仮想通貨ビットコイン:これまでに行われたフォークは約70回にも及ぶ

60以上にも及ぶビットコインのフォークコイン
フォークコインをまとめたサイトforkdrop.ioによれば、現在69のビットコインのフォークが確認されていますが、そのうち取引所での取引が可能であるのはわずか10種類ほどです。また、その10種類のフォークコインすべてを合わせても、0.12BTCほどの価値しかもちません。
フォークコインの価値とは
Forkgenといったツールを利用する事で、現在誰でもビットコインのフォークコインを作成する事ができます。これまでにも多くの投資家、マイナーがフォークコインを作成しましたが、その多くが無価値のまま電子の海に埋もれています。

ビットコインのフォークコインは、2017年8月のハードフォークによりビットコインキャッシュが始動したことを契機に増え始め、今では多くの人が認知している事でしょう。

フォークコインをまとめたサイトであるforkdrop.ioによると、今では69に及ぶビットコインのフォークコインが存在しており、また同サイトではアルトコインのフォークコインも18種類リストされています。

ビットコイン、モネロ、イーサリアム、ライトコインの保有者は、80以上にも及ぶフォークコインを無料で受け取る権利を持っています。

しかし、これらのフォークコインを受け取る価値があるかどうかについては、また別の問題です。

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

フォークコインの現状

ビットコインキャッシュが誕生して以来、フォークコインの質や価値が低下していることはよく知られている事でしょう。

今までに、フォークによって何種類のコインが誕生したのか、その全てを把握することはできません。

例えば、ビットコインではBitcoin CoralやBitcoin Sudo、Bitcoin Starといった有象無象のハードフォークコインがリリースされています。

しかし、これらのコインが今後どう使われ、価値をつけていくのかは全くわかりません。

ビットコインのフォークコインはforkdrop.ioで閲覧することができますが、これらのコインの多くは取引所へ上場していません

CoinPostの参考記事
ビットコインハードフォーク通貨比較/BTCとの違い
11月,12月にビットコインからのハードフォークが多くある状況の中、各通貨それぞれにビットコインにはない特徴を活かした性能を入れて発表しています。

フォークコインの価値

4/14現在、69種類存在するビットコインフォークのうち10種類のみが取引所で取引を行う事ができます。

これらのフォークコインを合計しても、その価格は0.12 BTC(941ドル)ほどです。

ビットコインキャッシュを除くと、その合計額はわずか0.026 BTC(206ドル)であり、フォークコインはほとんど価値がないと言えます。

BTCを多く保有するものが、フォークコインを得るために送受金を繰り返すことで、第三者に秘密鍵を晒すリスクを負うことを考えると、BTC価格の2.5%にすら満たないフォークコインを求めることにはあまり価値がないと考えられます。

また、アルトコインがフォークする場合についても、その利益はビットコインと同様に乏しいものです。

Forkdrop.ioでは18種類のアルトコインフォークがリストされていますが、そのほぼ全てが元コードをクローンし、新たな特徴を付け加えています。

例えば、VergeはDogecoinからフォークを行うことで作られたコインですが、Dogecoinの保有者に1:1の比率では与えられませんでした。

CoinPostの参考記事
仮想通貨Verge(XVG)が何故次世代通貨として注目されているのか?
仮想通貨Verge(XVG)は年初から約129000倍を記録しており、市場の期待感が伺えます。ビットコインが取引に様々な問題を抱えていることで、次世代アルトコインに注目が集まっています。

また、forkdrop.ioにリストされているアルトコインフォークのうち、6種類がイーサリアム、3種類がライトコイン、6種類がモネロのフォークコインです。

これらのうち、現在トレードが可能であるのは3種類だけであり、それらを合わせてもわずか20ドルにしか及びません。

無料で発行できるフォークコイン

ビットコインのフォークは簡単に行う事ができます。

例えば、Forkgenのようなツールを利用する事で、ハードフォークをすべて自分自身で行う事ができます

このツールを利用する事で、誰でも単純なプロセスを進めるだけでハードフォークコインを作成する事ができます。

このようなツールを利用し、ビットコインのマイナー、大口投資家らがフォークを行なったことが確認されていますが、フォークにより新たな価値が生まれるわけではなく、あくまでハードフォークは新たな仮想通貨の始まりであることを心に留めて置かなければいけません。

ビットコイン開発者として知られるJimmy Songは、ビットコインのもつ本来の性質について、以下のように発言しています。

ビットコインは、中央集権的な法定通貨とは異なり、マーケット主導で、不変性を兼ね備え、常に変化を続けています。これらは価値の貯蔵という特性を持ち、ビットコインは他のトークンにはないユーティリティを維持しています。

また、最近誕生したビットコインのフォークコインにBitcocin Private(BTCP)があります。

このフォークコインは他のコインと異なり、ZclassicとBitcoinから同時にフォークが行われました。

BTCPは80ドル付近からトレードが開始されましたが、その後1/4まで価格を下げました。

フォークコインは多くの投資家の注目を集めていますが、これまでのところ、その多くが無価値なものであると言わざるを得ません。

CoinPostの参考記事
仮想通貨の価格が上昇する要因5選
仮想通貨の価格が上昇する要因、理由として、上場、エアードロップ、フォーク、バーン、パートナーシップ提携などがありますが、それぞれどういった形で上がっていくかを掲載しています。

Bitcoin Has Now Forked Almost 70 Times

15 April, 2018 by Kai Sedgwick

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。