CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨イーサリアムの進化、ブテリン氏が示すZK-EVM統合案とレイヤー2の未来とは?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ZK-SNARKsを活用する計画

イーサリアム(ETH)共同創業者のヴィタリック・ブテリン氏が、ZK-EVMのイーサリアムレイヤー1(L1)への統合に関する新たな提案を14日、ブログで公開した。この提案は、イーサリアムの効率とセキュリティを大幅に向上させる可能性を示唆している。

ブテリン氏によると、将来的にはライトクライアントの機能が強化され、ZK-SNARKsを活用してイーサリアムネットワークのレイヤー1 EVMの実行を完全に検証することが可能になると予想されている。これにより、事実上のZK-EVM(ゼロ知識証明イーサリアム仮想マシン)がイーサリアムネットワークに存在する状態となり、これを最大限に活用するための検討が求められている。

zk-SNARKsとは

「zk-SNARKs」とは、ゼロ知識証明のこと。証明(Proof)プロトコルの一種であり、証明者が「自身の主張は真実である」以外の情報を検証者に開示することなく、その主張が「真実である」と証明するメカニズム。

▶️仮想通貨用語集

L2の構造的な課題

ブテリン氏は、イーサリアム上のレイヤー2 EVMプロトコル、特にオプティミスティックロールアップ(OP Rollups)やZKロールアップ(ZK Rollups)が直面している課題について詳細に説明している。

これらのプロトコルは、イーサリアムのプロトコルに存在するEVM機能を複製しており、中でも、EVM等価性を特徴とする(L2の)ZK-EVMは、実質的にレイヤー1(L1)のイーサリアムブロックの検証と同じ作業を行っている状況だ。つまり、L1にアップデートがあれば、それに追従するためにL2側でガバナンスの必要性が存在する。

しかし、ブテリン氏によると、イーサリアムのレイヤー1がZK-EVMを直接提供することにより、レイヤー2でのガバナンスの必要性が大幅に減少し、その結果、レイヤー2の効率とセキュリティが向上する可能性がある。

ロールアップとZK-EVMとは

イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決すると期待されるロールアップは、オプティミスティック・ロールアップ(Optimistic Rollup)とゼロ知識証明を活用したソzkロールアップの2種類に分類される。ORsの代表例は「Optimism」と「Arbitrum」。ZK-EVMsには、「zkSync」や「Scroll」、「StarkNet」などがある。

▶️仮想通貨用語集

関連:ブロックチェーンのレイヤー2とは|種類や注目点、代表的なネットワークを解説

「Enshrined ZK-EVM」の基本構造

「Enshrined(納められた)ZK-EVM」と呼ばれるこのプランでは、イーサリアムブロックの証明生成に現在必要な計算リソースと時間を削減するために、大規模な並列化と「再帰的なSNARKs」の使用が提案されている。これにより、複数の証明を効率的に統合し、プロセス全体の効率を向上させることが可能になる。

さらに、EIP-4844の「ブロブ」トランザクションに似た新しいトランザクションタイプ(ZKEVMClaimTransactionなど)が導入されることで、L1のMempool(メモリプール)でのデータ転送を効率化。これには、関連するトランザクションと証人データが正しいことを証明するZK-SNARKが含まれている。

関連:イーサリアムの次期アップグレード「Dencun」、EIP-4844の重要性とメリットとは?

クライアントのローカル環境にある、ブロックデータに関連付けられた追加情報を格納する「サイドカー」を二つに分割し、一つは「ブロブ」(一時的な大容量データパケット)用、もう一つは「証明」用にする。それぞれのタイプの証明に対して別々のサブネット(ネットワーク内の分割された区域)を設ける。出典:notes.ethereum.org

また、コンセンサス層(ブロックチェーンでの合意形成プロセスの一部)において、新しい検証ルールが導入される。このルールにより、クライアントは、ブロック内の各主張(クレーム)に対して有効な証明(ZK-SNARK)を確認する。

クライアントは、必要なN個の証明のうち、最低限必要なM個が揃うまでブロックの承認を保留でき、このプロセスはブロックチェーンネットワークの整合性を維持し、悪意のある行為やエラーによる不正なブロックの承認を防ぐために重要となる。

関連:StarkNetとは|zkロールアップのレイヤー2として注目を集める理由、開発計画を解説

L2プロジェクトの役割

現在、L2プロジェクトはイーサリアムのスケーラビリティと効率を向上させるためにブロックの検証とトランザクション処理を担当している。ブテリン氏の提案によれば、ZK-EVMの統合によってL2プロジェクトは、引き続き多くの重要な機能を担うことになる

例えば、L1のスロット(ブロック生成関連)の速度が遅延する可能性があるため、L2プロジェクトは迅速な事前確認を提供することで、ユーザーエクスペリエンスを向上させることが期待される。

