Aion、ICON、Wanchainがブロックチェーン相互運用同盟を発表

ブロックチェーン相互運用同盟
Aion、ICON、Wanchain社が、異なるブロックチェーン間の相互通信能力を向上させる目的の同盟を発表しました。
相互運用性の問題
非中央集権ネットワークの壁である相互運用の問題を解決するには、この分野の研究、調査に努力と時間が必要となります。

ブロックチェーンプラットフォームを運営する三社は相互運用性改善のために新しい同盟を組むことを発表しました。

Aion、ICON、Wanchain社の同盟は『Blockchain Interoperability Alliance(ブロックチェーン相互運用同盟)』と呼ばれ、異なるブロックチェーン間の相互通信能力を向上させる狙いです。

ブロックチェーンスタートアップNuco社CEOでありAION社創業者のマット・スポーク氏は、『プロジェクトのコラボレーションを通してブロックチェーン相互運用性の基準を設定し、より多くの企業や一般の人々が幅広い市場を通してブロックチェーンを利用できることを望んでいます。』と述べました。

相互運用性の問題(独自のコードと経済状態に制御される非中央集権型ネットワークの壁)はLinux Foundation支援のHyperledgerやEnterprise Ethereum Allianceを含む一部の企業向けプロジェクトの中で挙げられました。

もちろん、この同盟はどのようにブロックチェーン同士がコミュニケーションを取り取引されるかなど、この分野の研究や調査に努力と時間を費やします。

ICON Foundation一員のJ.H.キム氏は、『この同盟の目的は世界的に認められた基準を作り上げ、ブロックチェーンをつなげ、共にイノベーションすることです』と述べました。

New Alliance Sets Out to Boost Blockchain Interoperability

Nov. 28, 2017 by Stan Higgins

参考記事はこちらから