MoCo、バーチャル・リアリティ、3D と8Kソーシャルメディアプラットフォーム、IEOでグローバルに!

MoCoソーシャルメディアプラットフォーム、IEOを実施
MoCo、バーチャル・リアリティ、3D と8Kソーシャルメディアプラットフォームが9月にIEOを行う。MoCoプラットフォームは様々な機能を持つ。

MoCo、バーチャル・リアリティ、3D と8Kソーシャルメディアプラットフォーム、IEOでグローバルに!

2022年までに、3Dと4K VRソーシャルメディアアプリの50万ダウンロードを見込んでいるVR Motion Communicationsは、9月にIEOを予定しています。

このIEOは、MoCoコミュニケーションプラットフォームの最終資金調達ラウンドとなります。このプロジェクトは、MoMoCoという匿名3Dアバターチャット、4K/8K ライブとストリーミングサービス、3D/VRライブビデオチャットというハイテックなサービスを3段階で導入します。プロジェクトはEthereumブロックチェーンに基づいています。

ナチュラル・ソーシャル・ネットワーキング

ソーシャル・プラットフォームにおけるコミュニケーションは「本当のコミュニケーションと異なる」とよく言われています。ユーザーは相手に気楽に連絡することができますが、相手に触れることができないし、ジェスチャーや表情を見ることもできません。オンラインコミュニケーションに感情を加えたいという意図でマーケットのリーダーはビデオストリーム、ストーリー、ボイスメッセージを導入してきました。

VR (virtual reality, バーチャルリアリティー )はソーシャルメディアの最新動向であり、ソーシャルメディアの未来だと言われています。2014年にマーク・ザッカーバーグは、バーチャルリアリティーのハードウェアとソフトウェアを専門とする、Oculus VRと言う会社を買収しました。

その後Facebookは、ユーザーがVRデバイスを使いながら友達と交流できるFacebook Spacesを導入しました。現在、VRヘッドセットを持っている方の77%は、ゲームをしたり、ビデオを見たりするほかに、VRをつかう人との交流にも興味を持っていると述べました。 

VRは現在のオンラインコミュニケーションを見直す可能性を秘めています。VRは「対面通話」という、コミュニケーションをする相手がユーザーと同じ部屋にいるような体験をもたらしています。

VR Motion Communications テクノロジー企業は、VRを拡張現実、AIモーションキャプチャ、AI自動2D-3D変換、4K/8K AIビデオ圧縮とブロックチェーンなどの革新的な技術と組み合わせ、デジタルコミュニケーションを新しいレベルに導きます。

3D アバターチャット

第一段階のMoMoCo 3D Avatar Appのローンチは、2020-2021に予定されています。2022年まで、当ハイテックスタートアップは50万ダウンロードに達成することを目指しています。MoMoCo チャットのキーアドバンテージは、3Dではなく、匿名性と個人データの安全性です。

当アプリは初匿名3Dモバイルコミュニケーションチャンネルとなります。スマートフォンまたはウェブカメラを使って、ユーザーは3Dアバターでチャットしたり、ミートアップしたり、恋にも落ちたりしながら、自分の「もう一つの人生」を安全に楽しむことができます。

基本チャット機能に加えて、MoMoCo Chatはソーシャル・ゲーム、3D アバター・トレーディング・マーケットプレイス、インセンティブ・システム、そして「ファイト・クラブ」というバトル・チャレンジゲームを提供しています。

MoMoCo Chatのオンラインマーケットプレイスは、オフィシャルアバターとアバター系アイテムの購入ができるオフィシャルストアと、ユーザー自身が作ったオリジナルアバター系コンテンツの販売ができるフリーマーケットプレイスを含む予定です。アバターとグッズの著作権は、ブロックチェーン技術で守られるというシステムです。

4K/8K ビデオ・ストリーミング

MoCo Platformとほかの現実世界のビジネスパートナーは、MoCoストリーミングサービスを使って、4K/8K, 360° Real Timeなどの高画質のビデオを編集し、処理し、放送することができるようになります。現在のビデオ編集・処理のプロセッサーなら、それは不可能なことでも、当社はすでにそのテクノロジーの特許を持っています。

