益(インカムゲイン)を得る、ステーキングの基礎知識から高利率銘柄、国内取引所3社のサービス比較まで徹底解説。ソラナ、イーサリアムなど注目銘柄の想定年率、レンディングとの違いも説明します。
CoinPost
05/24 (金)
Kudasai子会社Omakase、野村ホールディングスから資金調達 Web3インフラ構築強化へ
Kudasaiの関連会社Omakaseが、野村ホールディングスからの出資を受け、Web3インフラ・エンジニアリング需要に対応する体制を強化。Avalanche、Eigenlayerなどのノード運営で400億円相当の暗号資産(仮想通貨)の委託を受けており、将来的なステーキング事業の開発も目指す。
CoinPost
05/18 (土)
Clearpool Prime、アバランチでデビュー RWA対応のプライベート・クレジット市場
Clearpool Primeがアバランチでローンチし、RWA分野に新たな進展。機関投資家向けに安全かつ効率的な取引環境を提供するプライベート・クレジット市場。
CoinPost
05/15 (水)
アバランチ上でRWAのトークン化ファンドをローンチ、「Re」が再保険業界の透明性向上へ
仮想通貨アバランチのブロックチェーン上で、RWAである再保険のトークン化ファンドをReがローンチ。再保険業界の透明性を向上させ、オンチェーン決済を促進していく。
CoinPost
04/30 (火)
5月に控える30億ドル規模のトークンアンロック予定、仮想通貨アバランチやレンダーなど含む
5月にはアバランチやレンダー、オプティミズムなどの仮想通貨がトークンのアンロックを計画。日本に上場する銘柄を中心に5月の主な予定をまとめた。
CoinPost
04/19 (金)
2024年注目の仮想通貨10選 各セクターの主要銘柄と関心を集める理由を解説
暗号資産(仮想通貨)市場を代表する、注目銘柄10選。ビットコイン現物ETFが承認され半減期を迎える2024年。RWAやAI銘柄などセクター毎に投資活動が活発化。年初来の騰落率を含む各種データを網羅。ソラナのミームコインやエアドロップの効果は業界全体に影響している。
CoinPost
04/17 (水)
住宅資産トークン化の「Homium」、アバランチ上で立ち上げ
住宅ローンのトークン化プラットフォーム「Homium」は仮想通貨アバランチのチェーン上で、トークン化住宅資産によるローンを立ち上げた。
CoinPost
04/16 (火)
テレ朝グループのBCGアクセラレータープログラム、NFT競走馬育成ゲームを発表
株式会社テレビ朝日と株式会社テレビ朝日ミュージック、extra mileがブロックチェーンゲームアクセラレーター「tv asahi Blockchain Games」を立ち上げ。インキュベーションからパブリッシングまでのサポート。初のゲームタイトル「NEOBRED」も注目。
CoinPost
04/12 (金)
チェーンリンク、高度なセキュリティを提供するブリッジアプリ「Transporter」を発表
分散型オラクルネットワークのチェーンリンク(LINK)は、「クロスチェーン相互運用性プロトコル(CCIP)」上に構築された、安全性の高いブリッジアプリ「Transporter」のリリースを発表した。Transporterは複数のネットワーク間で、安全な仮想通貨やデータの移動を可能にする。
CoinPost
04/02 (火)
アーサー・ヘイズ氏、ミームコインがブロックチェーンにもたらす価値を評価
仮想通貨取引所BitMEXの創業者のアーサー・ヘイズ氏は、金融メディア「Real Vision」のインタビューで、ミームコインはブロックチェーンに注目と価値をもたらすと主張。単に馬鹿馬鹿しいものと切り捨てることに疑問を呈した。
CoinPost

アバランチ(AVAX)に投資したい方はこちらをチェック(PR)

アバランチ(AVAX)の概要

アバランチは、高度な分散性および高速トランザクションを特徴としたプラットフォームです。ネイティブトークンはAVAXで、特にトランザクション確定(ファイナリティ)に要する時間が2秒以下という高速性を売りにしています。

アバランチはイーサリアムと互換性があるブロックチェーン。コンセンサスアルゴリズムはプルーフ・オブ・ステーク(PoS)を採用しています。

エコシステムでは、「サブネット」と呼ばれるカスタムブロックチェーンの開発が可能です。これにより、ユーザーや企業がトークンや、ネットワーク運用規則などを設定して独自の分散型ネットワークを立ち上げることができます。

プロジェクトを創設したのは、米コーネル大学の準教授を務めたEmin Gün Sirer氏を中心としたチーム。同氏は現在、アバランチを開発する「Ava Labs」のCEOを務めています。

アバランチは2020年9月にメインネットがローンチされましたが、それ以前から業界の注目を集めていました。投資企業にはAndreessen Horowitz(a16z)やPolychainなど多くの著名ベンチャーキャピタルが名を連ねています。

ネイティブトークン「AVAX」

ネイティブトークンのAVAXは、24年5月時点で時価総額世界第13位の仮想通貨です。ユーティリティトークンとして、手数料の支払いやステーキング、サブネットでの通貨単位などに使われています。

総供給量は7.2億AVAXまでと決められていて、24年5月時点ではおよそ3.8億AVAXが市場に流通しています。

5つの注目点

1.大手企業との提携・採用事例の増加、価格は前年比120%超の上昇

アバランチのブロックチェーンは性能の高さなどの理由で、大手企業らとの提携・採用事例が続いています。こういった事例が明らかになる際にはAVAXの価格が上昇することが多く、本記事執筆時点で前年比120%超上昇しています。

例えば、23年11月には、米金融大手JPモルガンが、WisdomTreeが提供するファンドの募集と償還に関する概念実証(PoC)を行い、「Avalanche Evergreen Subnet」に接続することが明らかになりました。この時は前日比でAVAXが22%超上昇しました。

また、24年3月には韓国の大手ゲーム開発企業NEXONが、Ava Labsと提携し人気RPG「メイプルストーリー」のオンチェーン版を制作することを発表。この発表を受けて、AVAXは16.7%高となりました。

2.環境問題を意識し持続可能な運営を継続、ステーキングで年率7%の報酬も

アバランチのプロジェクトは公式ウェブサイトで持続可能性の高さを主張するなど、環境問題に高い意識を持っています。アバランチのようにPoSを採用するブロックチェーンは、ESG投資の観点から注目度が高くなる傾向があります。

公式ウェブサイトでは「Crypto Carbon Ratings Institute」という組織のデータを引用し、アバランチのブロックチェーンは年間で、米国の46家庭分のエネルギーしか消費していないと説明しています。

また、AVAXの価格上昇やESGの観点以外にも、24年5月時点で年率7%のステーキング報酬もアバランチの魅力を高めています。

3.サブネットで拡張性を向上、ゲーム分野でも採用進む

アバランチのサブネットは、速度や信頼性、セキュリティを犠牲にせずに拡張性を向上できると期待されています。最近では、処理の速さが求められるゲームでもサブネットの採用が増えてきました。上述したメイプルストーリーのオンチェーン版もサブネットを基盤にします。

他の事例では、ゲーム特化型のDAOで、60以上のパートナーゲームを有するMerit Circle DAOが23年、アバランチ上の独自ブロックチェーン(サブネット)「Beam」の立ち上げを発表。Beamを通じて「Forgotten Playland」や「Nekoverse」など、複数の新しいゲーム、NFTマーケットプレイス「Sphere」をローンチしました。

4.開発やアップグレードを継続、ユーザーや開発者の体験向上へ

アバランチのプロジェクトは現在も開発を継続していて、機能の向上に取り組んでいます。例えば、24年1月には新たなスケーリングソリューション「Vryx」が紹介されました。

Vryxは最初、アバランチで独自のブロックチェーンを開発するためのフレームワーク「HyperSDK」で、高水準の処理能力を実現するために活用されますが、最終的には他のアバランチの仮想マシンにも対応し、アバランチのメインネットでも利用できるようになる予定です。

