CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン底堅く推移、急動意のビットコインキャッシュは前月比2倍以上に

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マクロ経済と金融市場

29日の米NY株式市場では、ダウ平均株価は前日比269ドル(0.8%)高、ナスダック指数は0.42ポイント安で取引を終えた。

FRBの銀行ストレステスト(健全性審査)の結果、対象となった一定以上の規模を有する23行すべてが「良好」を示し、銀行株が買われた。今春には、米シリコンバレー銀行などの銀行破綻が相次ぎ信用不安が拡大するなど、FRB(米連邦準備制度)の金融引き締めの副作用によって地銀および中小銀行の財務基盤悪化が取り沙汰され、金融システム不安が広がっていた。

ストレステストは、米国の銀行に対して定期的に実施される厳格な評価プロセスのこと。リセッション(景気後退)懸念が強まる中、景気後退や金利上昇などを想定した不況時においても、銀行のバランスシートやリスクポジションへの影響や規制上定められた自己資本比率を維持できるかどうかをチェックする。

関連:FRBのストレステスト合格で大手銀株が上昇 米新規失業保険申請は大幅減少|30日金融短観

関連:仮想通貨投資家にもオススメの株式投資、日米の代表的な仮想通貨銘柄「10選」

仮想通貨市況

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン価格は前日比0.06%高の1BTC=30,382ドルに。

BTC/USD日足

関連:フィデリティがビットコインETFの申請を提出 米CMEがETH/BTC先物の提供を計画|30日朝の重要速報まとめ

直近高値圏で推移するも主要レジスタンスライン(上値抵抗線)を前に上値を重くしており、急騰後ということもあり調整不足を指摘する声も少なくない。

ただ、昨年末のFTX破綻やバイナンス・コインベース提訴など目先の悪材料が出尽くし相場が大きく冷え込んだ後、最大手資産運用会社ブラックロックのビットコインETF(上場投資信託)申請が報じられると需給好転した経緯がある。

満を持してブラックロックが申請したからには勝算があり、米SEC(証券取引委員会)に全て否決されてきた「現物版ビットコインETF」の承認確率は「過去最も高い」との見方が大勢を占めることからも下値は底堅いか。

米金融大手フィデリティなど他金融機関からのビットコインETF再申請も相次いでいるほか、2024年には四年に一度のビットコイン半減期が予定されており、デジタル金融資産としての希少性はますます高まることになる。

関連:1年を切った次回ビットコイン半減期へのカウントダウン、市場動向と専門家の予測は?

関連:上場投資信託「ビットコインETF」とは|ブラックロックの申請が注目される理由

前日には上場企業マイクロストラテジーのビットコイン買い増しも確認されるなど、ビットコイン支持派は強気姿勢を貫いている。

関連:ビットコイン3万ドル節目の揉み合い続く、マイクロストラテジーはBTCを500億円相当買い増し

アルトコイン市場

個別銘柄では、17年8月にビットコインのハードフォークで誕生したビットコインキャッシュ(BCH)が前日比14.7%高と続伸。前月比では132%高と2倍以上に高騰した。

1年以上低迷した底値圏のレンジをブレイクアウトすると、騰勢を一層強めた。

BCH/USD 週足

BCHが動意付いた21日は、シタデル・セキュリティーズ、フィデリティ・デジタル、チャールズ・シュワブ、セコイア・キャピタルなどの大手金融機関の支援を受けローンチした米EDX Marketsの上場日と重なっており、材料視されたものと見られる。

米SEC(証券取引委員会)が合意形成アルゴリズムがPoS(プルーフ・オブ・ステーク)系の主要アルトコインの大半をターゲットに規制圧力を強める中、唯一コモディティとして分類されるビットコイン同様、PoW(プルーフ・オブ・ワーク)によって承認されるブロックチェーンであることも規制リスク面での信頼性を高めたか。

関連:ウォール街金融が出資する仮想通貨取引所「EDX Markets」 米国でオープン

これに伴い、SNS上でBCHについて議論されるソーシャルディスカッション率は、過去3年間で最高を記録した。

先物市場では、BCHのショートポジションのロスカット(強制清算)が確認されており、ショートカバーも上昇を後押しした。

coinglass

Andrew Kang氏によれば、BCHの市場供給量以上のショートポジションが蓄積されており、流動性が低く買い戻しが困難にあることも背景にある。

2017年のビットコインキャッシュ誕生時には、ハッシュレートの大半を占めていた中国マイナー(採掘者)が主導したとの見方があり、2023年6月の香港市場の取引解禁を巡る思惑も追い風となっている可能性がある。

2018年11月には、主要マイナー間の方針の違いから大規模なハッシュ戦争および敵対的ハードフォークが発生。BCH(Bitcoin ABC)とBSV(ビットコインSV)に分岐するなど混迷を深めた時期もあった。

関連:ジハン・ウー氏インタビュー:仮想通貨ビットコインキャッシュハードフォーク後の現状

また、Wu Blockchainの指摘によれば、韓国最大手暗号資産(仮想通貨)取引所Upbitにおいて、韓国の法定通貨ウォン建「BCH/KRW」の取引高が3億5,000万ドルを上回った。これは、BCHの総取引高の23.58%を占めており、BCHの上昇の背景に韓国勢の影響が強まっていることを示唆する。

なお、同じくEDX Marketsに上場したライトコイン(LTC)は、前日比1.8%高、前月比6.1%安と冴えない。他の銘柄を確認すると、ビットコインは前月比11.8%高、イーサリアムは1.29%安となっており、ビットコインキャッシュ(BCH)だけが独歩高の様相を呈している。

一方、半減期まで約2ヶ月に迫るライトコインは、ハッシュレート(採掘速度)が過去最高値を更新した。

LTCハッシュレート推移

関連:ライトコイン半減期の予定日は8月7日頃、オンチェーンデータは大口投資家の動向を示唆

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/24 水曜日
13:55
トヨタ・ブロックチェーン・ラボ、スマートアカウント導入で車の使用権トークン化を検討
トヨタ・ブロックチェーン・ラボは、モビリティ(移動手段としての乗り物)をイーサリアム・ブロックチェーン上のスマートアカウントとして設計する構想を発表した。
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。
14:15
時価総額が355兆円規模に、上半期の仮想通貨市場=バイナンスレポート
仮想通貨取引所大手バイナンス、2024年上半期の仮想通貨市場についてのレポートを発表。仮想通貨の時価総額は年初から37.3%増加し、355兆円の規模に拡大したと報告した。
13:20
トランプ氏が大統領再選の場合、ゲンスラーSEC委員長早期退任か=10x Research
10x Researchは、トランプ氏が大統領再選の場合、仮想通貨に批判的なゲンスラーSEC委員長は退任する可能性が高いと意見した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア