ビットコインが激しい価格変動を伴う4つの理由

ビットコインが大きく乱高下する理由
ビットコインは2017年12月末、過去最高値の約220万円を記録した後、大きく反落。2018年5月現在では、約90万円付近で取引されています。この記事では、高いボラティリティを引き起こす、4つの要素に言及しています。
ボラティリティとは
価格変動性のこと。相場のボラが大きければ大きいほど、ハイリスク・ハイリターンと言え、機関投資家の参入障壁の一つとなる。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

BTCの激しい値動き

ビットコイン価格は、2017年第四四半期〜2018年第一四半期にかけて、大きな乱高下を記録しました。

このような価格の大幅な上下は、なぜ起きるのでしょうか。

CoinMarketCapによると、2017年5月頃のビットコインは2,000ドル(約22万円)ほどで取引されており、2017年末には、過去最高値の約20,000ドル(約220万円)まで上昇、時価総額は実に3250億ドル(約35兆円)にまで達しています。

しかし、2018年第一四半期にはその反動で大きな反落を見せ、記事の執筆時点で、ビットコインは2017年12月の半値以下の8,000ドル(約88万円)で取引されており、時価総額も1430億ドル(約15兆円)ほどにまで縮小しています。

このように、ビットコインのボラティリティは非常に高くなっているのが現状です。

この記事では、不安定さを引き起こしていると考えられる4要素について記述していきます。

1.需要と供給

需要と供給という概念は、経済の基本であり、一般的に需要が高いものは、その価格も高くなる傾向にあります。

ビットコインは、そのプロトコルによって、「発行上限数:21,000,000BTC」と定められており、現時点で、今後マイニングされる残りの新規発行数は400万BTCとなりました。

仮想通貨への関心が高まる中、通貨発行上限量は、価格に影響を及ぼしていると言えるでしょう。

Mt.GOXの破産管財人など、大口が多額のBTCを送金する状況に陥ると、供給過多の予想を見越して、価格が急落する傾向にあるのです。

2.投機的側面

投機的側面では、投資家の意見、行動、メディアが大きな影響力を持ち、仮想資産の価格を大きく左右します。

有名な投資家が、仮想通貨に対して肯定的な意見を述べ、そのニュースがメディアを通して大衆に届くと、価格は好影響を受けやすく、ウォーレン・バフェットのような名の知れた投資家が、ビットコインに対して批判的な発言をすれば、仮想通貨価格に悪影響を及ぼす可能性があるのです。

3.規制問題

多くの人々が、仮想通貨業界に対する規制を悪いものとして捉えていますが、実際はその正反対です。

ビットコインは、発行されて10年近く経とうとしていますが、大規模な高騰は2017年に起こりました。

人々にとって、仮想通貨業界は”新しい業界”なのです。

あらゆる新規市場には、適切かつ明確な推進力のある規制が必要不可欠であり、投資家に理解できる枠組みを与え、安全性を確保することが求められています。

しかし一方で、この規制がどのように施行されるかで、ビットコインを始めとする仮想通貨全体の価格への影響が変わってくるのです。

以前、中国でICO規制が行われた際は、ビットコイン価格は5%下落し、イーサリアムは12%の下落を記録しています。

このように、単純な規制がビットコイン価格に多大な影響を及ぼすこともあるのです。

4.仮想通貨自体の変更

ビットコイン最大の特徴として、中央管理者がいないことが挙げられます。

しかしビットコインコミュニティは、重要な節目において、その基盤となるブロックチェーン技術の仕様変更について決断を行う場合があります。

そして、コミュニティ内でその変更に対して「完全な合意」が為されなかった際、仮想通貨のハードフォークが行われてしまうのです。

2017年、ビットコインに「SegWit」を適応するか否かでコミュニティで内部分裂が起こり、結果として、2017年8月にビットコインのハードフォークが発生。ビットコインキャッシュが誕生しました。

その過程で、7月頃からコミュニティ不安が募り、ビットコイン価格は、数日間で1900ドル(約20万円)まで下がり、再び2700ドル(約30万円)にまで回復するという大きな乱高下を記録しました。

このように、ビットコイン価格に影響を与える要素はいくつも存在し、依然として市場が未熟であることからも、短期的には高いボラティリティが収束することは難しいと言えるでしょう。

4 REASONS FOR BITCOIN’S PRICE VOLATILITY

May 23, 2018 by GEORGI GEORGIEV

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Koji Takahashikoji_cryptoCoinPostの海外在住ニュース担当記者

CoinPostの海外在住ニュース担当記者をしています。 海外大学への留学を経て、現在NZで生活をしながら、仮想通貨投資や記事の作成に取り組んでいます。