仮想通貨投資家が新興取引所Fcoinに対し価格操作疑惑で訴訟を検討

Fcoinに対し訴訟を検討するユーザーが現れる
Redditの投稿者ltcisking氏は、ボット取引による不当な価格の操作および、投資家に誤解を与えた疑いがあるとして、Fcoinに対し訴訟を検討していることを明らかにした。
BinanceのCEOを務めるZhao Changpeng氏も苦言を呈す
Binance CEOは「偽装された取引量と、本物の取引量を比較することは、空気とゴールドを比較しているようなもの」と主張した。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

仮想通貨取引所FCoinの人気の高まり

Redditの投稿者ltcisking氏は7月10日、CoinMarketCapにて24時間取引高1位を記録することもある仮想通貨取引所のFCoinを、ボット取引による不当な価格の操作および、投資家に誤解を与えた疑いがあるとして、訴訟を検討していることを明らかにしました。

仮想通貨取引所FCoinは、世界有数の仮想通貨取引所Huobiの元CTOであるZhang Jian氏を中心として開発され、2018年5月にベータ版を公開しています。

その取引所は、新しい収益方法である「取引手数料マイニング」モデルを採用し、過去24時間取引量が7月11日時点で、45億ドル(約5,000億円)を記録するなど、Binanceや、OKExといった世界最大手取引所の中でも最近特に話題となっています。

そして、今月7月に、取引所Fcoinに上場させる通貨を投票で決定する”累積デポジットトークン数ランキング(cumulative deposit number ranking)”によって、イーサリアムネットワークの取引量が急激に増加しました。

その取引手数料は、仮想通貨市場の過熱がピークであった2018年1月と同水準まで高騰し、遅延するなど、イーサリアムネットワークのスケーラビリティ問題を浮き彫りにさせるとともに、FCoinの人気を象徴する出来事となりました。

FCoinの実状

しかし、ltcisking氏は、このFCoin取引所の独自トークンであるFcoinトークン(以下、FT)の取引画面を見ると、日間5,000億円ほどの取引量も頷ける量のボット取引が蔓延していることを主張しました。

そして、その価値を維持するために、FTの価格は頻繁にボットによって操作されていると述べ、「現在の価格では、十分なFTを確保することができず、リスクを相殺するための十分な配当も得られない」と語っています。

仮想通貨取引所BinanceのCEOを務めるZhao Changpeng氏(以下、CZ氏)も6月29日に、中国メディアのMars Financeへのインタビューに応じ、FCoinとBinanceを比較された際に、Fcoinに対する自身の見解を以下のように述べました。

私たちは、まず比較するのであれば、リンゴとリンゴのように同様のものを比較する必要がある。

偽装された取引量と、本物の取引量を比較することは、空気とゴールドを比較しているようなもので、そもそも比較することができない。

実際たった2つのアカウントが、四六時中交互に取引を行うことで、1,000万〜1億回もの取引を実現することも可能。

偽装された取引における取引量というパラメータ(尺度)は、もはや意味を持たないため、顧客ユーザー数や他のパラメータを比較する必要があると言える

その後CZ氏は、このようなモデルは、ユーザーを巧みに利用、陥れていると主張し、懸念を見せました。

また、Redditのコメント欄では、今回の価格操作疑惑なども考慮し、FCoinがCoinMarketCapに記載されていること自体が懐疑的であるとの意見もあります。

最後にltcisking氏は、その情報源こそ明かさなかったものの、彼はFCoin運営に関わるスタッフや、ボランティアの人々にこの疑問を投げかけ、非難したところ、何の反論も得られなかったと主張し、裁判に向けての準備を整えていることを明らかにしました。

この訴訟が実際に行われるのは定かではありませんが、急激に取引高を高め、CoinMarketCapでランキング1位になった仮想通貨取引所の実状がどのようなものであるかは注目に値すると言えるでしょう。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。