また、これらのプロジェクトは、EVMの拡張により、Arbitrum StylusのWASMサポートやCairo言語のような新しいアプローチを提供し、イーサリアムエコシステムの効率とスケーラビリティをさらに向上させる役割を果たすことになる。

関連:「イーサリアム、ビットコインの上昇率を上回る見込み」JPモルガン来年予測

課題の詳細

ブテリン氏の提案では、マルチクライアントシステムの選択肢とそのトレードオフが検討されている。マルチクライアントシステムとは、異なるクライアント(ソフトウェア)が同じブロックチェーンプロトコルを実行するシステムのこと。

既存のZK-EVM(PSE ZK-EVM、Polygon ZK-EVM、Kakaroなど)を含むクローズドシステムとオープンシステムの間でバランスを取ることが重要であり、これにより、ネットワークのセキュリティと効率を維持しつつ、柔軟性とイノベーションを促進することができるとされている。

さらに、ZK-EVMに関連する監査可能性やアップグレード可能性などの課題も挙げられている。これらの課題を克服することにより、イーサリアムブロックチェーンのセキュリティと信頼性が向上し、ブロックチェーン技術の新たな道が開かれることが期待されている。

関連:ブロックチェーンのレイヤー2とは|種類や注目点、代表的なネットワークを解説

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。
12:36
NYダウ反落、ビットコインは上昇一服 アナリストは強気・弱気で見解割れる
暗号資産(仮想通貨)相場ではNYダウなど株式市場の反落もありビットコインが上昇を一服。今後の展望について、アナリスト間では、強気・弱気シナリオで見解が別れている。
11:30
韓国で「仮想通貨ユーザー保護法」が施行 保険加入など義務付け
韓国政府は19日、仮想通貨ユーザー保護法を施行した。投資家保護に重点を置いており、ユーザー資産保護や取引監視を定めている。
10:25
分散型予測市場ポリマーケット、バイデン米大統領の選挙撤退予測90%到達
仮想通貨ポリゴン基盤の分散型予測市場「ポリマーケット」で、バイデン米大統領が選挙から撤退する予測が一時90%まで到達した。
09:55
ビットゴーがビットコインL2・仮想通貨「Stacks」と提携 sBTCも取扱い予定
ビットコインのレイヤー2Stacks(STX)は大手仮想通貨カストディ企業BitGOと提携。BitGOはStacksのトークンなどを取り扱う。
08:00
中国テンセントなど、ブロックチェーンデータ企業「チェーンベース」に23億円出資
チェーンベースは、大手テンセント・インベストメント・グループとマトリックス・パートナーズ中国が共同主導するシリーズAラウンドで1,500万ドル(23億円)を調達した。
07:40
WazirXの仮想通貨の盗難被害、北朝鮮が関与か
シバイヌトークンやイーサリアムなど200種類以上の仮想通貨360億円超相当が、インド大手取引所WazirXから盗まれた。同社は初期調査の結果を公表している。
07:00
マウントゴックスの債権者の一部はビットコイン保有を選択か=Redditの世論調査で
マウントゴックスの受託者アドレスの現在の残高は47,228 BTCのビットコインで、4,740億円に相当する。まだ大部分の仮想通貨BTCは債権者の元へ返されていない状況だ。
06:30
トランプ氏、「ビットコイン2024」で円卓会議の資金調達を予定
米共和党の大統領候補ドナルド・トランプ氏は、来週開催されるビットコイン会議「ビットコイン2024」の参加者に対し、円卓会議に参加するために84万4600ドルを支払うよう求めている
07/18 木曜日
15:15
米金融大手ステートストリート、独自のステーブルコイン発行検討か
米ボストン拠点の金融大手ステートストリートは、ブロックチェーン上の決済方法を模索しており、仮想通貨ステーブルコインの発行を検討していると報じられた。
14:00
ヴィタリック、仮想通貨支持派という理由のみで政治家を選ぶことに反対
仮想通貨イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、米国選挙に向け「仮想通貨賛成派」であると主張しているか否かだけで、候補者を選ぶことに対して警告を発した。
12:00
SECが承認、グレースケールのイーサリアムミニ・ETF 手数料低減で資金流出を防ぐ狙い
米SECはグレースケールによるイーサリアムミニETFの19b-4様式を承認。他社のETH現物ETFと同時ローンチする可能性が高まった。
11:30
グレースケール、NEARやRNDRなどに投資する分散型AI関連ファンドを販売開始
米大手仮想通貨投資会社グレースケールは、新たに分散型AI関連のファンド(投資信託)をローンチした。投資割合はNEAR(31.87%)とFIL(30.03%)が最も高い。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア