CoinPostで今最も読まれています

イーサリアム2.0、スケーラビリティ問題を改善するロールアップを識者が図解

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

数年かけイーサリアム2.0へ

イーサリアム2.0への移行に向けて鋭意開発が進むなか、その複雑な移行過程について、識者(trent.eth)が図解した。スケーラビリティソリューションであるRollups(ロールアップ)が、どのように関わってくるかについても説明している。

イーサリアムは現在、ネットワーク負荷上昇時のトランザクション詰まりやGas代高騰など、慢性化するスケーラビリティ問題の解決等を図るにあたり、イーサリアム2.0への移行を進めており、2.0ではコンセンサスアルゴリズムなど、ネットワークの核となる部分にも変更がある。

関連:監査企業Quantstamp「イーサリアム2.0の開発は順調」

まず、trent.ethの説明によると、重要なポイントとして、今のイーサリアムのデータ、DAppsなどはフェーズ1.5までは何も変化が加えられないという。

移行の各段階

フェーズ0

フェーズ0では、デポジットコントラクトに十分なイーサリアムが預けられたのち、ビーコンチェーンが既存のイーサリアムチェーンとは別にローンチされる。ビーコンチェーンのみなのでテスト段階の意味合いも強いとされる。

デポジットコントラクトは、イーサリアム2.0にてバリデーターになるためにイーサリアムを預ける(ステーキングする)コントラクトで、現在、監査の終了を待っている段階だ。

関連:イーサリアム2.0のデポジットコントラクト、監査結果待ち

フェーズ1

フェーズ1ではシャードチェーンが実装されるが、初めはデータを記録するのみのブロックチェーンになる。また、スケーラビリティのソリューションであるRollupsがこのフェーズでビーコンチェーンを活用する。

フェーズ1.5

フェーズ1.5で、イーサリアムのPoWやマイナーといった存在がPoSやバリデーターといった存在に取って代わられる。

フェーズ2

フェーズ2で、既存のシャードがトランザクションを実行する能力を得る。


これらの段階を経て、イーサリアム○○は最終的に、また単純に「イーサリアム」と呼ばれるようになるだろうとしている。trent.ethはこの解説について、あくまであり得る将来についてだとし、公式なものではないと注釈を加えている。

Rollupsとスケーラビリティ

レイヤー1とは、現在のイーサリアムベースとなるプロトコルでメインネットを指しており、レイヤー2は、イーサリアム上に構築されたプロトコル(スマートコントラクトプラットフォーム等)を意味する。

Rollupsは、「Layer2」のスケーラビリティソリューションと説明された。例えば、オプティミスティックロールアップ(OR)などが、スケーラビリティ問題を改善するプロジェクトとして、既にテストネット段階に踏み出している。

イーサリアム2.0は、スケーラビリティを改善することが目的の一つであるのに、なぜ「OR」のようなレイヤー2ソリューションが開発される必要があるのか?

この点については、イーサリアム2.0(ベースレイヤー)によってもたらされるスケーラビリティの改善が、2.0後のフェーズで実現するからだという。これだとスケーリングは事実上数年先の話となる。

そこで、イーサリアム2.0の初期の方の段階で実現される、「データ利用レイヤー」としての存在価値をRollupsが活用し、中期的なスケーラビリティ改善策を実現させるという趣旨が提案された。

イーサリアム共同創業者のヴィタリック・ブテリン氏は、過去の投稿で、以下のように結論をまとめた。

イーサリアムのエコシステムは、直近・中期の将来のためのスケーリング戦略として、rollups(とplasma、channelsもいくらか)に全集中することになりそうだ。

また、イーサリアムのレイヤー2スケーラビリティソリューションであるplasmaとは何が異なるのかという点については、OMGコミュニティのJoel Fostar氏が有用な図を公開している。

出典:omgpool

Rollupsは、スループット(トランザクション処理能力)を多少犠牲にする代わりに、スマートコントラクトをスケールするとされる。(ORの場合、EVMと互換性のある仮想マシン、OVMが実装される。)

