Bitcoin Cash [ビットコインキャッシュ] BCH

BCH/JPY チャート

24H7D30D180DMAX

BCH 基礎情報

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)は、Bitcoinが抱えるスケーラビリティ問題を解決するため、ブロックサイズの拡大に同意したマイナーによって2017年8月1日に実施されたハードフォークを期に誕生した仮想通貨です。ビットコインのブロックチェーンよりも大きなブロックサイズが設定されており、トランザクション履歴を多く保管することができます。

BCH関連ニュース

07/03 (金)
米内国歳入庁(IRS)、匿名仮想通貨の捜査体制強化へ
米国内国歳入庁(IRS)が、プライバシー性の高い仮想通貨技術について捜査体制を強化する方針で準備を進めていることが分かった。IRSの犯罪捜査部門が行う試験プログラムに関連して情報提供を呼び掛けている。
07/01 (水)
約200万のイギリス成人が仮想通貨を保有=FCA調査
イギリスの金融行動監視機構(FCA)の最新調査によると、3.86%の成人人口が仮想通貨を所有。最も知られている銘柄も明らかに。
06/27 (土)
Eメールにビットコインキャッシュ(BCH)を送金 Bitcoin.comが新サービスを開始
Bitcoin.comが、Eメールアドレス宛にビットコインキャッシュ(BCH)を送金できるサービスを開始。創設者がサービスの特徴を説明している。
06/23 (火)
次世代の仮想通貨ランキング、どの銘柄がランクイン? 業界関係者らが見解
仮想通貨リサーチ企業Blockfyreの共同創設者が、時価総額ランキングでトップ10に入っている仮想通貨の内、5銘柄はその地位に値しないとの見解を示した。その根拠を語っている。
06/22 (月)
仮想通貨の個別銘柄、日本と世界で関心度に大きな温度差─ビットコイン・イーサリアム・XRP(リップル)の現在
国別の関心度データを分析したBlockchaincenter.netの「Cryptocurrency World Map」を元に、世界の仮想通貨関心度を読み解く。ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、XRP(リップル)の関心度は、国別に異なる?
06/17 (水)
バイナンス、ビットコインSV最大のマイニングプールに
バイナンスのマイニングプールが、ビットコインSV最大のプールになっていることが、マイニングステータスデータ(Coin.dance)で明らかになった。
06/07 (日)
年初来騰落率ではイーサリアムがトップ、経済回復見込みでダウ平均は3月以来の高水準|各市場の動きと仮想通貨相場ニュース
今週の各経済指数、仮想通貨等の動きを見ていく。ビットコインは一時急騰も下落し、再び1万ドルを割り込んだ。米雇用統計は失業率が低下、ダウ平均は3か月半ぶりに2万7000ドル台回復など、新型コロナから脱出への期待が高まった。
06/02 (火)
BitMEX、ビットコインキャッシュの無期限先物を提供開始へ
大手仮想通貨デリバティブ取引所BitMEXは、無期限のビットコインキャッシュ(BCHUSD)クオント契約を6月16から開始すると発表。レバレッジは最大で25倍に設定した。
06/01 (月)
英国のロックダウン期間中、仮想通貨市場にもたらした影響
英国の大手金融アプリ「Revolute」が、同国のロックダウン期間中に仮想通貨市場に起きた変化を報告。3月中旬から4月末にかけてユーザー動向に大きな変動が見られた。
05/28 (木)
DeFiに相互運用性を RenVMがメインネットローンチ
DeFiの『Ren』は仮想通貨のクロスチェーン交換が容易に行えるネットワークをローンチした。ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ(BCH)、およびジーキャッシュ(ZEC)に対応する。
05/20 (水)
ビットコイン半減期で採掘事業の撤退事例 株式公開企業が破産申請へ
ビットコイン半減期に伴い、事業撤退するマイニング企業が出てきた。トロントに拠点を置くHyperBlock Inc.(株式公開企業)が、米モンタナ州ミズーラで行う大規模な仮想通貨マイニング施設を閉鎖し、破産手続きを開始することを発表した。
05/19 (火)
ビットコイン、今後注目したい「3つのポイント」 半減期後初の難易度調整は明日
5月12日に採掘報酬の半減タイミングを迎えた仮想通貨ビットコインは、明日にも難易度調整タイミングを迎える。半減期後初めての難易度調整で、-4.19%と易化する見通しだ。
05/17 (日)
中国で再び巨額仮想通貨詐欺 ビットコインなど5銘柄10億ドル規模
今年1月に公式サイトの画面に何も表示されなくなったWoToken。昨年より詐欺の可能性が高いと指摘されてきたが、プロジェクトに関わった主謀者ら6名が当局によって逮捕されたことが裁判所の資料で判明した
05/13 (水)
ビットコインキャッシュ(BCH)、5月15日にハードフォーク実施
ビットコインキャッシュ(BCH)が15日、ネットワークをアップグレードするためハードフォークを行う。P2P形式の電子マネーとして普及を目指すBCHは資金調達を行いながら、スケーラビリティ向上に努めている。
05/12 (火)
仮想通貨ヘッジファンド運用資産額、19年に20億ドル超 ビットコイン他、イーサリアムやリップルなども取引
大手会計事務所PwCとElwoodアセットマネージメントの共同レポートによると、2019年の仮想通貨(暗号資産)ヘッジファンドの運用総額は、20億ドルを超え、18年比で2倍水準まで増加した。
05/09 (土)
ビットコインのドミナンス商品、Bitfinexが新規提供 XRPやETH、ステラのBTC建てペアに連動
Bitfinexは、仮想通貨ビットコインのドミナンスにポジションを取ることが可能な新デリバティブ商品「BTCDOM」をリリース。7つのアルトコイン取引ペアに連動する。
04/28 (火)
中国地方政府、ビットコイン採掘を電力で支援か 半減期後も中華系仮想通貨企業有利に
中国四川省に位置する雅安市では、地元政府は過剰な電力を消費するために、ブロックチェーン企業に協力を要請した。同地域で業務を行なっている仮想通貨採掘企業も恩恵を受けられる可能性がある。
04/24 (金)
機械学習で仮想通貨の価格予測 ビットコイン他、アルト100銘柄に対応=Nomics Crypto
米国の仮想通貨ベンチマークプロバイダーNomics Cryptoは、ディープラーニングのモデルを利用し、7日で仮想通貨価格を予想する機能を無料で提供する。ビットコイン、イーサリアム、リップルほか、アルト100銘柄に対応する。
04/23 (木)
仮想通貨『コインチェックつみたて』リップル(XRP)やイーサリアムなど7銘柄に新規対応
日本円入金から仮想通貨購入まで自動で行い長期的な資産形成を目指す「コインチェックつみたてサービス」に、リップル(XRP)やイーサリアムなど、主要アルトコイン7銘柄が新たに加わった。
04/21 (火)
速報 仮想通貨ビットコイン難易度「+8.45%」で調整完了 半減期後の警戒ポイントは
仮想通貨ビットコインは21日、「+ 8.45%」で難易度調整を終えた。半減期まであと1回の調整を予定するビットコインネットワーク、今後の注目ポイントは?