ポルカドット(DOT)|投資情報・リアルタイム価格チャート

ニュース 基礎情報 関連記事
05/25 (土)
仮想通貨ステーキング 主要取引所の銘柄別・年率報酬を徹底比較
暗号資産(仮想通貨)で受動収益(インカムゲイン)を得る、ステーキングの基礎知識から高利率銘柄、国内取引所3社のサービス比較まで徹底解説。ソラナ、イーサリアムなど注目銘柄の想定年率、レンディングとの違いも説明します。
CoinPost
05/04 (土)
「Web3.0 - 分散型テクノロジーの未来」Gavin Wood(ギャビン・ウッド)氏講演レポート
この記事では、Gavin Wood(ギャヴィン・ウッド)氏の「Web3.0 - 分散型テクノロジーの未来」東京大学とMbSC2030共済の講演をレポート。社会での「真実」と「信頼」の役割や分散型社会の構築についての洞察、CBDCや経済分散化の討論を紹介します。
CoinPost
03/30 (土)
クジラ投資家向けのPoS銘柄の仮想通貨投資信託、グレースケール提供
新たな仮想通貨投資ファンドは、ビットコインETFと違って非公開の投資信託であり、純資産額220万ドル(3.3億円)以上の適格投資家に限定している。
CoinPost
03/24 (日)
週刊仮想通貨ニュース(+アジア特集)|米SECのETH調査やマイクロストラテジーのBTC買い増しに高い関心
今週は米SECによるイーサリアムの調査、マイクロストラテジーの仮想通貨ビットコイン買い増し、主要ブロックチェーンと国内銀行の振込手数料の比較に関する記事が最も関心を集めた。
CoinPost
03/22 (金)
BITPOINT、ステーキング年率国内No.1の「DOT(ポルカドット)」サービス開始へ
国内ステーキング利回りNo.1を誇るBITPOINTは、DOTのステーキングを展開しました。ATOMがBITPOINTで最も利回りの高いステーキングで、年率16.20%でしたが、DOTはATOMを上回るとされています。
CoinPost
10/19 (木)
SBIVC、ステーキングサービスで「ブランド肉」プレゼントキャンペーン開催
仮想通貨交換業者のSBI VCトレードは、ステーキングサービスのプレゼントキャンペーンを発表。キャンペーンはすでに開始しており、23年11月30日までが対象期間となっている。
CoinPost
10/13 (金)
ポルカドット開発のParity、一部機能をコミュニティに移管 従業員も調整へ
ブロックチェーンインフラ企業Parityは企業の一部機能を、仮想通貨ポルカドットの分散化されたエコシステム内のチームに移管することを発表。今後特化していく事業などについて説明した。
CoinPost
09/20 (水)
Optimismが2700万ドル分OPトークンをエアドロップ、野村Laser Digitalがビットコインファンドを提供|20日朝の重要速報まとめ
20日朝の重要速報まとめ 日本時間朝方までの仮想通貨関連注目ニュースをまとめている。 Optimism 3度目のエアドロ(注目度:★★★★☆) イーサリアムロールアップ(L2)…
CoinPost
04/27 (木)
Mythical Games、イーサリアムからポルカドットへ移行
ブロックチェーンゲーム企業Mythical Gamesは、イーサリアムからポルカドットへエコシステムを移行すると発表した。同時に「NFLライバルズ」を公式リリースしている。
CoinPost
03/09 (木)
リキッドステーキング大手Lido、ポルカドット(DOT)のサポート停止を検討
リキッドステーキングの大手プロトコルLido Financeについて、ポルカドットのサポートを停止する計画が提案されたことが明らかになった。3月15日にもLidoで新規のDOTの預入を停止する方針だ。
CoinPost

ポルカドット(DOT)の概要

ポルカドット(DOT)は、異なるブロックチェーンの相互運用性を実現するネットワークで利用されている仮想通貨。プロジェクトは、イーサリアム(ETH)の共同創設者でもあるギャビン・ウッド氏を中心にして、より公平かつユーザー主権的な分散型ウェブの構築を目指す団体「Web3 Foundation」が主導している。

メインネットは2020年5月にローンチ。同年8月にポルカドットの転送が解禁されるなど、ローンチ後も、異なるブロックチェーンを接続した本格稼働に向けて段階的に準備を進めている。最終的には、オークション形式で接続するブロックチェーンを選ぶ仕組みだ。

ポルカドットは発行枚数に上限がなく、上述したオークションや、ガバナンス、ノードのステーキングで使用されている。

ブロックチェーンについて

ポルカドットのブロックチェーン自体には、スマートコントラクト機能は実装されていない。スマートコントラクト機能を持つブロックチェーンを接続することで、ネットワーク上でdApps(分散型アプリ)の開発などが行えるようになる。

コンセンサスアルゴリズムには「Nominated Proof of Stake(NPoS)を採用。ポルカドットを保有することで、ネットワークの運営に参加することが可能だ。

ポルカドットのエコシステムでは、個別の独立したブロックチェーンを「パラチェーン」と呼び、パラチェーンが接続する基盤を「リレーチェーン」という。

その他の特徴

ポルカドットには、「サブストレート」という開発ツールが用意されている。開発者はサブストレートを利用することで、容易にポルカドットと互換性のあるブロックチェーンを開発することが可能だ。

また、「クサマ」という実験的なネットワークを持ち、そこではネットワークと同名の仮想通貨「クサマ(KSM)」が使用されている。

ユースケース

本格的に稼働していない現時点では、目立ったユースケースはない。しかし、本格稼働後に備え、DeFi(分散型金融)やNFT(非代替性トークン)に関連したものなど、様々なプロジェクトが進行中だ。

日本発のパブリックブロックチェーンを開発するステイクテクノロジーズも、ポルカドットのネットワークに接続するために準備を進めている。同社開発の「Astar Network」はイーサリアムと互換性があり、スマートコントラクト機能も持つ。

関連仮想通貨投資は何歳から?|初心者向け基本戦略

関連ミームコインの探し方・買い方 PEPEやWIF、BONKをDEXで購入する方法

関連【プロが厳選】暗号資産(仮想通貨)取引所、比較ランキング|イラスト解説付き