ヴィタリック氏、イーサリアムのスケーリングソリューション「EIP4844」を紹介

取引手数料をさらに低下させる改善案

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は19日、スケーリングソリューションの一つ、「EIP4844」という提案を紹介した。

このEIP(イーサリアム改善案)は「proto danksharding(プロト・ダンクシャーディング)」とも呼ばれており、シャーディング実装前の段階で、イーサリアムのガス代(取引手数料)を大きく下げることが期待されている。

シャーディングとは

ノードを幾つかのグループに分割して、同時並列でトランザクションの検証作業を行う技術。イーサリアムの送金遅延や手数料増加など「スケーラビティ問題」に対する解決策の一つ。 データベースを水平方向に分割、検証作業を並列化することで処理能力の大幅向上が見込める。

▶️仮想通貨用語集

開発の背景

背景として、現在イーサリアムのネットワークが混雑し、取引手数料が高くなる傾向がある。シャーディングはこの問題を改善するものだが、実装されるには、まだ相当な時間がかかることが予想されている。

そこで、短期、中長期の解決策として、メインチェーンの外で取引を実行するレイヤー2ソリューション「ロールアップ(RU)」が開発されているところだ。

関連イーサリアム2.0、スケーラビリティ問題を改善するロールアップを識者が図解

レイヤー2(L2) とは

「2層目」のブロックチェーンのこと。全ての取引履歴をメインチェーンに書き込むと負荷が大きくなり、処理速度の低下やネットワーク手数料の高騰につながる。そこで、取引履歴の一部をオフチェーンサイドチェーンに記載するようにすることでメインチェーンへの負荷軽減や処理速度向上を期待することができる。

▶️仮想通貨用語集

しかしロールアップを導入しても、イーサリアム以外の一部仮想通貨チェーンと比較して、手数料が高くなることもまた想定されており、さらなるコスト減が望まれていた。今回ヴィタリック氏が紹介したEIP4844は、これを叶えるものとなる。

EIP4844の仕組み

HashHubのブロックチェーンエンジニアの「const/コンスト」氏は、このEIP4844について解説し、見解を示している。

コンスト氏は、次のように説明した。

EIP-4844では、L2がL1に書き込むのに使える専用のトランザクション(blob transactions)を導入します。書き込まれたデータはblobと呼びます。L1に書き込まれたL2のデータは一定期間取得できればよいため、blobは一定期間で破棄されます。これによりノードはディスク使用量を抑えられます。

各ノードが負担するコストが小さいために、L2がL1(メインチェーン)へ書き込むコストも低くなり、結果としてL2のトランザクション手数料を削減できるという。

現在、イーサリアムのスケーリングソリューションとして様々なプロジェクトが開発を進めている。代表的なロールアップソリューション「Optimism」は18日、シリーズBラウンドで1.5億ドル(約170億円)を資金調達したと明かした。

関連イーサリアムL2「Optimism」、シリーズBで170億円を資金調達

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します