ハウステンボスが独自通貨テンボスコインを発表/世界初の金本位制仮想通貨

長崎県佐世保市のテーマパーク、ハウステンボスが独自電子通貨「テンボスコイン」を発行
従業員向けにテスト導入後、将来的には法定通貨やビットコイン等と両替可能な仮想通貨になる予定です。テーマパーク入場料や園内サービス等で支払い可能です。
世界初の金本位制に基づく仮想通貨
金に価格を裏付けされた金本位制仮想通貨は世界初で、ハウステンボスは既に約50億円相当もの金を所有しています。

長崎県佐世保市のテーマパークである「ハウステンボス」は、独自電子通貨の「テンボスコイン」を従業員向けに発行し、テスト導入することを発表しました。

この決済システムの実証実験は従業員を対象に12月中旬から約3ヶ月間行われます。キャッシュレス化を行うことでサービス向上を目指しています。

テンボスコインとは?

独自電子通貨のテンボスコインは、将来的にテンボスコインを円やドルといった法定通貨、またはビットコイン等と両替可能な仮想通貨となる予定です。

この電子通貨は、スマートフォンアプリを通じて1テンボスコイン=1円で利用可能になります。

使用用途としては、テーマパーク入場料や飲食などの園内サービス、電気料金、ハウステンボスグループの他の様々なサービスの支払いなどといったものがあります。

更にハウステンボスは、テンボスコインを世界初の金本位制に基づく仮想通貨とする計画も立てています。つまりテンボスコインは金に裏付けされた金額で表されることになります。

ハウステンボスは既に1トンの金、つまり約50億円相当もの金を所有しています。

また、12月16日には「黄金の館」という施設で、所有する金の一部(総額約8億円相当)を公開予定です。

-世界初 金本位制に基づく「仮想通貨」創設を視野-社員対象に電子通貨の実証実験を12月開始 キャッシュレス化によるサービス向上めざす

2017年11月6日 ハウステンボス株式会社

参考記事はこちらから