CoinPostで今最も読まれています

SEC弁護士2名が辞任、仮想通貨関連訴訟で「重大な権力乱用」と非難受け  裁判所はSECに制裁を課す

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

SEC担当弁護士が辞任

米仮想通貨企業Debt Boxに対する訴訟において、連邦地裁が「重大な権力乱用」を理由に米国証券取引委員会(SEC)に制裁を課したことを受け、同委員会の担当弁護士2名が辞任したことがわかった。ブルームバーグが、匿名の関係筋の話として22日に報じた。

辞任したのは、同訴訟の主任弁護士を務めたマイケル・ウェルシュ氏とジョセフ・ワトキンス氏。両人はSEC当局者から「辞任しない場合は解雇する」と告げられ、今月辞任したという。

訴訟を審理している米連邦地方裁判所ユタ地区のロバート・シェルビー判事は、同訴訟では「虚偽の陳述や不実な表示、証拠の欠如」といったSECの行為により、「司法手続きの完全性が実質的に損われた」と当局の対応を非難。同判事は先月、SECに対して制裁を課すという異例の措置を講じた。

訴訟の背景

SECは昨年7月、DEBT Boxが「ノードライセンス」と称する未登録証券を販売し、数千人の投資家から4,900万ドル(約75億円)超を詐取したとして提訴。同社に対し、暫定的差し止め命令(TRO)の発動を求める申請書を提出した。

ユタ地方裁判所は、SECに対する審問後、DEBT Boxの資産を凍結するTROを発動したが、9月に被告側がTRO取り消しの申し立てを提出。この申立てに対する審理で、SECがTROが発行されないことで「取り返しのつかない損害が生じる」事実を示さなかったため、裁判所は「TROは不注意に発行された」と結論づけ、10月にTROを取り消した。

その後、シェルビー判事は12月の裁判所命令の中で、SECがTRO申請に関して「著しく虚偽で誤解を招く」証拠を提示して裁判所を説得した可能性があるとして、規制当局に「裁判所がSECに制裁を課すべきではない理由」を示すよう、SECに命じた。

この裁判所命令を受け、SECは同月、不正確な発言があったと認め、謝罪した。

一方、職員に対する特別研修の義務付けや、経験豊かな弁護士を監督役に任命するなど「広範な是正措置」を講ずるため、裁判所による制裁の必要はないと主張した。

関連:米SEC、仮想通貨企業に対する訴訟で過ちを認めて謝罪

SECへの制裁

シェルビー判事は3月18日、SECは、DEBT Box社に対する資産凍結とTROの発動を獲得するため「悪意」を持って行動し、「意図的に虚偽を継続させた」と厳しく批判した。

それは単なる単独の不正確な発言や不注意による誤った陳述ではなかった。委員会がTROを求める際に提供した各証拠は、その後TROを擁護する際に繰り返し表明されたが、虚偽、事実誤認、誤解を招くものを組み合わせたものであることが判明した。

シェルビー判事は、SECに対し、被告の弁護士費用と訴訟費用の支払いを命ずることで、制裁を課す判決を下した。ただし、この命令は規制当局の違法行為に焦点を当てたものであり、「訴訟の根本的なメリット」に対しての意見を提供するものではないと、付け加えた。

訴訟は継続

ブルームバーグによると、Debt Boxと当事者の弁護団は先週、SECに対し、訴訟関連の費用として、150万ドル(約2億3,200万円)の支払いを求める申し立てを提出した。

SECは2月、Debt Boxに対する訴訟を「他の権利に影響を及ぼすことなく」却下するよう求めていたが、シェルビー判事は先月、これを拒否した。この形式で訴訟が却下された場合、SECは被告を再度起訴することが可能だった。

SECは今月初めに、再起訴の可能性のない形式で、改めて同訴訟を棄却する申し立てを行なっているが、裁判所はまだ判断を下していない。

関連2024年注目の仮想通貨10選 各セクターの主要銘柄と関心を集める理由を解説

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/18 土曜日
21:00
Clearpool Prime、アバランチでデビュー RWA対応のプライベート・クレジット市場
Clearpool Primeがアバランチでローンチし、RWA分野に新たな進展。機関投資家向けに安全かつ効率的な取引環境を提供するプライベート・クレジット市場。
17:20
バイナンス上場銘柄の80%が価値低下、ミームコインは異例の上昇 過去6か月の分析
31トークン分析が示す課題 暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(グローバル版)で、過去6か月に新規上場したトークンの80%以上が、その後に価値を落としていることがわかった。ミ…
13:00
米国のビットコイン現物ETFへの5月の流入額、4月の流出上回る
ブルームバーグのETFアナリストは、5月に入ってからの米国ビットコイン現物ETFへの流入は、4月の流出を埋め合わせたと指摘した。
11:10
米下院、SECの仮想通貨規制役割明確化の「FIT21法案」を採決へ
米国下院は、仮想通貨に対する規制を明確化し、CFTCに追加権限を与える「21世紀のための金融イノベーション・テクノロジー法」の採決を行う。
10:15
米コインベース、「来週イーサリアム現物ETF承認確率は30~40%」
米仮想通貨取引所コインベースはイーサリアムの今後を予測するレポートを発表した。ETH現物ETFが承認される時期などについて分析している。
08:50
仮想通貨取引所クラーケン、欧州でUSDT非対応を検討
テザーCEOは最近、MiCA規制を批判し、仮想通貨USDTで規制を受けるつもりはないと述べた。この姿勢が、欧州で事業を行っているクラーケンが、それらの通貨ペアの提供を停止する理由と見られる。
08:00
「仮想通貨上昇の鍵はマクロ経済」コインベース分析
仮想通貨相場上昇の鍵は今もマクロ経済であるとコインベースは分析。他にも、イーサリアム現物ETFの審査など規制動向も注視すべきだとした。
07:10
ソラナ価格、月末までに200ドル復帰か ヘッジファンド創設者が予測
仮想通貨ソラナの今後の価格について、ヘッジファンドSyncracy Capitalの創設者は強気な予測を示した。その根拠とは?
06:10
zkSyncエアドロップ期待再燃、分散化加速のアップグレードを実施予定
zkSyncは未だ独自の仮想通貨をリリースしていないが、主要zkロールアップであるライバルのStarkNetは2月にエアドロップを実施した。
05/17 金曜日
17:34
東京ビッグサイトで第5回ブロックチェーンEXPO【春】開催へ 無料申し込み募集開始
東京ビッグサイトで、日本最大級のブロックチェーン専門展である第5回ブロックチェーンEXPO【春】が開催されます。最新の研究からアプリケーションまで、ブロックチェーン技術のすべてが一堂に出展するイベントは必見です。
13:00
ワールドコイン、秘匿化技術で生体認証データの保護・オープンソース化を発表
暗号資産(仮想通貨)でベーシックインカム実現を目指す、ワールドコイン・ファンデーションが生体認証データ保護にSMPC技術を導入。そのシステムをオープンソース化した。セキュリティとプライバシーを強化するとともに、システムの普及拡大を目指す。
12:32
短期トレンド変化のビットコイン続伸なるか、ミームコインが牽引する場面も
CPI発表で急反発を見せた暗号資産(仮想通貨)相場ではビットコイン(BTC)が下降チャネルをブレイクアウトした。16日には賛否両論渦巻くミームコインが相場を牽引する場面も。
12:00
世界最大の証券清算機関DTCC、チェーンリンク活用した「Smart NAV」を実験
世界最大の証券清算・保管機関DTCCは、チェーンリンクを活用した「Smart NAV」の実証実験を行った。JPモルガンなど金融大手10社が参加している。
11:10
Slash Fintech、暗号資産決済でVプリカ販売サービス開始 NFT特典も実施中
Slash FintechがVプリカ販売サービスを開始。暗号資産(仮想通貨)決済でVプリカ購入可能。特典としてSlash Genesis NFTをプレゼント。利用方法から使い方まで解説。
10:00
ブラックロックのビットコインETF、アナリストが高評価
ブラックロックの仮想通貨ビットコインETFの購入者数は記録的な数字であると、ブルームバーグのシニアアナリストが高評価。レポートが提出され、ビットコインETFのパフォーマンスを分析した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア