CoinPostで今最も読まれています

世界的大財閥:ロックフェラー財閥所有のVCが仮想通貨市場参入

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ロックフェラー財閥所有のベンチャーキャピタル、仮想通貨投資機関と提携
世界的な影響力を持つロックフェラー財閥所有のベンチャーキャピタル、VenRock社が、ブロックチェーン技術リサーチ諮問機関で仮想通貨投資機関のCoinFund社と提携する運びとなりました。
VenRock社とCoinFund社の共通ビジョン
両社は、ブロックチェーン技術基盤のビジネスを構築する起業家を支援することを目指しており、この分野への参入の意図は「短期の利益の追求」ではないと述べています。VenRock社の共同経営者Pakman氏は、CoinFund社のメンバーが、長期的な視点を持っている点において、両社が同じビジョンを共有していることを明らかにしました。

ロックフェラー財閥所有のベンチャーキャピタル、仮想通貨投資機関と提携

仮想通貨に批判的だった著名な投資家、ジョージ ソロス氏(George Soros) が、ついに仮想通貨への投資を始めた模様との報道がなされましたが、その大きなニュースに引き続き、世界的大富豪として知られるロックフェラー財閥所有のベンチャーキャピタル、VenRock社が、ブロックチェーン技術リサーチ諮問機関で仮想通貨投資機関のCoinFund社と提携する運びとなりました。

初代ジョン ロックフェラー氏のスタンダードオイル社創業に始まるロックフェラー財閥は、莫大な富を築き上げ、ロックフェラー家は世界有数の大富豪とされています。

初代ジョン氏の孫にあたるローレンス ロックフェラー氏が、科学と技術を主な投資対象とするベンチャーキャピタルとして1969年に兄弟とともに興したのがVenRock社で、その名前にもロックフェラー家との繋がりが表されています。(VenRock は Venture + Rockfeller の意)

VenRock社は、大きな成功を収めているベンチャーキャピタルで、その先見の明と目利きの鋭さは、インテル やアップルがまだスタートアップ企業だった最初期から投資を行ったことで証明されています

最近の投資においても、NestやDollar Shave Clubは、短期間のうちに数十億ドルを超える企業へと成長を遂げています。

このVenRock社の共同経営者であるDavid Pakman氏は、Fortuneの技術と金融番組で、仮想通貨スタートアップへの投資に焦点を当てているCoinFund社との提携について、次のように語りました。

市場には、数多くの仮想通貨トレーダーがいますし、多くの仮想通貨ヘッジファンドもあります。しかしこの提携はそれらとは異なります。実際、この提携はベンチャーキャピタルのようなものです。 我々は、仮想通貨投資を行ってきただけでなく、実際にいくつかの異なるクリプト経済システムとクリプトトークンベースのプロジェクトの構築を助けてきたCoinFundチームと提携することを望んでいました。

CoinFund社は、仮想通貨業界では、CoinlistのようなICO (Initial Coin Offering/新規仮想通貨公開)を手助けするプロジェクトや、チャットアプリ作成の Kikなどの支援でとてもよく知られています。

共同創設者でCEOのJake Brukhman氏は、以下のように述べました。

経験豊富な企業と新興企業の提携が、ニューヨークの仮想通貨業界を強化することにとてもワクワクしています。我々は、VenRock社と緊密に連携しながら仮想通貨業界の起業チームを指導し、支援していく中で、そのチーム同士の「独特の相乗効果」を高めていくよう努力していきます。

VenRock社とCoinFund社の共通ビジョン

今回の提携により、両社は、ブロックチェーン技術基盤のビジネスを構築する起業家を支援することを目指しており、この分野への参入の意図は「短期の利益の追求」ではないと述べています。

実際、Pakman氏は、CoinFund社のメンバーは、長期的な視点を持っている点において、両社が同じビジョンを共有していることを明らかにしました。

また、Pakman氏と Brukhman氏は、多くのブロックチェーン支持者と同様、この技術が仲介業者を省く可能性に、とてつもなく大きなチャンスがあると考えています。 

番組の中で、Pakman氏は次のように語ります。

『門番』は、ユーザーに賃料や通行料を課します。仮想通貨出現の恩恵は、まさに、門番が、少ないことなのです。

そして、ベンチャーキャピタルもある意味、「門番」業であると認めながらも、限られた少数の人間が、どのプロジェクトが資金を得て起業を軌道に乗せるかを決めることには疑問を呈し、少数の人間による決断が大きな影響を与える状況が変わることを望んでいると述べています。

さらに、Pakman氏は、昨今のビットコイン価格の下落と低迷は心配ではないのかという番組ホストの質問に対してこのように回答しました。

ブロックチェーン技術は、分散台帳技術やトークンエコノミー、また、すべての市場参加者が影響力を持てることを通して、色々な市場に対して変革を起こす可能性があります。

さらに同氏は、ここ数ヶ月から1年という短期ではなく、5年から10年という時間軸で投資を見ているため、現在の価格については全く憂慮していないとも語りました。

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/15 土曜日
13:00
「CBDCの実証実験を行う先進国が増加」国際決済銀行レポート
国際決済銀行は中央銀行デジタル通貨についての調査結果を発表。特に先進国でCBDCの実証実験を行う国が増加していると指摘した。
11:30
エルサルバドル、ビットコイン投資家のための銀行設立を検討
この銀行は、ビットコイン投資家のためのもので、従来の銀行と比べて制限も少なくなる。承認されればビットコイン投資家が金融サービスを利用できるようになる。
10:10
バイナンス前CEOのCZ氏、BNB流通量の64%を所有=フォーブス
仮想通貨取引所バイナンスのCZ前CEOの資産総額がBNBトークンの価格上昇と共に増加。9.6兆円に達したと見積もられている。
08:50
ビットコインレイヤー2「Stacks」、9時間ほどブロック生成停止
仮想通貨ビットコインに属するレイヤー2ネットワーク「Stacks」は14日、ブロック生成が約9時間停止し、混乱に見舞われた。
08:30
金融庁、海外仮想通貨取引所LBankに警告
金融庁は6月14日、海外仮想通貨取引所「LBank Exchange」に対して、事務ガイドラインに基づき、無登録で仮想通貨取引を提供しているとして警告した。
07:55
BTC価格は25年末までに20万ドルへ=バーンスタイン
仮想通貨ビットコインの価格は25年末までに20万ドルまで上昇する可能性があると、バーンスタインのアナリストが予想を引き上げた。予想の根拠を説明している。
06:50
ビットコイン一時66000ドル割れ、280億円相当のロングがロスカット
仮想通貨ビットコインは15日、前日比1.3%安。14日深夜に66,000ドルを割り込み一時65,000ドルまで急落。その後反発し、66,000ドル台を回復した。
06:00
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増しの資金調達額を引き上げ
より多くの仮想通貨ビットコインを購入するために、マイクロストラテジーは14日、転換社債売却の発行額を引き上げた。
05:45
DMMビットコイン、顧客補償用ビットコインを調達完了
暗号資産取引所DMMビットコインは顧客への保証のためのビットコインをすべて調達した。
06/14 金曜日
17:45
オーケーコイン・ジャパン、トンコイン(TON)の新規取扱い開始を発表
国内暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)にトンコイン(TON)が上場することが発表された。TONは大手メッセージアプリTelegramが始めた分散型ブロックチェーンであるThe Open Network(TON)のネイティブトークン。
17:26
チリーズ(CHZ)が17日にハードフォーク Tokenomics 2.0を導入へ
Chiliz ChainがDragon8ハードフォークを計画。EIP-1559の実装とTokenomics 2.0で暗号資産(仮想通貨)CHZのユーティリティを強化する。
15:37
トンコイン(TON)が過去最高値を更新 テレグラム・エコシステムでの成長が後押し
暗号資産(仮想通貨)トンコイン(TON)は14日に史上最高値を更新し、一時8.00ドルに達した。テレグラム・エコシステムにおける統合と新機能の導入がその背景にある。
13:10
韓国最大手アップビット、RWA銘柄ONDOを新規上場
仮想通貨ONDOは、ブラックロックとPIMCOが提供する米国債ETFに投資するRWAオンチェーンファンドOndo Financeのガバナンストークン。発表後一時16%急騰していた。
12:30
リップル社、罰金はテラフォームラボの事例と比べても過大と主張 対SEC裁判で
リップル社は米証券取引委員会との裁判で、再度SECの提案した罰金額は過大と申し立てた。テラフォームラボの件を参照している。
12:19
ビットコイン相場はCPI・FOMC通過で乱高下、売り買いのシグナル交錯へ
暗号資産(仮想通貨)市場では、CPIやFOMC結果を受けビットコイン(BTC)が乱高下するなど一時ボラティリティが急上昇した。大手マイナーの売りシグナルやCMEの先物ショートの行方にも関心が集まる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア