ビットコインキャッシュ(BCH)|投資情報・リアルタイム価格チャート

12/08 (火)
グレースケールなど仮想通貨投資ファンド、機関投資家による大規模資金流入止まらず
グレースケールのビットコイン投信が1兆円規模になるなど、機関投資家による仮想通貨市場への大規模な資金流入が加速していることがわかった。機関投資家主導の強気相場を裏付けている。
11/30 (月)
ハードフォーク後のビットコインキャッシュABCに51%攻撃
仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)から分岐したBCHAに対して51%攻撃が行われた。マイナー税導入に反対するマイナーによる攻撃で、通常あり得ないコンセンサスルールへの変更を試みたことがわかった。
11/27 (金)
仮想通貨詐欺集団PlusTokenの差し押さえ資産、4300億円以上に相当
仮想通貨(暗号資産)業界で最大規模のポンジスキームとして逮捕者が出た「PlusToken」について、中国当局が押収した仮想通貨の内訳が明らかになった。押収された仮想通貨は現在レート換算で42億ドル(4371億円)を超える規模。
11/26 (木)
ビットコインキャッシュとライトコインのグレースケール投信プレミアム、一時1000%超の異常値に
米大手仮想通貨投資企業グレースケールが提供するビットコインキャッシュおよびライトコインの投資信託は数倍以上のプレミアム値で取引されている。相場好転を受け機関投資家は資金を流す。
11/25 (水)
米ブルームバーグが仮想通貨の過熱ぶりを報道、識者の見解は
ブルームバーグが現在の強気な仮想通貨市場について報じた。ビットコインだけでなく、DASH、ビットコインキャッシュ、XRPといったアルトコインも価格が高騰しているとし、現状や価格下落の可能性について伝えている。
11/22 (日)
来週の注目仮想通貨市場ファンダは? 「財務大臣会合・G20サミット」TAOTAOアナリストがPickUp
XLMのアップデートなど来週の注目ファンダとビットコインのハッシュレート推移、難易度調整データを掲載。仮想通貨取引所TAOTAOの仮想NISHI氏の寄稿では、財務大臣会合・G20サミットについて解説した。
11/18 (水)
ハードフォーク後のビットコインキャッシュABC、バイナンスが付与・取引開始を発表
ビットコインキャッシュのプロトコルアップグレードの一環として実施されたハードフォークが15日に完了。開発者報酬を巡る対立を背景に通貨分裂で誕生したBitcoinCashNode(BCHN)とBitcoinCashABC(BCHA)の両銘柄がバイナンスで取引されることがわかった。
11/16 (月)
ビットコイン21年末までに3000万円超え予測=Citiレポート
シティバンク(CitiFX)のマネージングディレクターは機関投資家向けレポートにて、「ビットコインは21世紀のデジタルゴールド」だと主張。70年代に高騰した金市場との類似点を指摘し、21年末の強気予想を示した。
11/16 (月)
ビットコインキャッシュ、ハードフォーク完了
ビットコインキャッシュのプロトコルアップグレードの一環として実施されたハードフォークが15日実行された。
11/15 (日)
「BCHハードフォークとZcashのブロック報酬半減」次週注目ファンダとビットコイン採掘速度
仮想通貨BCHハードフォークやZcashのブロック報酬半減など、来週の注目ファンダとビットコインのハッシュレート推移を掲載。
11/14 (土)
明日ハードフォーク予定のビットコインキャッシュ、国内仮想通貨取引所の対応は?
11月15日仮想通貨ビットコインキャッシュはコミュニティ対立によってフォークが行われ、二つのチェーンに分裂する予定だ。すでに一部取引所は、どちらを支持するかの方針を発表している。
11/13 (金)
PayPal、仮想通貨売買サービスを提供開始
米決済大手PayPalは米国で仮想通貨の売買サービスを正式に開始した。取り扱う銘柄はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュの4銘柄。顧客からの需要が大きいことを受け、毎週の購入制限金額を引き上げている。
11/08 (日)
「ビットコインキャッシュ分岐の可能性」翌週の重要ファンダとTAOTAOアナリスト解説
ビットコインのハッシュレート推移、難易度調整データを掲載。仮想通貨取引所TAOTAOの仮想NISHI氏の寄稿では、BCHのハードフォークの可能性について解説した。
11/03 (火)
ペイパルCEO、仮想通貨新事業に手ごたえ
新しく仮想通貨取引の提供を始めたPayPal(ペイパル)が、ユーザーからの需要がすでに高いことを明かした。需要に応えて仮想通貨購入制限を引き上げるという。
11/02 (月)
国内仮想通貨取引所、15日予定ビットコインキャッシュハードフォーク可能性への対応方針
国内仮想通貨取引所は、15日予定のビットコインキャッシュのアップグレードに伴うサービスの対応方針を発表した。ハードフォークでBCHN(BitcoinCash Node)に分岐する可能性が高い。
10/28 (水)
インドで異例の仮想通貨銀行サービス誕生へ ビットコインなど8銘柄に対応
インドの金融機関が仮想通貨のサービスを提供することがわかった。サービスの内容や対象銘柄、今後の計画が明らかになっている。
10/27 (火)
東南アジア最大手銀行、米ドルや日本円対応の仮想通貨取引所「DBSデジタル取引所」を開設へ
東南アジアの最大手銀行「DBS銀行」が、独自の仮想通貨取引所を開設する。取扱銘柄はBTC(ビットコイン)やXRP(リップル)などの4銘柄で、シンガポールドルのほか米ドルや日本円建ての通貨ペアも提供する。
10/22 (木)
「対象コインは5銘柄」Kraken日本法人の暗号資産取引所がサービス開始
米仮想通貨取引所Krakenの日本法人の暗号資産交換業者「Payward Asia株式会社」は10月22日より入出金と取引サービスを開始した。今後多様なサービスの提供にも示唆。
10/21 (水)
PayPal、仮想通貨売買に対応へ ビットコインなど4銘柄
米決済大手のPayPalは仮想通貨の売買機能を開始することを公式で発表した。最初はビットコインを含めた4銘柄をサポートする。
10/15 (木)
機関投資家、アルトコインにも関心──仮想通貨投資信託に10億ドルの資金流入(Q3)
米大手仮想通貨投資企業グレースケールは第3四半期レポートを公開。提供するすべての投資信託に計10.5億ドルが新たに流入し、アルトコインへの投資額が劇的に増えた。