名前はAI Video Compressionです。それは4K/8Kコンテンツデータを画質の損失なしで99%圧縮することができます。コンプレッサーのおかげで、ユーザーは、テレビ、コンピューター、スマートフォン使い慣れたデバイスでHDビデオを楽しむことができるようになります。

MoCoストリーミングテクノロジーは、ワールドカップ、スーパー・ボウルのような人気のあるスポーツイベントの放送のサポートとなり、4K/8K画質と拡張現実を使う放送はスポーツファンにとってユニークな体験となります。

ビデオとストリーミング著作権はスマートコントラクトで制限され、現実世界のパートナーはこの段階ではMoCo Tokenを使ってサービスを購入する予定です。

AIモーションキャプチャ

当社の最新鋭作品は特許出願中で、2022年の第四四半期に発売される予定です。AI Motion CaptureとImage Analysis(画像分析)を使って、ユーザーは普通のスマートフォンまたはウェブカメラでバーチャルワールドに活躍することができるようになります。

そのテクノロジーはビジュアルと感覚データを収集し、ユーザーのHD 3Dイメージを作ります。ユーザーはスマートフォンでコントロールできます。

MoCo Platformの MoCo Token

プラットフォームで使われる通貨はMoMoCoinsと言います。ユーザーはMoMoCoinsをアプリ内で購入でき、MoCo Platformに参加して簡単に稼ぐことができます。MoMoCo 3Dアバターチャットアプリでチャットしたり、ゲームをしたりすると、MoMoCoinsがもらえることもあり得ます。

それに、MoMoCoinsはオフィシャルなウェブベースのMoCo Token Exchangeでは、固定為替相場で本物の暗号通貨(MoCo Tokens)に交換することができます。

同じように、暗号通貨を持っている方は、アプリ内の通貨をMoCo Token Exchangeで大幅な割引で購入できるし、プラットフォームを使ってもっとMoMoCoinsを稼ぐことができます。プロジェクトチームは、そのような双方に有利な状況はMoCo Tokenの積極的な取引を進めて、MoCo TokenとMoCoプロジェクトそのものの使用量を伸ばせると信じています。

MoCo Platformに参加したい方へ

現在、MoCoプロジェクトの資金調達ラウンドはほぼ終わっていますが、IEOは参加する唯一の方法です。トークンは特別なボーナス付きで9月と10月に購入できます。

P2pb2b Exchange

第1セッション: 9月16日 – 9月30日

第2セッション: 10月7日 – 10月14日

VR Motion Communications チームは、「MoCoプラットフォーム、VR、ソーシャルネットワークにおける3Dへの興味は必ず伸びるはずです。現在のユーザーはもっとゲーミフィケーション、もっと積極的な交流、実にユニークなソーシャル体験を必要としています。ユーザーに、それらを与えることができます。

弊社のチームメンバーは、Live 360°放送システムの開発、VR、人工知能、ソーシャルアプリの開発に幅広い専門知識を持っています。テクノロジーと専門家の力でインターネットユーザーにオンラインコミュニケーションの新しい時代を紹介したい」と強く信じています。

MoCo Tokensは P2pB2B.io を初めとする取引所で10月29日からリストされる予定です。それ以降、MoCo 暗号通貨はオフィシャルホームページでボーナスなしのマーケットプライスのみで購入できます。9月9日から10月14日までのMoCo IEOに参加して、ボーナス付きの特別価格で購入するチャンスをつかみましょう!

さらに詳しい情報は、ホームページにございます。質問はMoCo Telegram chatFacebookTwitterにお送りください。

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。
サービスのご利用・お問い合わせに関しては、直接サービス提供会社へご連絡ください。CoinPostは本稿で言及されたあらゆる内容について、またそれを参考・利用したことにより生じたいかなる損害や損失において、直接的・間接的な責任を負わないものとします。ユーザーの皆さまが本稿に関連した行動をとる際には、必ず事前にご自身で調査を行い、ご自身の責任において行動されるようお願いいたします。
プレスリリース公開企業
業種

Communication, Blochchain, VR

代表者名

Naoto Yokouchi

プレスリリース公開日時


お問い合わせ 広告掲載はこちら