CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン6万ドルの維持が焦点、半減期で相場は不安定になる可能性|bitbankアナリスト寄稿

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

今週4/13(土)〜4/19(金)の仮想通貨相場

国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。


目次
  1. ビットコイン・オンチェーンデータ
  2. bitbank寄稿

ビットコイン・オンチェーンデータ

BTC取引数

BTC取引数(月次)

アクティブアドレス数

アクティブアドレス数(月次)

BTCマイニングプールの送金先

取引所・その他サービス

bitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)

4/13(土)〜4/19の週次レポート:

今週のビットコイン(BTC)対円は1000万円を割り込み、終始上値の重い展開となっている。

週明けのBTC円は、香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認されたことで、一時は1030万円を回復するも、イスラエルによる対イラン報復が懸念される中、米株が大幅続落となり上げ幅を掻き消すと、1000万円を割り込み、960万円周辺まで値を下げた。

16日も地政学リスクとFRBの利下げ先送りリスクで上値を重くするも、6.2万ドル水準で相場は買い支えられ、底堅い推移となると、イスラエルが限定的な報復作戦を周辺のアラブ諸国と調整しているとの報道で相場は戻りを試した。

一方、BTCは1000万円で上げ渋ると、17日欧州時間には見切り売りが入り反落。この日の米時間には、米株に決算絡みの売りが入り、BTCは下げ足を速め950万円を割り込んだ。

これによりBTCはドル建てで6万ドルにタッチすると、その後は弱々しくも戻りを試す展開となり、18日にはCBの景気先行指標の下振れや、「年内に景気は十分に減速する」とのFRB高官の発言を好感して990万円まで戻した。

しかし、19日東京時間には、イスラエルがイランに空襲を開始したとの速報が転がり込み、相場は前日の上げ幅を即座に掻き消した。

第1図:BTC対円チャート(1時間足)出所:bitbank.ccより作成

19日は急落で取引を始めたBTC円だが、その後、イランの現地メディアが外国勢力からの攻撃はなかったと、イスラエルによる空襲を否定しており、BTC相場は反発している。

ただ、イスラエルによる対イラン攻撃の真偽は明らかとなっていないが、中東情勢のエスカレーションは引き続き懸念され、目先も積極的にリスクを取れる状況ではないだろう。

さて、明日(本稿は19日に執筆)にはいよいよビットコインの4度目の半減期が控えている。これまで半減期直後のBTC相場の動きとしては、3回中2回が横ばい、1回が調整となっており、実は半減期直後に相場が上昇したケースはない。

半減期ではブロック報酬の半減からハッシュレートの低下とブロックタイムの延長が起こり、ネットワークが不安定化する傾向があり、ネットワークが安定するまでは相場も不安定な動きとなりやすいか。

中東情勢の悪化で売りがある程度で切ったと考えることもできるが、相場が6万ドルを割り込めば短期筋の売りが加速して相場は下げ足を速める可能性が指摘され、目先では6万ドルの最後の砦を死守できるかが大きな焦点となろう。

寄稿者:長谷川友哉長谷川友哉(ハセガワ ユウヤ)
英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

関連:bitbank_markets公式サイト

前回のレポート:ビットコイン過去最高値8万ドルも視野、半減期に向けた地ならし整ったか

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/18 土曜日
21:00
Clearpool Prime、アバランチでデビュー RWA対応のプライベート・クレジット市場
Clearpool Primeがアバランチでローンチし、RWA分野に新たな進展。機関投資家向けに安全かつ効率的な取引環境を提供するプライベート・クレジット市場。
17:20
バイナンス上場銘柄の80%が価値低下、ミームコインは異例の上昇 過去6か月の分析
31トークン分析が示す課題 暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(グローバル版)で、過去6か月に新規上場したトークンの80%以上が、その後に価値を落としていることがわかった。ミ…
13:00
米国のビットコイン現物ETFへの5月の流入額、4月の流出上回る
ブルームバーグのETFアナリストは、5月に入ってからの米国ビットコイン現物ETFへの流入は、4月の流出を埋め合わせたと指摘した。
11:10
米下院、SECの仮想通貨規制役割明確化の「FIT21法案」を採決へ
米国下院は、仮想通貨に対する規制を明確化し、CFTCに追加権限を与える「21世紀のための金融イノベーション・テクノロジー法」の採決を行う。
10:15
米コインベース、「来週イーサリアム現物ETF承認確率は30~40%」
米仮想通貨取引所コインベースはイーサリアムの今後を予測するレポートを発表した。ETH現物ETFが承認される時期などについて分析している。
08:50
仮想通貨取引所クラーケン、欧州でUSDT非対応を検討
テザーCEOは最近、MiCA規制を批判し、仮想通貨USDTで規制を受けるつもりはないと述べた。この姿勢が、欧州で事業を行っているクラーケンが、それらの通貨ペアの提供を停止する理由と見られる。
08:00
「仮想通貨上昇の鍵はマクロ経済」コインベース分析
仮想通貨相場上昇の鍵は今もマクロ経済であるとコインベースは分析。他にも、イーサリアム現物ETFの審査など規制動向も注視すべきだとした。
07:10
ソラナ価格、月末までに200ドル復帰か ヘッジファンド創設者が予測
仮想通貨ソラナの今後の価格について、ヘッジファンドSyncracy Capitalの創設者は強気な予測を示した。その根拠とは?
06:10
zkSyncエアドロップ期待再燃、分散化加速のアップグレードを実施予定
zkSyncは未だ独自の仮想通貨をリリースしていないが、主要zkロールアップであるライバルのStarkNetは2月にエアドロップを実施した。
05/17 金曜日
17:34
東京ビッグサイトで第5回ブロックチェーンEXPO【春】開催へ 無料申し込み募集開始
東京ビッグサイトで、日本最大級のブロックチェーン専門展である第5回ブロックチェーンEXPO【春】が開催されます。最新の研究からアプリケーションまで、ブロックチェーン技術のすべてが一堂に出展するイベントは必見です。
13:00
ワールドコイン、秘匿化技術で生体認証データの保護・オープンソース化を発表
暗号資産(仮想通貨)でベーシックインカム実現を目指す、ワールドコイン・ファンデーションが生体認証データ保護にSMPC技術を導入。そのシステムをオープンソース化した。セキュリティとプライバシーを強化するとともに、システムの普及拡大を目指す。
12:32
短期トレンド変化のビットコイン続伸なるか、ミームコインが牽引する場面も
CPI発表で急反発を見せた暗号資産(仮想通貨)相場ではビットコイン(BTC)が下降チャネルをブレイクアウトした。16日には賛否両論渦巻くミームコインが相場を牽引する場面も。
12:00
世界最大の証券清算機関DTCC、チェーンリンク活用した「Smart NAV」を実験
世界最大の証券清算・保管機関DTCCは、チェーンリンクを活用した「Smart NAV」の実証実験を行った。JPモルガンなど金融大手10社が参加している。
11:10
Slash Fintech、暗号資産決済でVプリカ販売サービス開始 NFT特典も実施中
Slash FintechがVプリカ販売サービスを開始。暗号資産(仮想通貨)決済でVプリカ購入可能。特典としてSlash Genesis NFTをプレゼント。利用方法から使い方まで解説。
10:00
ブラックロックのビットコインETF、アナリストが高評価
ブラックロックの仮想通貨ビットコインETFの購入者数は記録的な数字であると、ブルームバーグのシニアアナリストが高評価。レポートが提出され、ビットコインETFのパフォーマンスを分析した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア