暗号通貨取引所の今後の発展について

新しいビジネス環境ではユーザーの流動性が高く、分散しているという特徴がある。
新しいビジネス環境ではユーザーの流動性が高く、分散している特徴がある。ユーザーは情報交換、意見共有、どのプロジェクトが本当に価値あるか、どれが中身のないプロジェクトか、これらに関する情報を常にほしがっている。ソーシャルチャットはこのニーズに完全に適合している。チャットのみではなく、リアルタイムで取引もできる取引所がユーザーのニーズにぴったり適合している。

暗号通貨取引所の今後の発展について

全世界でデジタル資産取引の総量は年々増え続けており、取引の「トランジットステーション」としての取引所は暗号通貨経済において重要な役割を果たしている。この市場は巨大なもの。coinmarketcapによって収集されたデータによれば、現時点で20561の取引市場が存在しており、市場価値は196,453,396,758 $にも上る。24時間取引量は 60,025,726,069 $がある。

2009年に誕生したデジタル資産取引所はわずか10年間でここまで成長してきた。人々は今後デジタル資産取引業界がさらに大きく発展するだろうと期待を膨らんでいた。しかし、数日前にインターネットで公開されたsimilarwebのデータは違うものを示している。このデータから、現在、取引業界の全体的な人気が低下し続けていることが分かった。 中国三大暗号通貨取引所のOKEX、BinanceとHuobiを例に挙げると、トラフィックの成長は大幅に鈍化していることが容易に分かった。 業界の発展はボトルネックに直面。

業界はなぜこのようになってしまったのか?

技術サービスプロバイダーの出現により、暗号通貨取引所のハードルが下がったため、数千個以上の取引所が次々と誕生。技術は、我々に多くの成果をもたらしたと同時に、解決すべき課題、いわば「影」ともいえる側面をもたらしたことも否定できない。ユーザーのニーズが多様化していく中で、テクノロジーだけに頼れなくなった。さらに、弱気市場に入っているため、業界全体多くの取引所が、深刻な均質性、ユーザーおよび取引デプス不足の問題を抱えている。閉鎖せざるを得ない取引所も少なくない。弱気市場では、三大取引所でさえ、業界の深刻な同質性によるトラフィックの低下、トラフィックの成長の鈍化など様々な困難に直面している。

ただし、豊富な運用経験持つ大手取引所がより早く現在のリスクを察知している。今の状況から抜け出すために、新しいモデルを使用して均質性を破らなければならない。さらに重要なことは、現在の業界はトラフィックの競合にばかり注目している。実際には現存市場の競合に過ぎない。今後、取引所は既存のトラフィックを突破し、市場の増加に向けて競争するとともに、新しいユーザーを獲得しなければならない。

この背景に、プラットフォームは人々と密接に関連するSNSと組み合わせれば、ソーシャルのパワーを利用してより効果的にコミュニケーションを取ることができる。このような取引プラットフォームは、間違いなく業界にとって非常に貴重な存在と言える。現在、このソーシャルトレーディングモデルは、香港に本社を置き、FIBTC.LTDなど多くの有名な海外企業が投資したプラットフォームであるXT取引所が先駆けて実装されている。

それでは、どこが「貴重」なのかを見てみよう。

ユーザーは集中型取引所を期待している:

新しいビジネス環境ではユーザーの流動性が高く、分散している特徴がある。ユーザーは情報交換、意見共有、どのプロジェクトが本当に価値あるか、どれが中身のないプロジェクトか、これらに関する情報を常にほしがっている。ソーシャルチャットはこのニーズに完全に適合している。チャットのみではなく、リアルタイムで取引もできる取引所がユーザーのニーズにぴったり適合している。XT.com取引所は700万人以上のユーザーを持ち、1日平均して50億の取引量がある。ユーザーはチャットグループ内でKラインの傾向をリアルタイムで観察することができ、売買の最適な時期が分かる。

スタープロジェクトは、価値のあるプラットフォームにリスティングすることに積極的。もちろん、プロジェクト側にとって、ユーザー数を増やすことが非常に重要なため、グローバルに事業を展開しているプラットフォームを求めている。この業界をよく知っているユーザーはBtsプロジェクトを覚えているはず。Btsプロジェクトが非常に早くリリースされていた。 EOS、AE等はまだ理論しか公表していない段階でBTSビットコインの分散型取引所は既に運営を開始していた。また、ブロックチェーングラフェンアーキテクチャ、EOS / Gongxinbao / YOYOWなどの革新的な基盤技術も作成した。現在、このcoinmarketcapにリストされている上位100のコインBtsは、XT.com取引所にリスティングされている。他の2つの有名な通貨、ADAとDASHもXT.com取引所と協議中である。アメリカCrypto VCで人気の匿名コインGrinと別の匿名コインBeam、クロスチェーンスタープロジェクトトークンDOTとATOMなどもXT.com取引所と交渉中。最近Turio賞受賞者Silvio Micaliが率いる超発射ブロックチェーンプロジェクトALGOなどのトークンもXTプラットフォームに強い関心を示している。これらは、XTの革新的なモデルとトラフィックの強さ、およびグローバルな運用を証明している。

また、100以上の主流通貨が取引できるところもXT.comの強みの一つで、それが現在の取引の深さと取引の流動性の両方を促進できたといえる。

これらの観点から、XT.comは取引業界が楽しみにしている新しい大陸のようなものといえる。大規模な政策環境は置いといて、デジタル資産取引所業界全体はまだ若く、これからが期待される。革新的で特徴を持っている取引所には、大きなチャンスが訪れるだろう。XTがそこまで強くなった理由は、トップを目指しているからであろう。

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。
サービスのご利用・お問い合わせに関しては、直接サービス提供会社へご連絡ください。CoinPostは本稿で言及されたあらゆる内容について、またそれを参考・利用したことにより生じたいかなる損害や損失において、直接的・間接的な責任を負わないものとします。ユーザーの皆さまが本稿に関連した行動をとる際には、必ず事前にご自身で調査を行い、ご自身の責任において行動されるようお願いいたします。
プレスリリース公開企業
本社所在地

Hong Kong

代表者名

Weber Woo

プレスリリース公開日時

XT.comの新着プレスリリース一覧