CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨市場回復の可能性・クジラの現状・SECの業界への影響ほか|BitcoinIRA COOが解説

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

BitcoinIRA COOインタビュー
BitcoinIRAの最高運営責任者のChris Kline氏は、Ethereum World Newsのインタビューに応じ、仮想通貨市場回復の可能性、XRPが証券でない理由、ビットコイン”クジラ”の影響力の低下などについて言及した。
IRAとは
Individual Retirement Account、個人退職口座)は、アメリカの個人年金制度の一つで、税制上の特典がある。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

BitcoinIRA COOインタビュー

Ethereum World Newsは26日、BitcoinIRAの最高運営責任者(COO)を務めるChris Kline氏へのインタビューを公開しました。

BitcoinIRAは、アメリカの個人年金制度(Individual Retirement Account)で、

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)

といった、6種類の仮想通貨購入を実現した企業です。

インタビュー内でKline氏は、仮想通貨市場回復の可能性や、ビットコインクジラの現状、アメリカ証券取引委員会(SEC)の規制懸念、XRPが証券でない理由、最近のハッキングの影響、アメリカの中央銀行の独自通貨発行などについて言及しました。

以下が、インタビュー全文です。

今後、仮想通貨市場は盛り返すと思うか

私は、仮想通貨市場が再び盛り返す可能性として、いくつかの理由が見え始めていると考えています。

第一に、ゴールドマン・サックスのBTC取引業務の開始や、米ナスダックがSMART市場監視システムを仮想通貨取引所Gemniに提供するなど、機関投資家の関心が高まって来ていることが挙げられます。

第二に、SECがビットコインおよびイーサリアムを”証券ではないと定義”し、規制の不透明性を払拭したことも影響しています。この不透明性は、私自身を始めとする多くの業界内の専門家が、市場停滞を引き起こしていると感じていたものです。

そして最後に、AmazonやFacebookなどの世界有数の企業が、多大な資金とリソースをつぎ込み、ブロックチェーン技術へのより良い理解と活用方法を模索している現状があります。実際に非中央集権型技術が、データの処理や管理など、世界の仕組みを徐々に変革させていっていることが挙げられるでしょう。

”クジラ”の意味と現状は

クジラは、ビットコインなどの大口投資家のことを指しており、仮想通貨市場は大海を示しています。

過去長期間に渡り、彼らは市場に対して、大きな影響力を有していましたが、仮想通貨市場が成熟するに連れて、彼らの影響力は低下していくと考えられます。

仮想通貨市場が成長し、規模がますます拡大していく中で、個人が市場に与えることのできる影響は減少していきます。規制局や司法省などが、悪意のある市場操作などに対抗し始めていることから、現時点でクジラが大きな波を立てることにメリットがあるとは言えない状況です。

先日のSECの発表は、仮想通貨業界にどのような影響を与えるか

仮想通貨市場にとってポジティブニュースであると言えます。

先ほど述べたように、Fundstrat Global Advisorsの研究責任者を務めるTom Lee氏や私自身は、規制の不透明性が価格停滞を引き起こしていると考えています。しかし、今回のSECの発表によって、その不透明性が無くなったのは良い傾向です。

SECの発言によって、規制当局とブロックチェーン技術業界が、適切な現代の金融業界の実現に向けて尊重し合い、協力的かつ生産的な関係を築いていることが示唆されています。

リップルは証券なのか

私個人としては、リップルは証券ではないと考えています。

SECの企業財務部長のWilliam Hinman氏は、ビットコインやイーサリアムが証券ではない理由について、以下のように述べています。

「現状のイーサリアムとイーサリアムネットワークは、非中央集権的構造を有していると理解している。よって、現時点でのイーサリアムの販売や提供は、証券取引ではない。」

リップルは、他の仮想通貨より中央集権寄りであるとされていますが、非中央集権に向け着実に歩みを進めているのです。またリップルプラットフォームは、XRPレジャー上に認可された承認者をユニークノードリスト(UNL)に追加し、承認者の多様化を目指していくことを宣言しています。

ハッキングは、仮想通貨規制を加速させてしまうのか

私は、ハッキングが仮想通貨業界におけるさらなる進展、変化の必要性を加速させると思っています。

実際、SECが全ての取引所に対し、証券登録を促し、悪意のある市場参加者を排除するため、複数のテクノロジープラットフォームにおける仮想通貨広告の廃止など、2018年はそれを象徴するような年でした。

さらに、Chainalysis社のような企業も、ビットコイン関連ビジネスの詐欺検知の支援を行なっています。

アメリカの中央銀行(連邦準備制度)は、独自の仮想通貨を発行するのか

中国や、イスラエルのような国々が、自国の法定通貨をデジタル化するような噂も耳にしますが、現時点でアメリカの中央銀行が米ドルをデジタル化する理由が見当たらないため、少なくとも短期的に見て独自通貨の発行はないと考えられます。

まとめ

このようにKline氏は、仮想通貨市場の現状を率直に語りました。

現時点で、ビットコインは先週から、さらに価格が落ち6160ドル(約67万円)で取引されており、仮想通貨業界は、未だ下落トレンドを脱退できていません。

しかしKline氏は、機関投資家の関心の増加およびSECの方向性が明確になってきていること、そして世界有数の多くの企業がブロックチェーン技術の発展、開発に励んでいることから、長期的に仮想通貨市場が盛り返すと宣言したことは、注目すべきことでしょう。

そして、現状ビットコインの海を悠々と泳ぐ”クジラ”も、仮想通貨市場が長期的に成熟し、成長するに連れて影響力を失い、仮想通貨のさらなる非中央集権化の加速が期待されています。

CoinPostの関連記事

ビットコインは有価証券に該当せず規制の対象ではない|米SEC委員長が言及
本質的に通貨として用いられる通貨は有価証券に該当せず規制の対象ではないと言及。 また仮想通貨トークンの"ICO"ではなく"IPO"実施に関して言及し、米法律に則った新たな形が生まれる可能性を示唆した。
ビットコインが大口投資家『クジラ』に価格操作をされていない理由
著名アナリストのPeter Brandt氏は、BTC価格の大幅下落について、CMEなどBTC先物市場の「クジラによる価格操作」を疑う一部メディアに反論。その根拠として、BTC先物市場のレバレッジに着目して解説した。

XRP Not A Security And Bitcoin (BTC) Whales Will ‘Die Out’, Says Crypto Expert

参考記事はこちらから
『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/23 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米SECのETHの証券性判断に高い関心
今週は、米SECによるイーサリアムの証券性判断、マイナーのビットコイン保有量の減少、自民党議員による仮想通貨についての発言に関するニュースが最も関心を集めた。
10:30
ムード悪化のビットコインは売りシグナル点灯、来週は材料豊富な1週間に|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、下落中の今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。米国大統領選前の初回テレビ討論会など材料豊富な来週の展望を読み解く。
06/22 土曜日
13:30
テクノロジー大手DELLの億万長者CEO、ビットコインに興味示す
米マイクロストラテジーのセイラー会長は、テクノロジー大手DELLのCEOに、仮想通貨ビットコインの希少性をアピールした。
12:30
ソラナブロックチェーンに「ZK圧縮」導入、レイヤー2無しで実現
ソラナブロックチェーン上でゼロ知識処理レイヤーを開発するLight Protocolとソラナのノード技術を提供するHeliusは22日、「ZK圧縮」というソラナのメインネットで直接利用できる技術をリリースした。
10:40
アーサー・ヘイズ氏、仮想通貨市場の上昇可能性語る 農林中金の外債売却計画背景に
BitMEXのアーサー・ヘイズ前CEOは日本の銀行が抱える米国債の問題を背景に、仮想通貨市場が上昇するとの独自見解を語った。
09:50
米フィデリティ、イーサリアム現物ETF申請で7.5億円の初期資金調達
米資産運用大手フィデリティの申請中の現物仮想通貨イーサリアムETFは、流動性提供のためのシードファンディング(初期投資金)で7.5億円を受けたことが判明した。
09:30
英金融大手SCB銀、機関投資家向けの仮想通貨取引業務を準備か
イギリス拠点の多国籍銀行スタンダードチャータード銀行(SCB)はFX部門の一部として仮想通貨取引市場に参入する計画であることが21日に報じられた。
09:00
ソラナはブロックチェーン領域の「macOS」──パンテラ評価
仮想通貨ソラナはブロックチェーン領域のmacOSのようであるとパンテラが評価。その理由を説明し、ソラナが成長していることを示すデータも公開している。
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。
14:00
ソラナDePINのHelium Mobile、機器メーカー向けに技術ライセンス供与を開始
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、機器メーカー向けに技術スタックのライセンスプログラムを開始すると発表した。独自ネットワークの拡大により、無線インフラ革命の加速を目指す。
13:15
円安ヘッジなどで30社以上の国内上場企業が仮想通貨を保有、日経報道
米マイクロストラテジーは2020年からインフレヘッジのためにビットコインを買い続けているが、日本企業の場合、進む円安の回避を目的とすることが多いようだ。
12:36
マイナー売り継続の中、ビットコインなど仮想通貨相場は冴えず
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が65000ドルを割り込んで2週連続続落している。半減期で資金繰りの悪化したマイナー売り継続が示唆される中、センチメントが悪化し、アルトコイン相場も売り優勢が続く。
11:35
「日本で暗号資産を再定義する必要」自民党木原誠二氏と平将明氏語る
自民党の木原誠二議員と平将明議員は、ビットコインなど仮想通貨を法的に再定義する必要性について話した。
10:20
米地裁、「XRPの二次販売が証券である可能性排除できず」州法上の訴訟で
米地裁判事はリップル社に対する新たな訴訟を承認。仮想通貨XRPの個人投資家への販売が証券にあたる可能性があるとしている。
09:40
ETF申請企業Bitwise、イーサリアムの動画広告を公開
米国でイーサリアム現物ETFの宣伝競争が開始する可能性があるとの声が、BitwiseがNFT動画広告を公開したことで上がった。動画の内容も明らかになっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア