CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン相場は中期的には下降チャネル内での揉み合い続くか|bitbankアナリスト寄稿

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

今週4/20(土)〜4/27(金)の仮想通貨相場

国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。


目次
  1. ビットコイン・オンチェーンデータ
  2. bitbank寄稿

ビットコイン・オンチェーンデータ

BTC取引数

BTC取引数(月次)

アクティブアドレス数

アクティブアドレス数(月次)

BTCマイニングプールの送金先

取引所・その他サービス

bitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)

4/20(土)〜4/27(金)の仮想通貨相場週次レポート:

今週のビットコイン(BTC)対円は1000万円周辺で上値が重くも底堅い推移が続いている。

ビットコインは先週末の20日に4度目の半減期を通過。今回は直後にハッシュレートの急低下やブロック生成時間の遅延といったネットワークの不安定化は特段確認されず、相場は週明けから確りと推移し、1000万円から1040万円近辺まで上昇した。

一方、ドル建てで6.7万ドル周辺となる同水準で相場の上値は抑えられ、週前半は上げ渋る展開が続いた。

24日の米時間には、3月の米耐久財受注が上振れ相場は緩みだすと、銀行秘密法違反を認め今月30日に判決が決まる元バイナンスCEOのCZに対して、米司法省が禁固36ヶ月と当初の想定よりも重い求刑を裁判所に申請したことが嫌気され、相場は1000万円近傍まで下落した。

25日には、GDP成長率を含む一連の米四半期経済指標が発表されたが、内容はGDPの大幅な減速に対してコアPCE価格が上振れるなどまちまちな結果となり、BTCは売り買いが交錯し上下に振れたが、個人消費が減速したことが好感されたからか反発に転じ、26日正午時点では1000万円を維持している。

【第1図:BTC対円チャート(1時間足)】
出所:bitbank.ccより作成

BTCは先週、6万ドル(約937万円)を維持できるか否かの瀬戸際にあったが、19日にイスラエルが行った対イラン空襲が極めて小規模且つ短期的だったこともあり6.5万ドル(約952万円)周辺まで反発。翌20日の半減期後も小確りと推移して週明けには6.7万ドルにタッチした訳だが、同水準の上抜けには材料不足だった格好だ。

ただ、これまでもビットコインの半減期自体は相場上昇の「切っ掛け」とはなってきておらず、今週の値動きは特段のサプライズではないと言えよう。半減期後の相場上昇の鍵は主要国の金融政策が緩和方向に向くかが重要と言え、引き続きFRBの政策動向が注目される。

25日に発表された米国の四半期GDP成長率は1.6%と前期の3.4%から大幅に伸びが鈍化した。

一方でコアPCE価格は2%から3.7%に急加速しており、市場ではスタグフレーション(経済成長の減速に物価上昇の加速が伴う現象)を危惧する声が散見された。確かにインフレの加速はFRBの政策引き締めの長期化を正当化する事態ではあるが、経済成長が減速すれば利上げ再開の可能性も薄れると言える。

市場は既にFRBが長期的に金利を現行の水準に維持することを織り込んでおり、25日は年内の利下げ回数予想も2回から1回へと減少し、インフレ高止まりよる金融政策への影響もある程度織り込み済みと言えよう。

こうした中で個人消費は3.3%から2.5%と伸びが鈍化しており、第一・四半期のインフレの高止まりは一時的な可能性も指摘され、26日に発表される3月分の米PCE価格指数も多少の上振れはサプライズにならないと見ている。

とは言え、実際にFRBが利下げに踏み切るタイミングは依然として不確実であり、BTC相場の上値は限定的か。

今週は中東リスクの後退を持ってしても6.7万ドルの上抜けに失敗しており、米株式市場も決算絡みの売りで上値を重くしている。短期的には、BTCは6.7万ドルが相場のレジスタンスとして意識されそうだが、上抜けに成功したとしても中期的には下降チャネル内での揉み合いが続くだろう(第2図)。

