Gincoとdouble jump.tokyo、ブロックチェーンゲームエコシステムの拡大のため、開発支援プログラム「MCH+」での連携を開始

MCH+参加者にノードホスティングサービスや各種APIを提供するなど
株式会社Ginco(本社:東京都港区、代表取締役:森川夢佑斗)は、世界最大のブロックチェーンゲーム『My Crypto Heroes』を提供するdouble jump.tokyo株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:上野広伸)と提携しますことを発表します。

株式会社Ginco(本社:東京都港区、代表取締役:森川夢佑斗)は、世界最大のブロックチェーンゲーム『My Crypto Heroes』を提供するdouble jump.tokyo株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:上野広伸)と提携しますことを発表します。

本提携では、両社が共通して掲げる「ブロックチェーン開発の専門ノウハウがなくても、短期間で本格的なブロックチェーンサービスを開発することができる世界」の実現を目指し、Gincoが提供するブロックチェーンノードホスティングサービス『Ginco Nodes』を、double jump.tokyoが提供するブロックチェーンゲーム開発支援プログラム『MCH+』の参加者へ特別プランで提供します。

また、サービス連携に加えて、イベント共催等、ビジネス面での多角的な連携を行ってまいります。

提携の狙い:ブロックチェーンゲームのエコシステムを発展させる

ネットワーク効果が生じやすいブロックチェーンゲームのエコシステム

ブロックチェーンゲームの世界では従来のサーバー上のデジタルアイテムとは異なり、デジタルデータの所有権がユーザー側にあるため、Walletなど異なるアプリ上での表示や、アセット取引所等での売買、ユーザー間での譲渡を自由に行うことが可能です。

新たなゲームが生まれるたびに、これまでにないネットワーク効果が生じるため、新規参入者のハードルを下げ、エコシステムを生み出していくことが重要となっています。

開発支援事業を連動させ、日本発の豊かなエコシステムを生み出す

Gincoはこれまで、「ブロックチェーンを誰もが自由に」をミッションに掲げ、ゲームのインフラとなるブロックチェーンノードや各種APIの提供を通じて、事業者がブロックチェーンでやりたいこと・作りたいものに集中できる環境づくりに取り組んできました。

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000027.000031033.html

double jump.tokyoも、「ゲームにかけた時間もお金も情熱も、あなたの資産となる世界」を目指して、同社の『My Crypto Heroes』で培ったブロックチェーンゲームのノウハウ・技術資産等を提供する開発支援プログラム『MCH+』を提供しています。

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000034671.html

このたび両社は、それぞれの提供する開発支援サービス同士を連動させることで、ブロックチェーンゲーム業界の発展を推進し、日本発の豊かなエコシステム作りに繋げていくことを目的に提携を行います。

提携による取り組み

MCH+開発支援プログラムへの協力

一定以上の利用者数を伴うブロックチェーンサービスが可用性を確保するためには、安定してトランザクションを処理できるノードを保守・運用することが必要です。

Gincoは、ブロックチェーンサービス開発の基盤となるノードをホスティングし、APIを通じて自由に利用できるBaaSサービス『Ginco Nodes』を提供しており、double jump.tokyoの『My Crypto Heroes』のインフラにもご利用いただいてきました。

このたび、double jump.tokyoの提供するゲーム開発支援プログラム『MCH+』に関しても、参加者がこのシステム基盤を気軽に利用できるようにするためのプランをご用意し、新たに生まれたサービスがスケールしていくための協力体制を築いてまいります。

ハッカソン・開発相談会の共同開催などのビジネス連携

ブロックチェーンゲームの開発を検討されている事業者やエンジニア向けに、ブロックチェーンゲームの企画・設計ノウハウを持つdouble jump.tokyoと、インフラ構築のノウハウを持つGincoとで、ハッカソンや開発相談会を実施してまいります。

第一回・ブロックチェーンゲーム開発相談会:[peatix/connpass]

これらの取り組みを通じて、ブロックチェーンゲームの開発に関するノウハウや技術を普及させ、一般的なゲームディベロッパーの参画を促しエコシステムの拡大に寄与してまいります。

Ginco森川コメント

このたびのフルマネージドノード&APIサービスと、double jump.tokyoのブロックチェーンゲーム開発支援事業との連携および共同事業開発の開始を心より嬉しく思います。

実際にユーザーに手にとっていただけるブロックチェーンサービスを国内で展開する事業者同士が、得意分野を組み合わせることで、日本のブロックチェーン業界全体の発展に寄与していけることを期待しております。

double jump.tokyo様からのエンドースコメント

ブロックチェーンゲームを開発する上で、コンテンツレイヤーとインフラレイヤーのサポートは必要です。

今回の取り組みにより「MCH+」の開発支援プロジェクトでは、コンテンツ、インフラ両方をサポートすることで参画への参入障壁をより下げることができると期待しております。

サービス情報

Ginco Nodesとは?

日本初のマルチブロックチェーン・フルマネージドのノードホスティングサービスです。 2019年2月に、日本マイクロソフトとの提携を通じてサービスを開始し、現在はイーサリアム・ビットコイン・ライトコイン・リップル・ビットコインキャッシュといったブロックチェーンノードをホスト。

ノードの保守・運用・管理といった、ブロックチェーンサービス開発時の難所と言われてきたポイントで詰まることなく、すぐにサービスを立ち上げることが可能なサービスです。

サービス公式サイト:https://service.ginco.co.jp/nodes

APIドキュメント:https://docs.nodes.ginco.co.jp/#7a52d716ff

MCH+とは?

人気ブロックチェーンゲーム『My Crypto Heroes』(以下マイクリ)で開発したシステムやノウハウをフレームワーク化し、ブロックチェーンゲーム開発企業やチームなど同プログラムに参加するユーザーに基本無料で提供する、アクセラレーションプログラムです。

『MCH+』のフレームワークを利用することにより、ブロックチェーンゲームの開発ノウハウがなくても、短期間で本格的なブロックチェーンゲームを開発することができるようになります。

サービス公式サイト:https://www.mch.plus/

プログラム詳細:https://medium.com/mchplus/announcement-mch-c6cf58ccbe34

​【株式会社Ginco 会社概要】

「経済のめぐりを変えていく」をビジョンに掲げ、ブロックチェーンを誰もが自由に利用できるようなインターフェイスとインフラを提供する。

仮想通貨の管理・運用にまつわる利用者課題を解決するウォレットアプリ事業では、日本で唯一のマルチブロックチェーンウォレットを開発し、累計DL5万、累計入金額50億円を突破。またソリューション事業では、ノードやAPIなどブロックチェーンサービスの開発基盤を提供。

事業者が低コストで気軽にブロックチェーンの活用に着手できるインフラサービスとなっている。

所在地:〒107-0062 東京都港区南青山1-24-3 WeWork内4F

代表者:森川夢佑斗

設 立:2017年12月21日

事業内容:ブロックチェーン技術を用いたサービスおよびソリューションの開発・運営・販売

企業URL:https://ginco.co.jp/

【double jump.tokyo株式会社 会社概要】

ブロックチェーンゲーム専業開発会社として、数多くのゲーム(モバイルソーシャルゲーム、PCオンラインゲーム、家庭用ゲーム等)およびプラットフォームの開発・運営、ブロックチェーン技術および暗号資産を含むファイナンスにおけるノウハウを有するメンバーにより、2018年4月3日に設立。

2018年11月30日の正式サービス開始した『My Crypto Heroes』は、初日より、イーサリアムベースのブロックチェーンゲームとして取引高・取引量・DAUで世界1位を記録。

2018年末から2019年始にかけて業界初となるTVCMを放映し、現在も常にランキングトップを維持する世界No.1のブロックチェーンゲームです。

所在地:〒160-0023 東京都新宿区西新宿4-34-7

代表者:上野広伸

設 立:2018年4月3日

事業内容:ブロックチェーン技術を用いたゲーム及びアセットの開発・運営・販売

企業URL:https://www.doublejump.tokyo/

お問い合わせ 広告掲載はこちら