金融庁が仮想通貨規制について金融商品取引法への移行を検討|産経新聞が報道

金融庁が仮想通貨の金商法適用を検討
産経新聞によると、金融庁が仮想通貨交換業者を規制する法律を現在の「改正資金決済法」から、「金融商品取引法」に移行する検討に入った。金商法が適用されることで、専門知識が少ない一般投資家を手厚く保護することに繋がり、分離課税の議論進展や、ETFなど派生商品の誕生が期待される。
ETFとは

Exchange Traded Fund (上場投資信託)の略でインデックスファンドの一種。

日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)等に連動する運用成果を目指し、東証などの金融商品取引所に上場している投資信託のこと。アメリカでは、「ビットコインETF」の承認を目指し、米国証券取引委員会(SEC)に承認申請が行われている。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

金融商品取引法とは

産経新聞の報道によると、金融庁は2日、仮想通貨交換業者を規制する法律について、現在の「改正資金決済法」から、「金融商品取引法」に移行する検討に入ったことが判明しました。

「金融商品取引法」は、専門知識が少ない一般投資家を手厚く保護することを狙いとし、株式、債券、デリバティブ(金融派生商品)取引など幅広い金融商品を対象に販売や勧誘のルールを定めるなど、市場の透明化を促進する法律です。

改正資金決済法は、仮想通貨取引所などの交換業者を登録制にすることなどを定めていますが、交換業者の経営が悪化した場合に顧客の資産を保護する仕組みなどが不十分だの指摘があり、証券会社などに適用される金商法に基づいた内容の規制にすることで、利用者保護の強化につなげる考えです。

仮想通貨が金融商品に認定されるメリット

仮想通貨が金商法の適用対象になれば、金融商品として扱われるようになり、証券会社などに対し、顧客の資金や株式などの有価証券を会社資産と分けて分別管理することを義務づけており、不正なインサイダー取引を禁じるなど、投資家保護の仕組みを整備しています。

最大の利点は、市場が透明化されることで、健全な業界発展を見込めることです。

これにより、機関投資家など大口の参入障壁が下がり、将来的な資金流入につながる可能性があります。

また、金融商品の取扱に関する規制を一元化できることで、規制をかけやすくなるため、国(金融庁)が監督しやすくなるほか、さまざまなメリットが考えられます。

金融機関で仮想通貨の派生商品を取り扱うことも可能性として考えられる他、上場投資信託(ETF)などさまざまな金融商品が誕生へハードルが下がる事ことも予想され、仮想通貨の取引量が増える(リクイディティが高まる)など、業界にとってのメリットも大きいとされています。

さらに、金商法の適用対象となることで、仮想通貨の税制改正に進展をもたらす期待もあります。

改正資金決済法における税務上の取扱いでは、決済利用分野などでの利便性が損なわれる要因と指摘される「仮想通貨間の交換」が課税対象となっている問題の見直しについての必要性が各所で指摘されています。

今までの仮想通貨の税制の議論は、改正資金決済法に則った観点なので、金融商品取引法に移行した場合、状況は異なると考えられます。

そもそも証券取引法から金融商品取引法に発展した経緯があるので、金商法適用の場合、有価証券とみなされる可能性があります。

将来的に株やFXなどと同じ税率20%の「申告分離課税」の適用について、議論・検討される可能性も考えられます。

背景

コインチェックによる不正流出事件をきっかけに、仮想通貨取引所の実態調査へと動いた金融庁。

杜撰な管理が露呈したことで、業務改善命令などが相次ぎ、投資家保護の仕組みの再構築など、業界再編が不可欠とされてきました。

また、今年5月には、世界主要20ヶ国で構成される「G20」の金融政策機関が、仮想通貨を”金融(暗号)資産”として認める方針に同意しており、G20の開催を今月控え、各国に対して、仮想通貨業界におけるグローバルスタンダードとなる”統一された規制”の提出期限を7月までに定めています。

日本は、世界に先駆けて投資家保護の仕組みを整備することで、仮想通貨業界をリードする考えもあるものと思われます。

CoinPostの関連記事

ビットコインETF承認を目指し、約4.2兆円の資産運用会社とフィンテック企業の合同チームが許可申請
巨大機関投資家の参入が見込めることで実現を期待される「ビットコインETF」。これまで米SECには12の申請が却下されているが、懸念点を解消した新しいアプローチが話題に。
G20の合意で韓国が政策軟化へ|金融資産として認める方針
G20が仮想通貨を「金融資産」として認めることに同意したことを受け、韓国もこれまでの各政策を軟化させる方針。G20は各国に対し、仮想通貨業界におけるグローバルスタンダードとなる「統一された規制」の提言提出期限を7月までに定めている。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。