【第2図:BTC対ドルチャート(日足)】
出所:Glassnodeより作成

寄稿者:長谷川友哉長谷川友哉(ハセガワ ユウヤ)
英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

関連:bitbank_markets公式サイト

前回のレポート:ビットコイン6万ドルの維持が焦点、半減期で相場は不安定になる可能性

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/18 土曜日
21:00
Clearpool Prime、アバランチでデビュー RWA対応のプライベート・クレジット市場
Clearpool Primeがアバランチでローンチし、RWA分野に新たな進展。機関投資家向けに安全かつ効率的な取引環境を提供するプライベート・クレジット市場。
17:20
バイナンス上場銘柄の80%が価値低下、ミームコインは異例の上昇 過去6か月の分析
31トークン分析が示す課題 暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(グローバル版)で、過去6か月に新規上場したトークンの80%以上が、その後に価値を落としていることがわかった。ミ…
13:00
米国のビットコイン現物ETFへの5月の流入額、4月の流出上回る
ブルームバーグのETFアナリストは、5月に入ってからの米国ビットコイン現物ETFへの流入は、4月の流出を埋め合わせたと指摘した。
11:10
米下院、SECの仮想通貨規制役割明確化の「FIT21法案」を採決へ
米国下院は、仮想通貨に対する規制を明確化し、CFTCに追加権限を与える「21世紀のための金融イノベーション・テクノロジー法」の採決を行う。
10:15
米コインベース、「来週イーサリアム現物ETF承認確率は30~40%」
米仮想通貨取引所コインベースはイーサリアムの今後を予測するレポートを発表した。ETH現物ETFが承認される時期などについて分析している。
08:50
仮想通貨取引所クラーケン、欧州でUSDT非対応を検討
テザーCEOは最近、MiCA規制を批判し、仮想通貨USDTで規制を受けるつもりはないと述べた。この姿勢が、欧州で事業を行っているクラーケンが、それらの通貨ペアの提供を停止する理由と見られる。
08:00
「仮想通貨上昇の鍵はマクロ経済」コインベース分析
仮想通貨相場上昇の鍵は今もマクロ経済であるとコインベースは分析。他にも、イーサリアム現物ETFの審査など規制動向も注視すべきだとした。
07:10
ソラナ価格、月末までに200ドル復帰か ヘッジファンド創設者が予測
仮想通貨ソラナの今後の価格について、ヘッジファンドSyncracy Capitalの創設者は強気な予測を示した。その根拠とは?
06:10
zkSyncエアドロップ期待再燃、分散化加速のアップグレードを実施予定
zkSyncは未だ独自の仮想通貨をリリースしていないが、主要zkロールアップであるライバルのStarkNetは2月にエアドロップを実施した。
05/17 金曜日
17:34
東京ビッグサイトで第5回ブロックチェーンEXPO【春】開催へ 無料申し込み募集開始
東京ビッグサイトで、日本最大級のブロックチェーン専門展である第5回ブロックチェーンEXPO【春】が開催されます。最新の研究からアプリケーションまで、ブロックチェーン技術のすべてが一堂に出展するイベントは必見です。
13:00
ワールドコイン、秘匿化技術で生体認証データの保護・オープンソース化を発表
暗号資産(仮想通貨)でベーシックインカム実現を目指す、ワールドコイン・ファンデーションが生体認証データ保護にSMPC技術を導入。そのシステムをオープンソース化した。セキュリティとプライバシーを強化するとともに、システムの普及拡大を目指す。
12:32
短期トレンド変化のビットコイン続伸なるか、ミームコインが牽引する場面も
CPI発表で急反発を見せた暗号資産(仮想通貨)相場ではビットコイン(BTC)が下降チャネルをブレイクアウトした。16日には賛否両論渦巻くミームコインが相場を牽引する場面も。
12:00
世界最大の証券清算機関DTCC、チェーンリンク活用した「Smart NAV」を実験
世界最大の証券清算・保管機関DTCCは、チェーンリンクを活用した「Smart NAV」の実証実験を行った。JPモルガンなど金融大手10社が参加している。
11:10
Slash Fintech、暗号資産決済でVプリカ販売サービス開始 NFT特典も実施中
Slash FintechがVプリカ販売サービスを開始。暗号資産(仮想通貨)決済でVプリカ購入可能。特典としてSlash Genesis NFTをプレゼント。利用方法から使い方まで解説。
10:00
ブラックロックのビットコインETF、アナリストが高評価
ブラックロックの仮想通貨ビットコインETFの購入者数は記録的な数字であると、ブルームバーグのシニアアナリストが高評価。レポートが提出され、ビットコインETFのパフォーマンスを分析した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア