マカオ本社の仮想通貨取引所Eirenex初のIEOを実施、2時間15分で完売となる

マカオに本社を置く仮想通貨取引所EirenexがIEOを4月23日に実施、2時間15分余りで完売
マカオに本社を置く仮想通貨取引所Eirenex(https://www.eirenex.net/)が2019年4月23日に初のIEOを実施しました。IEO発表前から注目を集めていたEirenexは、2019/4/19にIEOを行うことを発表し、発表後には中国メディアなどで大々的に記事として取り上げられたこともあり、IEO販売当日は販売時間わずか2時間15分で完売しました。過去にも、多数のユーザーを抱える大手取引所が行ったIEOがすぐに完売になることはありましたが、新興取引所であるEirenex社のIEOが同様に完売となる結果となりました。

マカオに本社を置く仮想通貨取引所Eirenex2019年4月23日に初のIEOを実施しました。

IEO発表前から注目を集めていたEirenexは、2019/4/19にIEOを行うことを発表し、発表後には中国メディアなどにて記事として取り上げられ、IEO販売当日はわずか、2時間15分で完売となりました。

過去にも、多数のユーザーを抱える大手取引所が行ったIEOが完売になることはありましたが、新興取引所であるEirenex社のIEOが完売となったことは快挙といます。

IEOとは?

IEOとは、ICOに似た資金調達方法ですがICOには、プロジェクトの審査基準がないことや、詐欺プロジェクトの横行、資金の持ち逃げなどいくつかのリスクが存在していました。

それに対してIEOとは、プロジェクトの審査、販売などを全て取引所が仲介に入って行うという方法です。

取引所が仲介に入ることで、プロジェクトの審査と販売を取引所が仲介として入ることでICOの信頼性が高いのか低いのかを投資家が判断できるようになりました。

今回の場合、Eirenex社が自社トークンのENCをIEOを実施しました。

IEOが注目される理由

IEOが注目される理由としては、上記で述べたようにプロジェクトの信頼性はもちろんですが、いくつかの取引所が過去行ったIEOのプロジェクトは成功を納めています。

成功例として大手取引所2社が行ったIEOを見てみましょう。

・BinanceがIEOしたBTT

2019年1月28日に IEOプロジェクトを発表

トークン:BTT

発行枚数:237.6億枚

販売期間:13分25秒で完売

上場:2019年1月31日

結果:上場後IEO価格の5倍以上で推移

(上の写真はBTTが上場してから4月25日での動向を示しています。)

・HUOBIがIEOしたTOP

2019年3月26日に実施

発行枚数:200億枚

1回目販売:3億枚 0.00117ドル/TOP

2回目販売:4.5億枚 0.00213ドル/TOP

3回目販売:7.5億枚 0.00255ドル/TOP

全て10分以内に完売

(上の写真はTOPから現在までのチャートです)

上場した後もIEO価格の5倍以上になり高い水準に留まっていました。

以上のように、2018年から弱気な市場が続いていた中、上記2社のIEOは大成功と言えるプロジェクトとなりました。

Eirenex社は、4月から6月にかけて段階的に大きな発表を予定しており、今回のIEOの完売は今後発表される情報への期待値の現れともとれます。

現在発表されている情報としては、OTCやBTC FXのシステムをリリースすることが既に決まっており、今後金融商品を扱う独自サービスも展開していく予定です。

公式HP:https://www.eirenex.net/

公式テレグラム:https://t.me/Eirenex_Jp

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。
サービスのご利用・お問い合わせに関しては、直接サービス提供会社へご連絡ください。CoinPostは本稿で言及されたあらゆる内容について、またそれを参考・利用したことにより生じたいかなる損害や損失において、直接的・間接的な責任を負わないものとします。ユーザーの皆さまが本稿に関連した行動をとる際には、必ず事前にご自身で調査を行い、ご自身の責任において行動されるようお願いいたします。
プレスリリース公開企業
業種

仮想通貨取引所

上場

未上場

本社所在地

No.180 Alameda Dr Carlos Southeast Asia Business center 19 floor Room S Maka

プレスリリース公開日時

Eirenex.co.,LTDの新着プレスリリース一覧


お問い合わせ 広告掲載はこちら