マルチPCウォレット「エクソダス(EXODUS)」について解説

TOP画面から通貨の全資産額を確認できる
TOP画面から保有している全通貨の資産額、割合などがひと目で分かるデザインになっています。
USD,JPYなど複数の通貨で表示できるので価値がわかりやすい
設定によってJPY,USD,英ポンドで表示できるので価値換算が簡単に行なえます。
目次
  1. 対応通貨一覧
  2. 見やすいデザイン
  3. ダウンロードの方法
  4. コインの送受信
  5. バックアップの設定
  6. 便利な機能について
  7. まとめ
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
100万円以下の少額投資なら板取引がお得。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

対応通貨一覧

2017年9月現在、[EXODUS]が対応している通貨です。 Bitcoin,Ethereum,Litecoinといった主要コインからOmiseGoのような話題の通貨も保管することができます。

  • Bitcoin
  • Ethereum
  • Aragon
  • Augur
  • BAT
  • Civic
  • Dash
  • Decred
  • EOS
  • Gnosis
  • Golem
  • Litecoin
  • OmiseGo
  • Qtum

見やすいデザイン

[EXODUS]の特徴はデザインが見やすいことが挙げられます。 下の図のTOP画面からは現在保有している全通貨、それぞれの通貨の合計額がひと目で分かるようになっています。 割合もグラフで表示されるので瞬時にどの通貨の資産が多いのかも確認できます。

ダウンロードの方法

公式サイトから[EXODUS]をダウンロードします。

1.[DOWNLOAD]をクリックします。

2.対応OSを選択します。(ここではWindowsを選択。)

インストール後、デスクトップにアイコンが表示されます。起動させると下記の画面が表示されます。 これがTOP画面になります。

この画面で保有している全種類の通貨の総額を確認することができます。

コインの送受信

[EXODUS]では簡単な手順でコインの送受信が行なえます。

送信する場合

1.[wallet]を選択します。

2.送信したいコインを選択します。(ここではBitcoinを選択)

3.[SEND]を選択します。

4.送信したいアドレスを入力、またはQRコードを読み取ります。

5.送信するコインの数量を入力します。

6.[SEND]をクリックします。

以上で手順は完了です。取引が承認されれば送信が完了します。

受信する場合

送信してもらいたい相手に自分のアドレス、またはQRコードを読み取ってもらいましょう。

後は「送信する場合」の手順を、送信してもらう相手に行ってもらえばコインを受け取ることができます。

また、自分のアドレス、QRコードをプリント、またはメールで送信することも可能です。

バックアップの設定

PCウォレットにおいて、PCの不具合が起きてしまった時に備えてバックアップを設定しておきましょう。

1.まずはコインをデポジットしましょう。

※デポジットとは自分が持ってる資産を少量このウォレットに入れることです。[EXODUS]はデポジットを行わないとバックアップの設定は出来ません。

2.パスワードを任意で設定します。予測されにくいパスワードを設定しましょう。

3.次の画面で確認のため、再びパスワードを入力します。

4.12個のバックアップフレーズが表示されるので順番通りに紙などにメモしましょう。終わったら「完了」をクリックします。

※このメモは金庫などに厳重に保管して下さい。これが盗まれることはウォレットを盗まれることと同義になります。

5.これで設定はほぼ完了です。最後に自分のアドレス入力画面が出てくるので、アドレスを入力しましょう。

アドレス宛にバックアップ用のリンクを送信してくれます。

バックアップを行う際は、バックアップフレーズを入力するか、アドレス宛に送られたリンクを開けば、バックアップができます。

便利な機能について

[EXODUS]には便利な機能が付いており、自分なりに設定することが出来ます。

ここではいくつかの便利な機能について紹介します。

表示通貨の設定

2017年9月現在、[EXODUS]では15種類の通貨に対応しています。

その通貨をTOP画面に表示する通貨をカスタマイズすることができます。

[Setting]→[Assets]を選択し、自分が管理している通貨を選びます。

すると先程選択した通貨が表示されるようになりました。

この機能を利用すれば、例えばERC20トークンの総額がいくらなのかを簡単に表示することができます。上手く活用しましょう。

日本円で表示

基本設定ではUSDで総額が表示されますが、日本円でも表示することが出来ます。

[setting]→[Localization]→[JPY Japanese Yen]を選択します。

このように仮想通貨の単位がJPYで表示されるようになります。

まとめ

[EXODUS]は15種類の通貨を保管できるPCウォレットです。

操作性もシンプルで画面も見やすいのが特徴で、TOP画面から全通貨の総額資産を人目で確認することもできます。

便利な機能もついており、自分が利用しやすいようなカスタマイズを行えることもメリットです。

まずはインストールしてみましょう。

EXODUS公式サイト
仮想通貨のウォレット一覧 マルチカレンシーやコールドウォレットなど
多様なウォレットを紹介しています。ビットコイン対応ウォレットはもちろん、マルチカレンシー対応・コールド(ハード)ウォレット・モバイルウォレットなど、用途に応じた使い方を解説していきます。