Vryxにはトランザクションを独立して承認していく仕組みを導入。この仕組みによって最高水準の拡張性を提供しようとしています。

5.無限の拡張性実現へ、明確なロードマップで開発進む

アバランチでは、24年3月に新たなロードマップが公開されました。全てが網羅されているわけではないと説明されていますが、そこにはHyperSDK、Vryxに加えて、次世代のデータベース「Firewood」の開発計画も書かれています。

今後は、モジュラー型のプログラム可能性やモノリシック型としてのパフォーマンス、システムの信頼性をさらに向上させていくことを計画。Vryxを導入して、10万TPSの達成も目指しています。

様々な仮想通貨を購入したい方は、取引所別の取り扱い銘柄を確認してみてください。

アバランチの買い方1、投資目的に合わせた取引所選び

これからアバランチを買いたいが、どの取引所が良いか分からない人・買い方が分からない投資家向けに、簡単なガイドをご用意しました。

アバランチは世界でよく知られた暗号資産であり、日本国内の多数の取引所で扱われています。自分のニーズや投資目標に最適な取引所を選ぶためには、取引所の特徴を理解することが重要です。以下、投資スタイルに合わせた取引所の選び方について4つのポイントを提供します。

1. 現物取引と積立投資
アバランチの購入方法には、Eコマースサイトのようにシンプルに購入できる「販売所」や、株式取引のような本格的な「取引所」があります。現物取引をする際は、手数料の低さや利用のしやすさに注目しましょう。また、市場の変動に左右されずに投資を開始できる「積立投資」は、初心者に適した方法です。

2. 取引機能とレバレッジ
アバランチを購入する方法は多岐にわたり、レバレッジ取引は少ない資本で大きな取引を可能にします。短期的な価格変動から利益を得ようとする積極的な投資戦略を求める方に適しています。PCで高機能なツールを提供する取引所もありますが、操作が簡単で直感的なインターフェースを提供する初心者向けの取引所もあります。

3. ステーキングとレンディング
暗号資産を預けて報酬を得るステーキングや、他者に貸し出して金利を受け取るレンディングは、受動的な収益を求める方に適しています。ただし、元本割れのリスクがあることに留意してください。取引所を選ぶ際には、報酬率や条件をよく確認しましょう。

4. NFT、Web3ゲームへのアクセス
Web3ゲーム、NFT利用などに興味がある方は、取引所から自分のウォレットに暗号資産を移動して、マーケットプレイスやゲームにアクセスする必要があります。迅速な出庫サポートと多様なブロックチェーンへの対応を提供する取引所を選びましょう。

適切な取引所を選択することは、投資体験を簡単にする鍵となります。このガイドが、アバランチ取引を始める際の参考になれば幸いです。

主要なアバランチ取引所の特徴早見表

おすすめ
取引所
おすすめポイント アプリの特徴 現物取引 レバレッジ取引 投資サービス 取引所手数料 最低取引単位 入金手数料 出金手数料 出庫手数料 備考
1
仮想通貨取引所 bitbank
bitbank
全暗号資産(仮想通貨)取引所中
取引量 国内No.1 *
アプリストア 国内No.1 * 販売所
取引所
レンディング Maker:-0.02% Taker:0.12% 販売所:0.00000001 BTC 取引所:0.0001 BTC 無料 550円(3万円未満)/ 770円(3万円以上) 0.0006BTC ※21年2月14日 CoinMarketCap調べ ※18年10月31日 iOS App Store
2
仮想通貨取引所 SBI VCトレード
SBI VCトレード
SBIグループの100%子会社
最高水準のセキュリティ
シンプルモードなど
充実したツール
販売所
取引所
積立
レンディング
Maker:-0.01% Taker:0.05% 販売所:0.0001 BTC 取引所:0.000001 BTC 無料 無料 無料

アバランチの買い方2、取引にかかる手数料をチェック

仮想通貨取引所では、いくつかの手数料が関わってきます。主なものには、取引手数料、スプレッド(売買価格に含まれるカバー手数料)、仮想通貨の出庫手数料、そして日本円の入出金手数料等があります。

