ステーブルコインの概念を超える。Xankはオンデマンドでの安定した取引が可能にする仮想通貨を発行

ステーブルコインの概念を超える。Xankはオンデマンドでの安定した取引が可能にする仮想通貨を発行。
仮想通貨は、価格変動が非常に高いものと値段が安定したステーブルコインの2つの種類しかない。
これは、2014年に最初のステーブルコインのテザーが登場してからずっと存在してきた普遍的なパラダイムです。
現在の市場では200以上のステープルコインが取引されています。
しかし、実用と投資益の性質を確保して、自由な価格変動とステーブルコインの機能1つに合わせるとどうなるのでしょうか。Xankはまさにそういうものです。ユニークな次世代のステーブルコイン。

ボラティリティ+安定性=?

仮想通貨の大量採用を妨げるものと言えば、一番最初に考えられるのはボラティリティ(価格変動)ですね。仮想通貨は価値の保存になり、日常の取引で使用するには余りにも変動性が激しいものです。
ステーブルコインはこの問題の解決を提供した。ステーブルコインの価格は別の安定した資産(フィアットまたは他の仮想通貨)に連動されることにより、価格の信頼性を確保すると同時に、「価値の交換」「価値の保存」として使うこともできます。
ほとんどのステーブルコインは、担保型によって3つのグループに分けることができます。

法定通貨担保型、いわゆる「中央型」ステーブルコイン。
フィアットに担保され、価値は米ドル、ユーロ、またはその他の従来通貨で保管されます。

仮想通貨担保型、いわゆる「非中央型」ステーブルコイン。
担保としてビットコインやイーサリアム(ETH)のような価値の高い仮想資産が使われます。

無担保型、いわゆる「アルゴリズム型」ステーブルコイン。
市場の変動への対応として循環供給を増減するアルゴリズムを使用して価値を維持します。

すべての種類にはそれぞれの欠点があります。
どちらでも100%安定しておらず、ペグされた資産(USD、ETHなど)の価格が不安定になってしまうときに価格が上下します。
また、利益を得られるという観点から見ると、ステーブルコインは投資的な魅力が低いかもしれません。
保有者をリスクや損失から保護しながらも、変動がある仮想通貨のように売買して儲けることができません。

フィンテックのスタートアップ企業のXankは、ステーブル資産と一般のデジタル通貨の最高の特徴をあわせて、自由な価格変動と同時にステーブルコインの機能を両方持っている仮想通貨を開発しました。
ユーザーから要求された場合にのみ、取引ごとにステーブルコインの機能を有効にします。

必要な時だけに「ステーブルコイン」としての機能を享受

Xankコインは、価格がイーサリアムやビットコインと同じように市場で決められ、投資価値を与えられます。
Xankは取引所で保有・取引されたり、価格の上下で投機されたり、利益を上げることができます。
あるいは、法定通貨にペグされたXankをステーブルコインとして使うことができます。

プロジェクトのホワイトペーパーのよって、Xankは、投資益の性質とステーブルコインの機能を兼ね備えた唯一の仮想通貨だと書いてあります。
つまり、Xankは自由な価格変動を持つコイン、そしてステーブルコインの両方として動作できます。
Xankの価格はビットコインやイーサリアムと同じように、市場の需給により決定され、投資益に性質を与えます。
ユーザーはXankを保持、送金、取引所で取引で使えます。
あるいは、フィアットに連動するXankコインで取引し、ステーブルコインの機能を有効できます。

以上が可能になるのは、取引実施時に組み込みオプションとして選ばれるステーブルペイ 機能のおかげです。
取引する前に、送信者と受信者は通常のブロックチェーン取引(ペッグなし)またはステーブルペイ取引(ペッグ付き)を選べます。
そして、ステーブルペイ機能はXankを法定通貨担保型ステーブルコインに変更します。
Xankステーブルコインは、カフェでの支払い、映画館のチケットや地元の店で食料品の購入など、様々な日常場面で使えます。価格が法定通貨に連動されるおかげで、Xankネットワークに参加したユーザはこれ以上価格変動について心配しなくてもいいです。
取引のフラット値は、送金開始から最終処理までに同じで安定です。

交換レートを安定させるXankリサーブ

Xankエコシステムの暗号通貨を安定させ、トランザクションを可能にするために、Xankリザーブという革新的なバランス調整メカニズムが使用しています。
Xankリザーブは、Xankコインとペッグされた資産(法定通貨)の間に均衡を確立します。
その結果、送信されたXank枚数と、受信者が取得する枚数は、一定の法定通貨の額面価値を保持します。
ジョンがジェーンにお金を送らなければならない状況を例として、その仕組みを説明しましょう。

ジェーンはスマートフォンを購入したいとします。
そのためにジョンに1000ドル相当のXankを送るように頼みます。
ジョンとジェーンは送金するためステーブルペイ機能を使います。
ジョンは、100XANKコインを,1コイン $10 で送金します。
しかし、取引中にコイン価格が2倍に上昇します、その場合、Xankリザーブは、ステーブルペイによって送金されたXank枚数を調整します。
これにより、常に一特定したフィアット額と同等になります。
結果として、ジェーン50XANKを貰い、その総額はボブとの約束した$1000相当です。
過剰なXank枚数は、リザーブによって取引調整のためにフィアットで取得されます。

Xankリザーブは、フィアット建てXank枚数の違いを調整する安定化メカニズムとして機能しています。
価格が低下した場合、ステーブルペイ及びXankリーザブは同様、自動的取引金額に必要なXank枚数を加算して、送受信されるコインの枚数を保ちます。

ステーブルペグの新たな種類

一般的なフィアット担保型ステーブルコインと違って、Xankは初期から単一の通貨ではなく、IMF特別引出権(SDR)に仮想ペグしています。
IMF SDR は本質的にどの単一の資産よりも安定です。
このようにして、Xankを発行しているスタートアップ企業は、国際通貨基金のメンバー国およびその世界中の諸国に有用なステーブルしての評判を確獲得しようとしています。

簡単に説明すると、SDRとは国際通貨基金の加盟国の準備資産を補完する手段として、IMFが1969年に創設した国際準備資産です。
SDRの価値は、5通貨(米ドル、ユーロ、中国人民元、日本円、英国ポンド)で構成されたバスケットに基づいて決められます。
これまでに2,042億SDR(2,910億ドル相当)が加盟国に配分されていますが、この額には世界金融危機後の2009年に配分された1,826億SDRが含まれます。

SDRは、Xankエコシステムの最初の3年間にわたってブートストラップメカニズムとして使用することにしました。
しかし、Xankプロジェクトが認めているように、後の段階でより安定した資産が表れる場合に、Xankは新し仮想ペグに移動することも可能です。

Avalancheを活用する

以上のすべての機能を実装し、価格の安定性を確保するために、Xankは最前線の暗号通貨による技術ソリューションを、当社が設計した新しい概念的なフレームワークと組み合わせて採用する。
例えば、Dashの分散型ガバナンスと自己資金調達システムなどのいくつかの機能を採用します。それに加えて、Xankはさらに発展し、独自のブロックチェーンをAvalancheプロトコルで強化する。Avalancheは、リーダーなしのビビザンチン・フォールトトレランスを持つ新しいプロトコルファミリーです。
従来のProof-of-Workプロトコルはブロック作成に1つのバリデーターを選択します。その一方、Avalancheはそのような「リーダー」が必要としないのです。マイナー、デリゲート、または特権ノードがないため、このプロトコルは完全に独立しており、新しいコンセンサスに対してランダムにグループ化されたノード全てが最終的にそれをリーダーなしで賛成するというものです。
さらに、Avalancheは、世界の主な決済システムよりもかなり高い処理速度(スループット)を実現します。開発者によると、Avalancheは確認時間を短縮し、最大6,500tps(1秒当たりのトランザクション数)を許可します。対照的に、現在、ビットコインネットワークは7 tps、PayPalは200 tps、そして高速なVISAでも2,000tpsを超えない。
つまり、Avalancheプロトコルは、そしてそれによってXankコインも、世界で一番有名な決済技術企業の3倍の速度で動作するこができます。
Xankは暗号通貨が次世代のステーブルコインのみならず、革命を齎す暗号通貨資産になれるように、Avalancheに必要な分散化と超音速に強化してもらう

これからの予定は?

従来の金融システムの問題の解決策として表れた仮想通貨。変動性が高い仮想通貨資産の進化における次のステップとして開発されたステーブルコイン。その間、ボラティリティと安定性、投資益の性質と実用の間の究極のバランスを達成するように務めているXankプロジェクト。
従来のフィアットと進化している暗号通貨という2つの世界から最高の長所を合わせて、誰でもどんな時でも使える最も有用なステーブルコインを確立することに目指しています。

最終的なXankは、ユーザーが1つのコインで価格の安定性とボラティリティを得られる暗号通貨の新しい標準になれるのでしょうか。その答えは、おそらく将来的に見られるでしょう。
そして現時点は、Xankのホワイトペーパー を確認し、 FacebookTwitterのコミュニティに参加して、ステーブルペイ機能とXankリザーブの仕組み、仮想通貨ファンの人生を楽にする方法について詳しくご覧できます。

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。
サービスのご利用・お問い合わせに関しては、直接サービス提供会社へご連絡ください。CoinPostは本稿で言及されたあらゆる内容について、またそれを参考・利用したことにより生じたいかなる損害や損失において、直接的・間接的な責任を負わないものとします。ユーザーの皆さまが本稿に関連した行動をとる際には、必ず事前にご自身で調査を行い、ご自身の責任において行動されるようお願いいたします。
プレスリリース公開企業
本社所在地

7 Teheran-ro 5-gil, Gangnam-gu, Seoul 06134 South Korea

プレスリリース公開日時


お問い合わせ 広告掲載はこちら