CoinPostで今最も読まれています

国内初、暗号資産取引所BITPointに上場したディープコイン(DEP)とは

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ディープコイン(DEP)が国内初上陸

2022年1月26日、ディープコイン(DEP)が国内で初めて取り扱い開始されました。

上場先は、リミックスポイント傘下で元野球選手・現日本ハムファイターズ監督の新庄剛志氏がアンバサダーに就任した国内暗号資産取引所ビットポイント(BITPoint)です。

概要

ディープコイン(DEP)は、シンガポールを拠点とするDigital Entertainment Asset(DEA)が運営するGameFiプラットフォーム「PlayMining」上のインセンティブとして機能するユーティリティトークンです。イーサリアム(ETH)規格のERC-20として2018年8月に発行され、供給上限は300億枚です。

GameFiとは、ゲームと金融を掛け合わせた「Game Finance」の造語(略称)のこと。Play to Earn(P2E)要素の強いブロックチェーンゲームでは、遊べば遊ぶほど、報酬としてNFT(非代替性トークン)や独自トークンを獲得することが可能です。

「PlayMining」では、流動性の観点から、L1(レイヤー1)パブリックブロックチェーンへの接続が進められています。すでにBNBチェーンには接続済みで、DEPはB-DEP(BEP20)に変換することが可能となっています。

「PlayMining」は、2020年5月に開設され、2021年12月時点で、およそ100ヵ国から200万人を超えるプレイヤーが利用。コンセプトとして「クリエイターの権利と利益を守る」ことを目指しており、クリエイターやユーザーといったエコシステムへの参加者に向けた報酬体系を確立して、新しい経済・文化圏を築こうとしています。

ホワイトペーパー

ホワイトペーパーの記述によれば、「PlayMining」では、エコシステムの発展に寄与するユーザーに対し、プラットフォーム上に流通するディープコイン(DEP)やNFTを付与するインセンティブ設計があり、2022年内にはガバナンストークンのPMG(PlayMining Gold)を発行予定です。

ディープコイン(DEP)の特徴

The live DEAPcoin price today is https://coinmarketcap.com/currencies/deapcoin/.001586 USD with a 24-hour trading volume of ,660,637.11 USD. We update our DEP to USD price in real-time.

ディープコイン(DEP)の特徴は以下の通り。

  • DeFiサービス
  • ステーキングやイールドファーミング、レンディング(貸付)による金利や手数料収入の獲得が可能となっています。

  • トランザクション手数料
  • PlayMiningや送金の際にトランザクション(契約)を通す必要があり、その手数料としてDEPが支払われます。

  • PlayMining
  • PlayMining上にはゲームやNFTマーケットプレイスがあります。同コインはゲーム内でアイテムや土地の購入する際や、NFTを購入する際の決済手段として利用されます。また、エコシステム内の参加者へのインセンティブとしても機能します。

イールドファーミングとは

イールドファーミングとは、レンディングやDEX(分散型取引所)などのDeFiサービスに資産を貸し出す又は提供することで、金利や手数料収入を得る運用モデルのこと。イールドは”利回り”、ファームは”耕す”を意味する。

▶️仮想通貨用語集

ユーティリティ

DEPは、主にPlayMining上で使用されます。

「PlayMining」で代表的なゲームとしては、DappRadar’sのランキング9位に入り、40,000MAU(マンスリーアクティブユーザー)を記録したトレーディングカードバトルゲームの「JobTribes」などがあります。

1. JobTribes

1. JobTribes

1つ目は、トレーディングカードゲームの「JobTribes」です。このゲームは、職業をテーマとした異世界バトルを世界観としており、世界中の「職業」を擬人化したキャラクターカードと「職業」ごとに備わっている特徴を生かして、バトルに挑むカードゲームとなっています。

スマートフォンさえあれば、誰でも無料で参加することが可能で、ユーザーは自身のプレイに応じてDEPを報酬として受け取ることができます。

2. Lucky Farmer

Lucky Farmer:ゲーム画面

2つ目は、農場がモチーフのコインプッシャーゲーム「Lucky Farmer」です。

作物収穫ボーナスによるメダル獲得や、ランキング・フレンド機能による他ユーザーとの交流も可能となっています。DEPは、報酬として獲得できるだけでなく、ゲームを有利に進めるためのアイテム(農場NFT等)を購入するための決済通貨としても使用できます。

現時点でゲームの正式版は出ておらず、2022年の夏頃にリリースされる予定となっています。正式版のリリースに際して、ユーザーがPlay to Earnをより楽しむことができる「Scholarship」や「ペット機能」の導入も計画しており、NFTが購入できないユーザーでもDEPコインを手にすることが可能となる見込みです。

NFT Marketplace by DEP

最後は、NFTマーケットプレイスの「NFT Marketplace by DEP」です。上記ゲーム内で使用されるアイテムやカードが中心に取引がなされています。現時点では、約300アイテムがリスティングされており、購入はERC-20規格のDEPのみの対応となっています。

ユーザーは、ゲーム内で獲得したNFTの売買や、NFTの転売によって収益を獲得することが可能となっています。

2022年では、既に2つゲームがリリースされる予定で、第1四半期には、BSCチェーンのNFT(BEP721規格)を取引するためのDappsを立ち上げる見込みとなっています。

パートナー

PlayMiningのパートナーとしては、イーサリアム基盤大手DEX(分散型取引所)のUniswapやSushi、大手CEX(中央集権型取引所)のOKXやbitrueが挙げられます。今回の上場により、BITPointも日本の暗号資産(仮想通貨)交換業者として初のパートナーとなります。

今後は他の主要L1パブリックチェーンに接続することで、マルチチェーン対応を拡大していく予定もあります。

出典:PlayMining

ビットポイントの特徴とサービス

ビットポイントは2022年5月、金融庁より「第一種金融商品取引業者」の登録を完了しました。金融庁のライセンスは、世界的にも特に厳しい基準が定められています。

ビットポイントは、顧客の資産管理を重要視しており、セキュリティ対策では、異常を即座に検知できるよう24時間の監視体制を敷いています。

1. BITPOINTとBITPOINT PRO

ビットポイントでは暗号資産の売買手段として、「BITPOINT」と「BITPOINT PRO」の2種類のサービスを提供しています。各種手数料は、業界最低水準です。

「BITPOINT」では、売買したい銘柄の数量を入力するだけで簡単に売買ができるため、取引初心者に向いています。

一方、「BITPOINT PRO」では、板取引で成行・指値・逆指値(成行)の注文ができるため、株式投資経験などがある中・上級者向けのサービスとなっています。

2. 「貸して増やす」レンディングサービス

「貸して増やす」は、同社とユーザー間で暗号資産貸借契約を締結し、ユーザーが保有する暗号資産を貸し出すことで、貸借料を受け取ることができるサービスです。貸出時に「自動更新」を選択することで、更新前の貸借料を含めて再契約が可能です。

同サービスを利用するには、公式サイトやアプリ上での募集に対し応募する必要があり、応募多数の場合は抽選となります。

3. 暗号資産即時出金サービス

手数料無料でリアルタイム出金できるというメリットがあります。

取扱い銘柄一覧

ビットポイントでは、以下の12銘柄を取扱っています。

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • トロン(TRX)
  • エイダ(ADA)
  • チェーンリンク(LNK)
  • ポルカドット(DOT)
  • ジャスミー(JMY)
  • ディープコイン(DEP)
『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/13 木曜日
18:07
シバイヌ(SHIB)のDeFi市場の利便性が拡大、ShibaSwapの進化
時価総額でトップ2のミームコイン、暗号資産(仮想通貨)シバイヌ(SHIB)エコシステムのDeFi市場が拡大中。ShibaSwap 2.0のアップグレードとShibarium対応により、取引手数料の削減やスケーラビリティの向上が期待される。
17:24
「BEER」前日比76%急落、一部回復もミームコイン市場のリスクが浮き彫りに
暗号資産(仮想通貨)のミームコイン「ビアコイン(BEER)」が13日に一時76%急落した。その後一時反発するも、ミームコイン市場のリスクが再び浮き彫りとなっている。
16:26
2024年注目の暗号資産アプトス(APT)の買い方とおすすめ取引所
アプトス(APT)の特徴や将来性、リスクを詳しく解説し、投資対象としての暗号資産(仮想通貨)APTの買い方を紹介します。おすすめの取引所の口座開設、注文方法も掲載。
16:26
取引所の貸暗号資産サービスを徹底比較 より高利回りを狙う方法
ビットコインなど長期保有する暗号資産(仮想通貨)を貸し出し、利息を受け取る投資法であるレンディングサービス。仮想通貨取引所ごとにどのようなサービスがあるのか、主な特徴とメリットについて解説。
15:25
テラフォームラボ、米SECと44億7000万ドルの和解へ
暗号資産(仮想通貨)開発会社テラフォームラボは、2022年に崩壊したアルゴリズム型ステーブルコイン「TerraUSD(UST)」に関する詐欺行為で米SECと44億7000万ドルの和解に達した。
11:50
AIと仮想通貨の相乗効果で世界GDPに20兆ドル上乗せの可能性=Bitwise
Bitwiseのアナリストは、人工知能とビットコインなど仮想通貨の相乗効果により世界GDPに20兆ドルが追加される可能性を指摘した。
11:15
エアドロップの総額、24年の現時点で40億ドル相当
今年エアドロップされた仮想通貨の合計額は現時点で、およそ40億ドルに上ることがわかった。金額が大きいプロジェクトなどをThe Blockが報じている。
10:15
中国の習近平主席、ブロックチェーン「Conflux Network」開発者を称賛
中国の習近平国家主席はL1ブロックチェーン「Conflux Network」の主任研究員であるヤオ氏に称賛の手紙を送った。
09:35
テレグラムの「タップして稼ぐ」ゲームPixelverse、8.6億円調達
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは、事業拡大のために550万ドルを調達した。Notcoinが5月に大型のトークンエアドロップを実施し、テレグラムtap-to-earnゲームへの需要を大きく高めている。
08:05
バイデン米大統領も選挙キャンペーンで仮想通貨寄付の受け付けを検討か
ジョー・バイデン米大統領の選挙キャンペーンチームは、コインベース・コマースを通じて仮想通貨による寄付を受け入れることを検討しているようだ。
08:00
Glassnode、BTC価格と現物ETFの関係を分析
仮想通貨ビットコインの価格上昇には現物ETFの純粋な買い需要が必要な可能性があるとGlassnodeが分析。同様の見方は市場関係者からも上がっている。
07:30
メタマスク、イーサリアムの少額ステーキング機能をリリース
これまで、イーサリアムブロックチェーンで最低限必要とされる32ETH(1,780万円)以上を持っているユーザーだけが、Consensys社が運営するバリデータにネイティブにステークすることができたが、新機能では少額でもステーキングが可能となった。
07:05
ソラナラボ、顧客ロイヤルティ「Bond」を発表
Solana Labs社は、ブロックチェーン上で顧客ロイヤルティプログラムの立ち上げを検討している企業向けに、専用プラットフォーム「Bond」をローンチした。
06:15
ビットコイン反落、CPI鈍化もFRBが年内1回の利下げを示唆
仮想通貨ビットコインは12日夜発表の米5月CPIの弱いデータを受け、一時7万ドル手前まで急騰したが、13日早朝のFOMCでの今年の利下げ回数に関する予想を受け売られ再び68,000ドル台に落ち込んだ。
06/12 水曜日
18:42
OP Mainnet、ステージ1にランクアップ - Fault Proof実装でL2をリード
OP Mainnetがステージ1に到達し、Fault Proofを実装してセキュリティを強化しました。イーサリアムL2の中でもステージ2獲得に向けて一歩リードしている状況

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア