CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨取引所の「つみたて投資」を徹底比較 成功させるポイントは?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

はじめての仮想通貨投資なら、少額で簡単にスタートできる積立投資がおすすめです。

積立投資なら、価格変動の激しい仮想通貨でもリスクを抑えられるので、初心者でも安心して仮想通貨の投資を行えます。本記事では、仮想通貨での積立投資を行う方法やおすすめの取引所を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

目次
  1. 積立投資とは
  2. 積立投資の最低限抑えておきたいルール
  3. 仮想通貨を積み立てる3つの方法
  4. 積立投資ができる国内取引所
  5. まとめ

積立投資とは

積立投資とは、毎月一定額の投資信託を購入する投資方法です。積立預金との違いは、現金ではなく、価格変動する金融商品を自動購入する点となります。

積立投資は少額から始められ、元本割れ(市場価格が購入価格を下回ること)するリスクこそあるものの、長期的な視点で見ることで大きな利益に期待できます。

最近は、長期的な資産形成目的で、仮想通貨の積立投資を行う人が増えています。

積立投資の最低限抑えておきたいルール

積立投資を行う上で、抑えておきたいルールは以下2つです。

  • ドルコスト平均法を活用する
  • 一定期間の購入を続ける

一定期間、ドルコスト平均法で積立投資を行うことが、仮想通貨で安全に資産形成を行うポイントです。ここからは、2つのルールについて解説します。

ドルコスト平均法で価格を平準化

ドルコスト平均法とは、一度にまとまった額の金融商品を購入するのではなく、定期的に一定額の金融商品を購入する投資法です。例として、毎月1万円の仮想通貨の購入を2年間続けた場合は、ドルコスト平均法にあたります。

ドルコスト平均法のメリットは、価格変動のリスクを抑えられることです。同じ1万円の仮想通貨投資でも、価格が高いときは購入できる口数は少なく、価格が低いときは購入できる口数が多くなります。トータルで見ると、平均購入価格を下げられます。

仮想通貨投資の難しい点は、価格変動が大きいことです。米テスラ社のイーロン・マスク氏のツイートやロシアのハッカーに対するFBI操作などの影響で、最高値6万ドルを達成した3か月後には、半分の3万ドルまで下落したこともあります。

参考記事:物議を醸す、イーロン・マスクの仮想通貨関連ツイートまとめ

仮想通貨は価格変動が大きすぎるからこそ、ドルコスト平均法が有効です。実際に、人気ウォレット「BRD」の共同設立者のアダム氏などは、ドルコスト平均法で着実に資産を増やしています。

その他のメリットは、自動購入のため毎回の取引が不要になること、一瞬で大きな額を失うリスクがないためストレスを避けられることです。

価格変動に惑わされず一定期間で購入

積立投資の重要なポイントは、感情を排除することです。

「これ以上、損したくないから売ろう」や「みんな買ってるから追加購入しよう」などの感情に左右されません。価格変動に惑わされて、購入数を増減させれば、結果的に損する可能性が高くなります。

理想は、積立投資をしていることを忘れるくらい放っておくことです。忘れたままにすることで、自分の判断を排除した効率的な投資が可能となります。気づいたときには、大きな額になっているかもしれません。

仮想通貨を積み立てる3つの方法

仮想通貨を積み立てる方法は以下3つです。

  • 手動取引
  • 取引所の積立サービスを利用
  • APIで独自システムを構築

ここでは、3つの方法を比較します。各方法のメリット・デメリットを理解して、最適な積立方法を選べるようになってください。

手動で取引する

仮想通貨の取引所で、手動で仮想通貨の購入を行う方法です。どの取引所でも積立投資を行えるため、珍しい仮想通貨で積立投資をしたい方におすすめです。また、購入額を自由に変更できることから、仮想通貨の価格に合わせた積立投資を行えます。

一方、価格変動に惑わされやすくなるデメリットもあります。手動で取引する方の中には、少しでも安値で購入しようと、一日中取引所のチャートを見る人は少なくないです。

また、価格が高いときは「損したくない」という心理が働き、毎月決まった額の購入が難しくなります。ドルコスト平均法を用いるためにも、手動取引は価格変動に左右されない意志の強い人におすすめの方法です。

取引所の積立サービスを利用する

仮想通貨の入門者におすすめしたいことが、取引所の積立サービスを利用することです。

積立サービスのある取引所で、アカウントを開設し、積立金額と購入仮想通貨を決めるだけで利用できます。一度申し込みを行うことで、毎月自動的に購入されるため、取引の手間がかからない、価格変動に惑わされないメリットがあります。

デメリットは、2021年7月時点、国内取引所で積立サービスを提供しているのは3社しかないことです。ビットコインやイーサリアムなどのメジャーな仮想通貨には対応している一方、マイナーな通貨での積立投資は難しいでしょう。

どの取引所も積立サービスの手数料は無料ですが、買い付けは仮想通貨販売所で行っています。販売所では取引手数料を含んだ売買価格(スプレッド)となっているため、取引所や相場状況に応じて、手数料が変動することは理解しておきましょう。

APIで独自のシステムを構築

プログラミングの知識がある方は、仮想通貨取引所が公開しているAPIを用いて、自動で積立できるプログラミングを組む方法もあります。

APIを活用するメリットは、ニーズに合ったカスタマイズを行えることです。たとえば、仮想通貨取引所の積立サービスは、買い付け日時が決まっています。APIでシステムを構築すれば、過去30日の最安値を更新した日に買い付けることさえ可能です。

また、APIでプログラミングを構築すると、手数料やスプレッドがかからない、かかったとしても割安になるメリットがあります。仮想通貨取引所の手数料は、小額投資の場合だと少し高くなるので、APIの方が手数料を抑えられます。

デメリットは、独自システムを構築するためには、プログラミングの専門知識が必要なことです。セキュリティも自己責任になるため、初心者にはハードルが高いでしょう。

本格的に仮想通貨の投資を行っている人に、APIでのシステム構築はおすすめです。

積立投資ができる国内取引所

積立サービスを提供している国内取引所、およびAPIで積立システムの構築を行える国内取引所の特徴を紹介します。ぜひ積立投資を行うプラットフォーム選びの参考にしてください。

積立サービスを提供している取引所3選

積立サービスを提供している国内取引所は、Coincheck・bitFlyer・GMOコインの3社となります。

以下が各取引所の積立サービスの特徴です。

【Coincheck】

取り扱い通貨 BTC・ETH・ETC・LSK・XRP・ XEM・LTC・BCH・XLM・QTUM・BAT・IOST・ENJ・OMG
積立プラン 月に一度の積立・毎日の積立
積立金額 月1万円から100万円まで
手数料 無料
入金方法 指定口座からの毎月の引き落とし

参考:Coincheck

Coincheckの積立投資サービスは、入金から購入まですべて自動で行ってくれます。そのため、取引所の選び方や買い方が分からない、仮想通貨初心者でも気軽に積立投資を開始できます。

取り扱い通貨は全14種類で、IOSTやENJなどの「草コイン」が揃っていることが特徴です。草コインとは、時価総額が低く、投機性の高い仮想通貨のことです。

参考記事:草コイン

草コインを大量に保有することで、価格が上昇したときに、大きなリターンを得られるでしょう。たとえば、Coincheckで草コインの積立投資×他の取引所で主要仮想通貨の積立投資のような投資方法も行えます。

Coincheckは、主要仮想通貨はもちろんながら、草コインで積立投資をしたい方におすすめです。

【bitFlyer】

取り扱い通貨 BTC・ETH・ETC・LTC・BCH・MONA・LSK・XRP・BAT・XLM・XEM・XTZ・DOT・LINK・XYM・MATIC・MKR・ZPG・FLR・SHIB・PLT
積立プラン 毎日1回・毎週1回・毎月2回・毎月1回
積立金額 月1円から100万円まで
手数料 無料
入金方法 登録アカウントからの引き落とし

参考:bitFlyer

bitFlyerの特徴は、月1円から仮想通貨の積立ができ、積立プランの種類が豊富なことです。

仮想通貨投資に興味がありながら、十分な資金がない方でも、気軽に始められます。1円から、仮想通貨投資ができることが魅力的です。

アプリやサイトは分かりやすいデザイン設計で、初心者の方でも簡単に使いこなせるでしょう。

【GMOコイン】

取り扱い通貨 BTC・ETH・BCH・LTC・XRP・XEM・XLM・BAT・OMG・XTZ・QTUM・ENJ・DOT
積立プラン 毎日プラン・毎月プラン
積立金額 月500円から5万円まで
手数料 無料
入金方法 指定口座からの毎月の引き落とし

参考:GMOコイン

運営元の信頼性を重視する方におすすめしたい取引所がGMOコインです。GMOコインを運営するのは、東証一部上場のGMOインターネットグループとなります。

取り扱い通貨の種類は13種類と豊富です。

サービス内容が似ているCoincheckと迷った場合は、毎月の希望積立額を明確にしましょう。

積立金額ごとのおすすめ取引所

積立額が1万円以下の場合GMOコイン、1万円から5万円の場合はCoincheckもしくはGMOコイン、5万円以上の場合はCoincheckが最適です。

積立額 取引所
0〜1万円 GMOコイン
1万円〜5万円 Coincheck or GMOコイン
5万〜 Coincheck

GMOコインは月500円からの積立投資が可能であり、運営元の信頼性も高いため、安心安全に仮想通貨投資したい方におすすめです。

取引所によって取り扱い仮想通貨や積立金額などが異なります。

あなたに最適な積立サービスを選ぶには、購入可能通貨や積立プラン、スプレッドなどを比較検討することがおすすめです。

たとえば、費用を抑えながらビットコインの積立を行いたい場合、スプレッド無料のCoincheckがいいかもしれません。

小額の積立投資から始めたい方はbitFlyerやGMOコインが最適でしょう。

積立投資の目的を明確化し、目的達成できる取引所の積立サービスを選びましょう。

APIで積立システムを構築できる取引所3選

APIで積立システムを構築できる取引所は下記の3つです。

  • bitbank
  • ディーカレット
  • BITPoint

どの取引所を利用するにしても、まずはアカウント開設とAPIキーの発行が必要です。それからドキュメントの指示に従い、積立システムの構築を行いましょう。

まとめ:仮想通貨の積立投資で効率よく資産形成しよう

初めての仮想通貨投資は、小額から始められて、リスクの低い積立投資がおすすめです。

仮想通貨の積立投資方法は、以下3つがあります。

  • 手動取引
  • 取引所の積立サービス
  • APIで独自システム構築

どれを選ぼうかと迷ったら、取引所の積立サービスを検討してみてください。毎回の取引の手間が省け、価格変動に惑わされないので、安心して継続できます。

積立投資ができる国内取引所は以下3つです。

長期間コツコツと積み立てることで、いつの間にか大きな金額になっていることもあるので、ぜひ仮想通貨の積立投資を試してください。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/22 月曜日
17:10
PENDLEの買い方 金利をトークン化するDeFiプロジェクト
金利をトークン化して取引可能にし、ブロックチェーン領域のトレンドに対応もしたことで「Pendle」が注目されています。本記事では、暗号資産(仮想通貨)PENDLEの特徴、将来性、買い方について解説します。
14:56
イーロン・マスク、バイデン撤退後にXのプロフィール画像を「レーザーアイ」に変更
テスラCEOイーロン・マスクが、ジョー・バイデン大統領の再選辞退を受け、Xアカウントのプロフィール写真を「レーザーアイ」に変更。トランプ支持を示唆し、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン投資家の関心を集めている。
14:39
ポリゴン大型アップグレード、MATICからPOLのトークン移行は9月上旬実施へ
仮想通貨ポリゴンを開発するPolygon Labsは、大型アップグレードPolygon 2.0について、9月4日にMATICトークンをPOLトークンへと移行する予定だと発表した。
12:08
ビットコイン続伸で68000ドル台に、市場は大統領選挙の行方を注視
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが68000ドル台まで反発、過去最高値更新も視野に入る水準となった。米大統領選挙の行方や今週開催予定のビットコインカンファレンスの注目度が高い。
09:47
「対SEC訴訟、まもなく解決することを期待」リップル社CEOが言及
米リップル社のCEOは、長期化している仮想通貨XRPをめぐる米SEC訴訟について、近い将来解決することを予想しているとブルームバーグのインタビューで明かした。XRP価格は前月比30%以上高騰する場面があった。
09:10
DEAが日本代表に選出 スタートアップワールドカップ2024
2024年7月19日、東京で開催された「スタートアップワールドカップ2024東京予選」で、Web3企業Digital Entertainment Asset Pte. Ltd(DEA)が日本代表として選出された。DEAはDEAPCoin(DEP)という暗号資産(仮想通貨)を発行している。
07/21 日曜日
11:31
1000万円台回復の今週のビットコイン相場分析、来週はトランプ登壇のBitcoin 2024に注目|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、大統領選を見据えたトランプトレードの影響で1000万円を回復した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。Bitcoin 2024への関心は高い
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア