イーサリアム

Parity社:約340億円のイーサリアム凍結問題で”分裂”を行う意思はない

イーサリアム

かつて「The DAO」事件でコミュニティの分裂が起き、イーサリアムとイーサリアムクラシックに分裂してしまったこと歴史があることもあり、今回のETH凍結事件でのフォークが懸念されていましたが、同社は”今回の事件でフォークを実施する意思はない”ことを発表しました。

揺れるイーサリアム:発行上限は投機的な価値とシステムの流動性にどう影響を及ぼすか

イーサリアム

23歳のイーサリアム創業者vitalik氏が投資家、開発者などに対し、イーサリアムの発行上限枚数を設定するという提案。発行上限を設けてもブロックチェーンを維持するのに必要な報酬は確保でき、設けない場合長期的にプロジェクトの価値が疑われるとの発言をしました。