CoinPostで今最も読まれています

イーサリアムの次期アップグレード「Dencun」、重要性とメリットとは?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Dencunの概要

2024年1月25日現在、イーサリアム(ETH)ネットワークのコア開発者たちは、重要な次期アップグレード「Dencun」の実装に向けたテストを進めている。

このアップグレードは、合意形成層の「Deneb」と実行層の「Cancun」という2つのアップグレードを統合したもので、「Dencun(デンクン)」と呼ばれる。

Dencunは残り2つのテストネット、SepoliaとHoleskyで試験される予定で、それぞれのアップグレード時期は1月30日と2月7日頃に設定されている。一部報道によれば、メインネットでの実装は早ければ3月に行われる見込みだ。

全体として、Dencunはイーサリアムネットワークの拡張性と効率性を向上させ、長期的な成長と発展を支援すると期待されているが、重要事項の一つは「EIP-4844:プロト・ダンクシャーディング(Proto-Danksharding)」の導入である。

この新機能はレイヤー2(L2)からレイヤー1(L1)へのデータ転送コストを削減し、結果としてレイヤー2のユーザーにとっての取引手数料を大幅に引き下げることが期待されている。

L2とは

「レイヤー2」の略で、「2層目」のネットワークのこと。全ての取引をメインチェーンで処理すると負荷が大きくなり、処理速度の低下やネットワーク手数料の高騰につながる。取引の一部をL2で行うことで、メインチェーンの負荷軽減や処理速度の向上を期待できる。例、アービトラム、オプティミズム、Baseなど。

▶️仮想通貨用語集

しかし、この変化がイーサリアムの手数料の構造と供給量のインフレペースに影響を与える可能性があるため、投資家はこの動向を慎重に監視している状況だ。

この記事では、EIP-4844の影響を中心に、Dencunアップグレードの全体的な概要を詳しく解説する。

目次
  1. EIP-4844の重要性
  2. EIP-4844の影響
    ETH供給量への影響
  3. 他の実装内容

EIP-4844の重要性

プロト・ダンクシャーディングは、ロールアップ技術を採用するL2ソリューションを利用して、イーサリアムブロックに低コストでデータを追加する新たな方法を導入する。

関連スケーリング問題の打開策「ロールアップ」とは|仕組みや注目点を詳しく解説

プロト・ダンクシャーディングは、ブロックチェーンデータを複数の部分に分割し、それぞれを処理するシャーディング技術への移行の初期段階と位置づけられている。

プロト・ダンクシャーディングのアプローチでは、「データブロブ」と呼ばれる一時的なデータパケットをブロックに添付する。データブロブは、大量のデータを保持することができるが、イーサリアムの仮想マシンによって永続的には保存されないため、ブロックチェーンの永続的なストレージを圧迫することなく、効率的に大規模なデータ転送を実現する。

ダンクシャーディング:次のステップ

Dencun実装後に計画されている「ダンクシャーディング」のステージでは、ブロブが最大64個まで拡張される予定。また、このステージでは、さまざまなバリデータがブロックの作成と提案のタスクを分担するアップグレードも実施される。

イーサリアム財団によると、プロト・ダンクシャーディングとダンクシャーディングの両方が、ユーザーがレイヤー 2で行うトランザクションのコストを可能な限り低減することを目指している。これらの技術は、イーサリアムのトランザクション処理能力を1秒間に10万件以上に拡大することを目標としているという。

関連ヴィタリック氏、イーサリアムのスケーリングソリューション「EIP4844」を紹介

EIP-4844の影響

米Coinbaseの23年末のレポートによると、プロト・ダンクシャーディングが実装されれば、オプティミズム(OP)やアービトラム(ARB)などのL2スケーリングソリューションの取引手数料を2-10倍低減すると試算されている。

出典:Coinbase

取引手数料が安価になる期待感から、L2でのオンチェーン活動に増加傾向が見られた。主要なL2ネットワークにロックされた総価値(TVL)は、24年1月12日には230億ドル(当時約3.4兆円)超まで急増した。シェアはアービトラムの「Arbitrum One」が1位、オプティミズムの「OP Mainnet」が2位を占めた。

ETH L2全体のTVLガ増加傾向 出典:L2beat

関連:アービトラム(ARB)がDEX取引量でイーサリアムを上回る、L2トークンが過去最高値更新

現在、イーサリアムのレイヤー2(L2)ネットワーク上の手数料は、ソラナをはじめとする次世代のレイヤー1(L1)ブロックチェーンに比べて高い水準にある。

ソラナとL2やETHの手数料比較(23年10月3日時点) 出典:Messari

Chain Compareの集計によれば、執筆時点にソラナの平均取引手数料は、1取引あたり約0.00025ドル、アービトラムのETH送金コストは約0.10ドル、トークンの好感コストは約0.28ドルと推定される。

