「お金の未来」アメリカ国会が仮想通貨に関心|来週にも公聴会を開催

米国会:来週にも仮想通貨についての公聴会
米国会下院の金融業務委員会は13日、“The Future of Money: Digital Currency”と名づけられた公聴会の開催を発表。仮想通貨に関するトピックは、米議会でも再び高い関心と注目を集めている。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

仮想通貨が国政の一環となるか

7月13日、アメリカ国会下院の「金融業務委員会」は公式サイト によると、日本時間7月19日(木)に、“The Future of Money: Digital Currency” (お金の未来:デジタルカレンシー)と名づけられた公聴会を行う予定。ただし執筆時点では、聴取参考人に関する情報はまだ発表されておりません。

現地の正確な時間では、Wednesday, July 18, 2018 2:00 PMに開催、ライブ配信は上記のリンクにて閲覧できる模様です。

過去には、アメリカ国会で「仮想通貨に関わるテロリストの資金繰り」や「不正投資の聴取」が行われましたが、ついに仮想通貨のビジョンとされる「新たな通貨」というポジティブな面について、立法者たちが前向きに証言を取り、議論していくものと思われます。

また、昨日コインポストで報道した大統領令に沿ったアメリカ司法省が主導する「消費者詐欺タスクフォース」においても、仮想通貨は行政側の重点の一つとなっており、アメリカの国政における仮想通貨業界への関心は、確実に高まっていると言えるでしょう。

CoinPostの関連記事

米トランプ政権、仮想通貨詐欺が対象に含まれる大統領令を発令|Bloombergが報道
日本時間木曜日、司法省の委員会で、マネーロンダリングや年配者を狙った投資スキームのようなよく見られる犯罪手法に加え、仮想通貨も今回のタスクフォースの重点として消費者に対する犯罪行為を排除すると発表したことをBloombergが報じ、明らかになりました。
米国歳入庁:五カ国で連携し、仮想通貨関連犯罪の税金対策タスクフォース立ち上げへ
米国歳入庁(IRS)が四か国とグローバル合同税金執行参謀本部(J5)を立ち上げ、仮想通貨とサイバー犯罪がもたらす税務管理に対する脅威を取り除くことも目標の一つ。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

各務貴仁CoinPost7株式会社CoinPost取締役COO 兼 編集長

高校卒業後アメリカ、カナダへ4年間の留学を経験。2017年1月から仮想通貨関係の事業に携わり、同年7月より仮想通貨・ブロックチェーン専門メディアCoinPostを立ち上げ編集長となる。国内外の仮想通貨、ブロックチェーン界隈の著名人との数々のインタビューなどを軸に、仮想通貨・ブロックチェーンの正確な情報をより早く届ける運営体制に力を入れている。