イーサリアムL2「Optimism」、シリーズBで170億円を資金調達

イーサリアムの処理能力向上へ

暗号資産(仮想通貨)イーサリアムのL2ソリューションを開発するOptimismは18日、シリーズBのラウンドで1.5億ドル(約170億円)を資金調達したことを明かした。

時期は「最近」と説明しており、資金調達の企業評価額は16.5億ドル(約1,950億円)。公式発表には記載していないが、テクノロジーメディア『TechCrunch』に、大手ベンチャーキャピタルのAndreessen Horowitz(a16z)とParadigmがシリーズBを主導したと説明したという。今回の資金を活用し、今後も開発者の体験やネットワークの安定性の向上、手数料の削減に取り組んでいくとした。

L2とは

「レイヤー2」のことで、「2層目」のブロックチェーンを指す。メインのブロックチェーンと区別するために使用される用語。

▶️仮想通貨用語集

Optimismは、「Rollup(ロールアップ)」という技術を活用し、イーサリアムブロックチェーンのスケーラビリティを向上するために開発を行っている。「Rollup」は「巻き上げて束ねる」といった意味で、イーサリアムブロックチェーンの外部でトランザクション処理を行なって、それを1つにまとめてからメインチェーンに記録する仕組みのこと。この技術を導入することで、ネットワークの混雑解消、それによって手数料削減などにつながると期待されている。

今回の発表では、メインネットローンチ後1年の成果として、以下の3つを挙げた。

  • Optimismのユーザーが合計10億ドル(約1,180億円)の手数料を節約できた
  • 何千ものコントラクトがデプロイ(展開)された
  • Optimismのコードを使って3つのフォークが実行された

手数料については昨年30%超削減したと説明しており、今後はさらに下げられるように開発を続けると述べている。

今後の計画

Optimismがメインネットをローンチしたのは2021年1月。この時はまだ「ソフトローンチ」で、利用できるプラットフォームも制限していた。その後、同年12月にネットワークを一般開放している。

出典:Optimism

関連イーサリアムL2「Optimism」、ネットワークを開放

上記は公式ウェブサイトの画像。これまでの歩みと今後の計画を示している。この計画によると今年は「次世代のFault Proof」に注力する予定だ。Fault Proofとは、イーサリアムのメインチェーンに提出したL2のトランザクションに、間違いなどの問題があった時に行う「意義申し立て」を指す。

このFault Proofについて、Optimismは今月10日に「Cannon」という新しい仕組みを正式に導入することを発表。Cannonの導入によって、イーサリアムブロックチェーンと等価(EVM-equivalent)なL2をシンプルに実現できるようになると説明している。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します