先読み投資情報 7/15〜7/21|最注目の仮想通貨とイベント一覧(ビットコイン先物・バイナンスコイン他)

来週最注目の仮想通貨とイベント一覧
来週(7/15〜7/21)以降に価格上昇などを期待できる好材料など、最注目の仮想通貨や最新のイベント情報まとめ。バイナンスコインのburn(バーン)、シカゴオプション取引所(Cboe)で販売しているBTCの先物契約(XBT)の7月決済日が近づいています。
burn(バーン)とは
通貨の何割かを消滅させて、流通量を減らすこと。 需要が保たれたまま流通量が減少することで、希少性が増すと判断され、投資家が集い、高騰しやすいと言われている。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

来週の注目イベントと通貨

7/15(日曜)〜7/21(土曜)までの仮想通貨市場を影響する可能性のある注目イベントと、注目通貨情報をまとめています。

7月18日(水):BNBトークンのBurn

世界最大の取引所Binanceが発行したBNBトークン(時価総額17位)のバーンが7月18日(水)に行われます。

BNBのホワイトペーパーによれば、Binance取引所の利益の20%でBNBトークンを買戻し、永久使用不可能とし、最終的にBNBトークン総発行量が半分になるまで四半期ごとにバーンを行い続けると約束しています。

理論上、バーンで流通量を減らすことによって、トークンの希少価値が高まることが期待されますが、過去に行われた三回のバーンが全て価格上昇を伴ったとは言えません。

先日、Binanceは「仮想通貨取引所開設同盟計画」をトライアル始動しているため、BNBトークンの需要拡大が見込まれています。

さらに、市場が低迷し続けている現在でもBinance CEOのCZ氏は2018年前期の収益が330億円であると表明し、年間純利益を550億円以上と見込んでいます。

バイナンスが世界一の収益をあげる仮想通貨取引所になる見通し|2018年前期は純利益330億円
バイナンスは2018年前期の利益が約330億円であったことを明かしました。2018年の純利益は550億円から1100億円を見込み、世界一の収益を上げる仮想通貨取引所になる見通しです。
バイナンスCZ氏:ピークから70%減でも仮想通貨の市況感は依然ポジティブ
世界有数の取引所バイナンス代表のCZ氏は、市場価格が大幅下落した現在でも、昨年より市況感は良いとの見解を示した。強気発言の背景には、前期に純利益330億円を上げるなど、取引所利用者の増加ペースが衰えない市場規模の拡大がある。

7月18日(水):XBT(Cboeのビットコイン先物)、先物契約の決済日

シカゴオプション取引所(Cboe)で販売しているBTCの先物契約(XBT)の7月決済日が18日(水)となります。

決済日に近づく契約取引がどのようにBTC相場に影響を及ぼすかについて、多数の投資家が関心を寄せています。

出典:Cboe

また、先日CboeがBTC上場投信(ETF)を申請したことが話題となり、SEC公式サイトではパブリックコメントを募集し始めました。

上場審査判断に向け、投資家たちが様々なコメントを寄せており、各国の市場からも高い関心を集めています。

CBOEがSECへ新たにビットコインETFライセンス申請
CBOE(シカゴオプション取引所)は先月26日にビットコインETFに関する書簡をSEC(米国証券取引委員会)に提出。SECがビットコインやイーサリアムは有価証券に該当しない事を踏まえ、今回の申請は通るのではないかと注目を集めている。
米証券取引委員会:ビットコインETF申請に関する「要望欄」を公開、投資家のコメントが急増
停滞する仮想通貨市場のトレンド転換点となり得る「ビットコインETF」の上場に向け、SEC公式サイトで意見を募っている。申請可否の判断については、8月前半に行われる可能性があると各所で予想されている。

7月19日(木):Hempcoin(THC)がアップグレードしトークンスワップを実施

Hempcoinがアップグレードを行い、新しいブロックチェーンに移行します。

それに伴い、7月19日にトークンスワップ(1:1)を行い、大手海外取引所Bittrexがそれを支持するようです。

ハードフォークとトークンスワップの詳細はこちら

先週の動き

7月12日(木)にメインネット移行を実施したNulsプロジェクトが、上昇トレンドに転換しました。

出典:TradingView Nuls/BTCチャート

また、メインネット移行を祝って、毎日Nulsトークンを無料配布すると発表しています。

免責事項

当サイトで書かれている情報は、独自の調査に基づいたものであり、正確性を保証するものではありません。

投資情報からの不利益や損害については、当サイトでは一切の責任を負いかねます。

仮想通貨や上場企業に投資される際は、ご自身で入念に調査した上、ご判断下さい。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。