CoinPostで今最も読まれています

上場投資信託「ビットコインETF」とは|初心者向けに特徴と重要ポイントを解説

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコインETFとは

暗号資産(仮想通貨)の「ビットコインETF」は、規制当局による不認可が続いてましたが、2021年以降、カナダやブラジルで認可される事例も確認されています。

米国では、過去数年間に渡って複数の企業が「ビットコインETF」をSEC(米証券取引委員会)に申請してきましたが、これまで再三に渡り否決されてきました。

なぜ、ビットコインETFは、BTC価格に影響するほどマーケットから材料視されているのでしょうか。本記事では、「ビットコインETF」の仕組みと、認可された場合の仮想通貨市場への影響について解説します。

ETFについて

ETF(上場投資信託、Exchange Traded Fund)とは、投資信託の一種で特定の指数と連動します。非上場の投資信託と違い、株式同様に証券取引所で売買が可能です。creation/redemption というETF特有のプロセスにより現物との価格差(プレミアム)を基に、現物の価格を安定化させる効果があると言われています。

ビットコインETF

ビットコインETFは、その名の通り連動する指数は「ビットコイン(BTC)」価格です。

株式同様、証券取引所(株式市場)で売買可能となり、既存金融商品と同様に扱えることで暗号資産(仮想通貨)特有の秘密鍵やデジタルウォレットなどの知識がなくとも、ビットコインに投資することが可能となるほか、仮想通貨の直接保有ではなく「投資信託」という区分になるため、国によっては税制面で優遇される場合もあります。

日本に当てはめた場合、仮想通貨はほかの収入と合算した総合課税扱いとなる雑所得。累進課税で住民税10%を合わせて「最大55%」を課せられますが、株式やFX(外国為替証拠金取引)の収益は、「申告分離課税」のため一律約20%で、一定期間内の利益と損失を相殺する損益通算なども可能です。

ただし、日本では2019年11月、金融庁が「仮想通貨の投資信託」の禁止方針を固めており、ビットコインETF上場の実現可能性は、米国以上に低いと考えられます。

米国のETF可否判断

2021年2月、カナダで北米初となるビットコイン ETF「Purpose Bitcoin ETF(BTCC)」 が承認され、トロント証券取引所(TSX)へと上場しました。数時間後に同様のETF、「Evolve ETF(EBIT)」も認可、BTCC 同様にTSXで取引を開始。 BTCCの運用総額は1か月後には950万ドルまで膨らみ、6月にはおよそ20,000BTCまで拡大されました。

その後、南米のブラジルでは3月にビットコインETF(ティッカー:QBTC11)が同国の証券取引委員会(CVM)に承認され、6月に主要証券取引所B3に上場しました。

BTCCは6月時点でカナダで最大規模のビットコインETFとなっており、SECによる厳格な審査で足止めされる米国に先んじています。

しかし、2021年9月以降、米SECのゲーリー・ゲンスラー委員長は姿勢の軟化とも受け取れる言及をしています。2021年に入り多く見られた、CME(シカゴマーカンタイル取引所)のビットコイン先物に投資するETFについて、個人の見解だと断りを入れつつも「(SEC)の委員が、ETFの審査を行うことを楽しみにしている」などと含みを持たせました。

2021年10月には、3つの仮想通貨・ブロックチェーン関連ETFが米国で承認されました。ビットコイン単一のETFではないものの、類似した性質を持つETFの認可は、布石として捉えられています。

関連:ビットコインETF(上場投資信託)最新情報まとめ (coinpost.jp)

早ければ、米国の歴史上初となるビットコインETF承認は、第4四半期(米国)中に行われる見込みで、ビットコインの先物ETFでは、ProShares社の申請判断が10月18日頃に迫るほか、以前から有力視されているVanEck版ETFの最終可否判断日は、21年11月14日頃とみられます。

ビットコインETFが承認されれば、潤沢な資金力を持つ機関投資家の呼び水となることが考えられますから、中・長期的な資金流入が期待できるほか、仮想通貨市場にも市場にも、流動性向上などポジティブな影響が期待されます。

ビットコインを取り扱う仮想通貨取引所は

日本国内でビットコインを取り扱う取引所の中で、特に注目度の高い取引所としてよく挙がるのは、コインチェックやbitFlyer、GMOコインです。

コインチェック

コインチェックは、2012年に創業して以来、仮想通貨業界をけん引してきた老舗の仮想通貨取引所。親会社は東証1部上場のマネックスグループであり、豊富な金融ノウハウのほか、安定した経営基盤と高水準のセキュリティなどに定評があります。

コインチェックのアプリは初心者でも直感的に操作できるほどわかりやすく簡単で、アルトコインなどの取り扱い銘柄は国内最多です。

関連:仮想通貨取引所コインチェックとは|投資家向け3つのおすすめポイント

bitFlyer

国内大手仮想通貨取引所bitFlyerは、業界最高水準のセキュリティを誇っており、取り扱い銘柄数も18種類と豊富です。特にビットコイン(BTC)の証拠金(レバレッジ)を用いた信用取引(lightning FX)サービスは利用者も多く、流動性が高いため取引が成約しやすい環境です。

関連:仮想通貨取引所bitFlyerとは|投資家向け3つのおすすめポイント

GMOコイン

GMOグループは、仮想通貨事業以外にも、オンライン証券やネット銀行、FX事業と多岐に渡る金融サービスを提供しており、ITや金融などの高度なノウハウがGMOコインのサービスの随所にいかされています。

GMOコインの仮想通貨取引所は、手数料が安く、ビットコイン(BTC)以外にも豊富なアルトコインを取り揃え、初心者から中・上級者まで幅広く利用しやすい取引所と言えます。スマホアプリも使い勝手がよく、現物取引(販売所・板取引)、暗号資産FXをひとつのアプリから操作可能です。

関連:多様な仮想通貨取引が持ち味のGMOコイン 初心者にもおすすめな理由

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/05 日曜日
11:30
BTCなどリスクオンムードも、上昇トレンドのモメンタムは後退
国内大手取引所bitbankのアナリストが、揉み合い続く今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|岸田総理へのWeb3に関する質問に注目集まる
今週は、岸田総理に自民党の平将明議員がWeb3に関する質問を行ったニュースが最も多く読まれた。このほか、仮想通貨イーサリアムの供給量が純減したことなど、一週間分の情報をお届けする。
02/04 土曜日
15:00
ビットコイン・レイク体験記寄稿3
ビットコイン・レイクでは、ローカルビジネスへのビットコイン導入支援が積極的に行われている。現地訪問したビットコイン・スタンダード」翻訳者の練木照子氏による体験記寄稿。
15:00
イーサ「再ステーキング」企業、EigenLayerが65億円調達へ
仮想通貨イーサリアムの“再ステーキング”プロトコルEigenLayerが、65億円の資金調達を進めている。イーサリアムのバリデーターにとって、ステーキング報酬を2重に得られるため、資本効率を高める手段として期待される。
13:00
バイナンス CBDCテストにBNBチェーンの環境を提供
バイナンスとカザフスタンがCBDCで協力して実証実験を行うことが決まった。カザフスタンのCBDCは現在実証実験の段階にある。
11:00
バイナンス、韓国市場へ再進出 GOPAX株式取得で
最大手仮想通貨取引所バイナンスは、韓国市場へ再進出すると発表した。取引所GOPAX株式の多くを取得した格好だ。また、インドWazirXへのウォレット提供を止めることも報告している。
10:05
イーロン、ツイッターの収益シェア導入を発表
米ツイッター社のイーロン・マスクCEOは、広告収益の分配を有料ユーザー向けに開始したことを発表した。Twitter Blueプラン加入ユーザーのみが対象。返信欄で表示される広告の収益の一部を受け取ることとなる。
08:26
グーグル親会社「企業のミッション達成にAIは非常に重要」
グーグルの親会社アルファベットは、2023年1月分の決算報告から、AI事業の一部に関する記載を明確化すると説明。この変化は、アルファベットがAI事業を強化していることを示唆していると指摘されている。
07:25
米ナスダック・ビットコインなど反落 ドル急伸
本日のニューヨークダウやナスダックは反落。米強い雇用統計を受け米国債相場の急落に伴い利回りは急伸し、株式市場や仮想通貨市場は下落した。
02/03 金曜日
16:25
イーサリアム、上海アップグレードに向けて3回テストを予定
仮想通貨イーサリアムのコア開発者グループは定期会議を実施。メインネットでの上海アップグレードは最短で3月中旬に実施可能になるとの見解も出ている。
14:15
FTX Japanの事業売却、入札期限が延長
経営破綻した仮想通貨取引所FTXの事業売却について、日本法人「FTX Japan」などの入札プロセスが1か月ほど延長された。FTXは「合理的なビジネス上の理由」と述べており、有利な入札条件を集めるねらいがあるようだ。
13:30
史上最大4MBのビットコインNFTがミント、コミュニティは賛否両論
仮想通貨開発者のUdi Wertheimer氏は、ビットコインマイニング会社Luxor Miningの協力を得て、史上最大のBTCブロックを占めるNFTの鋳造に成功したと発表した。
12:33
メタマスク、プライバシー機能を拡張
仮想通貨ウォレット最大手Metamaskは、RPCネットワークの変更機能を設置した。また、フィッシング詐欺の検出や着信トランザクション通知などを行うサードパーティサービスを使用するトグル機能を追加した。
12:15
抵抗線で揉み合うビットコイン、移動平均線のゴールデンクロス迫る
ダウ反落を受け3日にかけて暗号資産(仮想通貨)市場も反落。ビットコインは50MA(中期移動平均線)と200MA(長期移動平均線)のゴールデンクロスが迫っている。
11:50
米マイクロストラテジー、ビットコイン保有で250億円の減損計上
米上場企業マイクロストラテジーは2022年第4四半期の決算を報告。財務資産として保有する仮想通貨ビットコインについて約254億円の減損を計上している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2023/02/07 17:00 ~ 18:00
その他 東京都港区虎ノ門/オンライン
2023/02/09 19:00 ~ 21:00
その他 オンライン
2023/02/10 ~ 2023/02/11
その他 羽田空港第1ターミナル6階 ギャラクシーホール・5階LDHキッチン/オンライン
2023/04/14 ~ 2023/04/16
その他 未定
重要指標
一覧
新着指標
一覧