取引所によっては、アバランチの市場形成に寄与する注文方法(メイカー取引)に対して、手数料分を収益として得られる場合もあります。また、取引所の流動性に依存する売買価格差、つまり「ビットアスクスプレッド」も重要なコスト要因となります。

アバランチの買い方3、具体的な購入までのプロセス

1. 口座開設

まずは購入の前に、交換業者への登録手続きを行なって口座を開設することが必要です。口座開設は主に以下のステップで進んでいきます。

  1. メールアドレスを入力して登録用のURLを受信
  2. 必要事項を入力
  3. 本人確認書類を提出

まずは、自身が使用するメールアドレスを交換業者の専用ページに入力します。その後は入力したメールアドレス宛に登録用のURLが届くので専用のページを開き、多くの場合ここでパスワードの設定を行います。

次は氏名や住所、投資目的などの情報を入力。口座開設には本人確認が必要なため、必要書類をアップロードしたり、郵送したりする手続きが必要です。その後に審査が行われ、通過すればアバランチを購入できるようになります。

2.入金方法

口座開設が完了したら、次にアバランチを購入するために円の入金を行います。円の入金方法は、対応している銀行などが交換業者によって異なるので、必要に応じて事前に確認しておくことをお勧めします。

入金では、主に以下のような方法で最初に円を交換業者の口座に預け入れます。

  • 銀行振込
  • インターネットバンキングから入金
  • コンビニから入金

入金後、自身の口座に円の残高が反映したら、その資金を使ってアバランチの購入が可能。取引所か販売所を選んで、必要事項を入力して購入手続きを行います。

SBI VC トレードでのアバランチの買い方

SBI VC トレードの「販売所」では、同社が設定した価格でアバランチの売買が行えます。購入は提示された買取価格で、売却は売り価格で行われ、操作が直感的で初心者にも理解しやすいです。しかし、購入価格と売却価格の間にスプレッド(価格差)があるため、短期トレードには不向きです。

販売所の利用画面 出典:SBI VCトレード

「取引所」では、参加者同士が直接価格と数量を提示して取引します。自分の望む価格で購入または売却を希望し、それに応じた相手がいれば取引が成立します。この方式では、指値注文や成行注文を利用して取引を行うことができます。

販売所の売買手数料は無料(スプレッドあり)。一方、SBI VCトレードの取引所の売買手数料は-0.01%(メーカー)および0.05%(テイカー)で、国内最安水準の手数料設定となっています。メーカーは市場に新たな注文を提供して待機する役割のこと、一方でテイカーは市場に存在する既存の注文に応じる役割のことです。

取引所の利用画面 出典:SBI VCトレード

SBI VC トレードではソラナ(SOL)のステーキングが便利

ステーキング実績(2024年4月)出典:SBI VC トレード

ステーキングのメリットは、長期保有予定の仮想通貨を預け入れて放置しているだけで、株の配当のようなパッシブインカム(受動的収入)を得られる点にあります。

SBI VCトレードにおいては、アバランチ(AVAX)を口座に預けるだけで、毎月資産が増加します。2023年12月の実績では、AVAXのステーキングによる年率は7.1%で、手数料を差し引いた実質年率は5.3%となりました。SBI VCトレードのステーキングサービスを利用するための特別な申し込みや手続きは必要ありません。平均保有量に基づき、SBI VCトレードの口座内で毎月自動的に報酬が支払われるシステムです。このサービスはいつでも解約が可能で、資産の引き出しも自由に行えます。

SBI VC トレードの口座開設方法

出展:SBI VC トレード

SBI VC トレードで口座開設をし取引開始するまで、主に「仮登録(メールアドレス登録)」・「本登録(本人情報の入力と本人確認書類の提出)」・「取引に必要なパスワードの受領」の3ステップを踏む必要があります。上記の表のように、本人確認書類の提出方法は3種類あるため自身に合った選択しましょう。

また、外国籍の方は以下の中から各1つずつ書類提出が必要です。事前に準備しておきましょう