将来的に「データブロブ」の導入によって取引手数料が低減され、イーサリアムL2の手数料がソラナやニアプロトコルの水準に到達するかどうかは、イーサリアムの競争力と市場ポジションに関して重要な焦点となる。2024年の重要な注目点として注目する機関も少なくない。

関連「イーサリアム、ビットコインの上昇率を上回る見込み」JPモルガン来年予測

ETH供給量への影響

プロト・ダンクシャーディングは仕組み上、イーサリアムの供給量に影響を与える可能性があるとの指摘が上がった。

この機能はイーサリアムの供給に直接的に影響を与えるものではないが、イーサリアムをバーン(焼却)する数量が減少する可能性があるというのがその理由だ。

イーサリアムのブロックチェーンでは現在、取引手数料のうちベースフィー(基本手数料)がバーンされている。L2で取引手数料が下がれば基本手数料が低位で安定し、バーンの数量が減少して循環供給量が増加していくという見立てだ。

仮想通貨投資企業CoinSharesでイーサリアムのリサーチを行うLuke Nolan氏は、L2から支払われているガス代は「コールデータ(Calldata)」というデータの使用に使われている額が90%を占めると指摘。プロト・ダンクシャーディング実装後は、コールデータがブロブに置き換わる。

一方でNolan氏は、イーサリアムで急激にトークンインフレが進む心配はないとの見方を示した。L2の取引手数料が安価になることでイーサリアム自体の需要が増加するため、プロト・ダンクシャーディングが循環供給量に与える影響は限定的と述べている。

関連アップグレード「Dencun」がイーサリアムの供給量に与える影響を分析=CoinShares

また、米大手仮想通貨取引所コインベースも2024年に向けたレポートで、プロト・ダンクシャーディングによってブロックチェーン上の活動が増加したり、新しいユースケースが誕生したりするだろうと予測。L2がプロト・ダンクシャーディングに対応し、2024年上半期の間には取引手数料が実際に下がると予想している。

そして、L2でロールアップのブロック生成を管理する「シーケンサー」が支払う取引手数料は全体の10%以下であると指摘し、L2の活動が増えない限りバーンされるイーサリアムの割合が増加する可能性は低いとの見方を示した。

他の実装内容

その他にもDencunで実装予定のEIPsは、以下のようなものが含まれる。

  • EIP-1153 – 一時的なデータの保存に使用され、トランザクションごとにリセットされる新たなオペコードの導入により、ストレージコストを削減し、ネットワーク全体の効率性を向上させる。
  • EIP-4788 – イーサリアムの実行レイヤーに「ビーコンチェーンブロックルート」という新たなデータを追加。これにより、ステーキング残高など、ビーコンチェーンブロックの状態に含まれる値の証明が可能になる。
  • EIP-6780 – SELFDESTRUCTオペコード(スマートコントラクトを終了させる機能)の排除により、セキュリティと効率性を向上させる。
  • EIP-5656 – イーサリアム仮想マシンに関連するマイナーなコード変更を導入する。

関連イーサリアム、次期アップグレード「Dencun」のテストを開始

仮想通貨初心者向け特集

イチから学ぶ仮想通貨投資、ビットコインの買い方まで徹底解説 どれを買えばいい?仮想通貨(ビットコイン、アルトコイン)銘柄の選び方
人気銘柄別、日本国内の仮想通貨取引所、おすすめ5選 仮想通貨の仕組み【初心者向け図解】暗号技術と問題点について
CoinPostアプリで優位性を Twitter投稿が3億円の価値に|大企業も注目する「NFT」の仕組みと可能性
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/21 水曜日
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。
14:36
Uniswap v4は2024年第三四半期に実装へ
Uniswap v4が2024年第3四半期にリリース予定。新機能「フック」の導入、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムDencunアップグレードの影響、および監査プロセスに焦点を当て、ロードマップの近況をまとめる。
14:14
LINE NEXT、読んで稼ぐ「ReadON」と提携 コラボNFTを販売
NFT市場DOSIを手掛けるLINE NEXTが、読んで稼ぐアプリReadONとの提携を発表。コラボデジタルアイテムを2月21日に発売。Web3エコシステムにおけるマーケティングやビジネス領域での連携を図る。
12:23
50000ドル台で揉み合うビットコイン、イーサリアム先物市場に過熱感も
暗号資産(仮想通貨)市場では半減期を控えるビットコインが50000ドル台で一服。続伸中のイーサリアムは先物市場のOI(未決済建玉)に過熱感も見受けられる。
11:30
スタートアップ育成のY Combinator、ステーブルコインへの取り組み推奨
Y Combinatorはスタートアップ企業への推奨分野を発表。「ステーブルコインを使った金融」にも巨大なチャンスがあると述べている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア