Bitcoin Cash [ビットコインキャッシュ] BCH

06/01 (月)
英国のロックダウン期間中、仮想通貨市場にもたらした影響
英国の大手金融アプリ「Revolute」が、同国のロックダウン期間中に仮想通貨市場に起きた変化を報告。3月中旬から4月末にかけてユーザー動向に大きな変動が見られた。
05/28 (木)
DeFiに相互運用性を RenVMがメインネットローンチ
DeFiの『Ren』は仮想通貨のクロスチェーン交換が容易に行えるネットワークをローンチした。ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ(BCH)、およびジーキャッシュ(ZEC)に対応する。
05/20 (水)
ビットコイン半減期で採掘事業の撤退事例 株式公開企業が破産申請へ
ビットコイン半減期に伴い、事業撤退するマイニング企業が出てきた。トロントに拠点を置くHyperBlock Inc.(株式公開企業)が、米モンタナ州ミズーラで行う大規模な仮想通貨マイニング施設を閉鎖し、破産手続きを開始することを発表した。
05/19 (火)
ビットコイン、今後注目したい「3つのポイント」 半減期後初の難易度調整は明日
5月12日に採掘報酬の半減タイミングを迎えた仮想通貨ビットコインは、明日にも難易度調整タイミングを迎える。半減期後初めての難易度調整で、-4.19%と易化する見通しだ。
05/17 (日)
中国で再び巨額仮想通貨詐欺 ビットコインなど5銘柄10億ドル規模
今年1月に公式サイトの画面に何も表示されなくなったWoToken。昨年より詐欺の可能性が高いと指摘されてきたが、プロジェクトに関わった主謀者ら6名が当局によって逮捕されたことが裁判所の資料で判明した
05/13 (水)
ビットコインキャッシュ(BCH)、5月15日にハードフォーク実施
ビットコインキャッシュ(BCH)が15日、ネットワークをアップグレードするためハードフォークを行う。P2P形式の電子マネーとして普及を目指すBCHは資金調達を行いながら、スケーラビリティ向上に努めている。
05/12 (火)
仮想通貨ヘッジファンド運用資産額、19年に20億ドル超 ビットコイン他、イーサリアムやリップルなども取引
大手会計事務所PwCとElwoodアセットマネージメントの共同レポートによると、2019年の仮想通貨(暗号資産)ヘッジファンドの運用総額は、20億ドルを超え、18年比で2倍水準まで増加した。
05/09 (土)
ビットコインのドミナンス商品、Bitfinexが新規提供 XRPやETH、ステラのBTC建てペアに連動
Bitfinexは、仮想通貨ビットコインのドミナンスにポジションを取ることが可能な新デリバティブ商品「BTCDOM」をリリース。7つのアルトコイン取引ペアに連動する。
04/28 (火)
中国地方政府、ビットコイン採掘を電力で支援か 半減期後も中華系仮想通貨企業有利に
中国四川省に位置する雅安市では、地元政府は過剰な電力を消費するために、ブロックチェーン企業に協力を要請した。同地域で業務を行なっている仮想通貨採掘企業も恩恵を受けられる可能性がある。
04/24 (金)
機械学習で仮想通貨の価格予測 ビットコイン他、アルト100銘柄に対応=Nomics Crypto
米国の仮想通貨ベンチマークプロバイダーNomics Cryptoは、ディープラーニングのモデルを利用し、7日で仮想通貨価格を予想する機能を無料で提供する。ビットコイン、イーサリアム、リップルほか、アルト100銘柄に対応する。
04/23 (木)
仮想通貨『コインチェックつみたて』リップル(XRP)やイーサリアムなど7銘柄に新規対応
日本円入金から仮想通貨購入まで自動で行い長期的な資産形成を目指す「コインチェックつみたてサービス」に、リップル(XRP)やイーサリアムなど、主要アルトコイン7銘柄が新たに加わった。
04/21 (火)
速報 仮想通貨ビットコイン難易度「+8.45%」で調整完了 半減期後の警戒ポイントは
仮想通貨ビットコインは21日、「+ 8.45%」で難易度調整を終えた。半減期まであと1回の調整を予定するビットコインネットワーク、今後の注目ポイントは?
04/21 (火)
ビットコイン再び7000ドル割れ 「マイナス価格」を記録した米原油先物が影響
21日の仮想通貨市場は軟調な展開に。ビットコイン価格は、原油価格急落の影響を受けた株式市場の値動きに連れ安する形で、日本時間朝方にかけて下落した。
04/20 (月)
コロナで変わる商品購入 「直接販売」手がけるEC支援企業の株価が過去最高値【仮想通貨決済】
コロナウイルスの感染拡大を受け、ショッピングサイト運営にビットコインなどの仮想通貨決済システムを取り入れるShopifyを経由した利用者数が急拡大している。株価は過去最高値を更新した。
04/20 (月)
仮想通貨ビットコイン、明日にも難易度大幅調整か
仮想通貨ビットコインは21日15時ごろに次回の難易度調整を迎える予定。BTC.comのデータによると、今回の難易度調整は「+9.31%」と大幅な難化予想。約10%のプラス調整は、昨年9月以来の水準だ。
04/18 (土)
仮想通貨取引所GMOコイン、「現引き/現渡しサービス」終了へ
GMOコインは、レバレッジ取引で提供を行う現引き/現渡しサービスの終了を発表。サービス終了日は2020年4月30日を予定している。
04/17 (金)
仮想通貨投資信託の資金流入額、過去最高に 機関投資家比率は90%=Grayscale Q1レポート
米大手グレースケールは16日、提供する仮想通貨投資信託で2020年Q1の資金流入額が、四半期として過去最高を記録したことを発表した。同社幹部が、機関投資家の仮想通貨やビットコインに対する関心が高まっていると説明している。
04/16 (木)
仮想通貨ビットコイン、半減期でも「高騰が期待できない理由」
半減期まで1か月をきった仮想通貨ビットコイン。過去2回の半減期後には歴史的な高騰を記録したが、過度な楽観は禁物だ。半減期後、短期的に価格上昇に期待できない可能性を複数の視点から考察する。
04/16 (木)
ビットコインハッシュレート急回復 仮想通貨急落前水準に
仮想通貨ビットコインのハッシュレートが急回復、過去最高水準に届きそうな勢いだ。価格が上昇しない中、なぜハッシュレートが上がっているのか、3つの理由を解説する。
04/16 (木)
マネックスの米投資仲介企業、仮想通貨取引所ErisXの現物市場に新規対応
マネックスグループの米国投資仲介子会社『トレードステーション』は機関投資家向けの仮想通貨取引所ErisXの現物市場への対応を発表。ビットコイン、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、イーサリアムにアクセスできる。