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/10 日曜日
15:00
新NISA特集
老後2000万円問題が話題になる中、仮想通貨業界でも注目を集める新NISAの特集ページをCoinPostが開設。税制優遇や「つみたてNISA」のメリット、SBI証券、楽天証券の特徴を比較した投資口座選びまで、初心者から上級者まで役立つ情報を整理した。
11:30
ビットコイン高騰も、値幅調整の可能性には警戒を|bitbankアナリスト寄稿
650万円まで回復するもやや軟化傾向で推移する今週のビットコインチャートを図解。国内大手取引所bitbankのアナリストが今後の展望を読み解く。オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊仮想通貨ニュース|24年BTC125,000ドル到達予測に高い関心
今週は、Matrixport Researchの仮想通貨ビットコインの価格予想、米国におけるビットコイン現物ETFの動向、ビットコインの時価総額の上昇が最も関心を集めた。
12/09 土曜日
20:56
株式投資の「つみたてNISA」、今すぐ始めた方が良い理由
つみたてNISA(つみたて投資枠)は長期投資に向いており、多くの投資家にとって利用しやすい制度です。この記事では、つみたてNISAの概要や長期投資に向いている理由、具体的な投資戦略を解説しました。
20:47
年間投資枠3倍に、新NISAの「5大メリット」を解説
NISAとは少額投資にも適した非課税制度です。若い世代を中心に多くの層が利用しています。2024年から開始する新NISAとの違いや具体的なメリット、つみたて投資枠などを解説します。
16:20
2024年仮想通貨市場予測、アルトコインへのシフトや企業のトークン保有増
VanEck社が発表した2024年の仮想通貨市場予測を詳細に分析。ビットコイン半減期の影響、イーサリアムの市場ポジション、企業の暗号資産保有増加など、15の重要なトレンドを探求。仮想通貨業界の次の発展段階を見据えた包括的なレポート。
13:30
フリービットの格安スマホ、TONE Coin報酬と株主専用NFTでWeb3事業拡大
フリービット株式会社が格安スマホ市場に新たな一手。Web3の世界への進出と共に、「TONE Coin」報酬システムを導入し、株主に特別なNFTを提供。スマートフォンユーザーの参加を促し、非中央集権化ブロックチェーンコミュニティの拡大を目指す。
12:30
米国議会、国防権限法で仮想通貨関連条項を不採用
米国議会は2024会計年度国防予算の枠組みを決める国防権限法を発表。ビットコインなど仮想通貨やブロックチェーンに関する条項は採用されなかった。
11:20
コインベース、L2仮想通貨銘柄などの先物を提供へ
米仮想通貨取引所大手コインベースは、Optimism(OP)、Arbitrum(ARB)、Ethereum Classic(ETC)のパーペチュアル先物取引を新たに提供する予定を発表した。
10:25
大手銀BBVAスイス支社、リップル社傘下のMetacoと提携
欧州の大手銀BBVAのスイス部門は、仮想通貨のカストディで米リップル社傘下のメタコと提携すると発表した。現実資産トークン化も念頭に置いている。
09:10
堅調な米雇用統計で早期利下げ観測やや後退 ビットコイン反発で仮想通貨関連株大幅高
仮想通貨ビットコインはフィデリティのSEC面談のニュースなどを受けて再び44,000台に復帰。ソラナは「JTO」エアドロップの実施や、NFTでイーサリアムNFTの出来高を超えたことに連動し大幅に上昇し再び年初来高値を更新した。
08:15
ソラナNFT、初めてイーサリアムNFTの出来高超えて1位のチェーンに
ソラナ・ブロックチェーン基盤のNFTの出来高は24時間ベースで、初めてイーサリアム・ブロックチェーンのNFTの出来高を超えた。
07:25
フィデリティもビットコインETFの上場申請でSECと技術的会議 BTC価格上昇
米SECは仮想通貨現物型ビットコインETFの上場申請について、今週7日に申請側のフィデリティと会議を行ったことが判明した。
07:05
Starknet、独自仮想通貨STRKの配分計画を一部発表
仮想通貨イーサリアムのL2「Starknet」を推進するStarknet財団は、STRKトークンの配分計画を一部発表。ユーザーへの割当についても説明している。
12/08 金曜日
18:39
ビットコインETFへの資金流入予測、金ETF事例や経済環境から算出
ビットコイン現物ETFが承認された場合の資金流入見込みに関してVanEck社が予測レポートを出した。米経済の景気後退予測や金ETFの事例、過去の金融経済動向を基に、暗号資産(仮想通貨)市場の新たな潮流を探る。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
重要指標
一覧
新着指標
一覧