ニュース

ゴールドマンサックスCEOが2018年末に退任か|BTC取引デスクは需要増加

仮想通貨情報

5月18日、The New York Times にて、ゴールドマンサックスのCEOを務めるLloyd Blankfein氏が、2018年末に同社を去るのではないかという記事が掲載されました。ゴールドマンサックスの従業員達の多くが、仮想通貨に対して半信半疑の状態ですが、一部の顧客が、仮想通貨をコモディティ(商品先物)として保有したいと考えていることから、ウォール街を先導する「今後の方針」に内外から注目が集まっています。