CoinPostで今最も読まれています

ジハン・ウー氏インタビュー:仮想通貨ビットコインキャッシュハードフォーク後の現状

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットメイン社ジハン・ウー氏
日経CNBCが11月18日に開催した「Future of Money~マネーの未来を探る~」にて、Bitmainのジハン・ウー氏が、マイニングを中心に様々な技術面に関する見解を語った。またコインポストでもジハン氏のインタビューに成功、ハードフォークや人事異動の件など気になる点を伺った。

「マイニングから読み解く マネービジネスの将来像」

世界最大級の仮想通貨マイニング関連企業であるビットメインのCo-founderであるジハン・ウー氏が日経CNBCが主催した「Future of Money~マネーの未来を探る~」に出席し、マネービジネスの将来像について語った。

ビットコインキャッシュのハードフォークについて

ウー氏は、Bitcoin ABC派がクレイグ・ライト氏率いるSV派との対立によって、ビットコインキャッシュが先行き不透明になっている現状を受け止めている。

しかし、そのような中でも、ABC側のビットコインキャッシュはコミュニティを主体としたムーブメントである為、「今後は、さらに健全かつ大きく成功する」とビットコインキャッシュ(Bitcoin ABCチェーン)の成功への期待感を示した。

出典:CoinPost撮影

注目の香港取引所上場について

また、9月頃にビットメイン社が香港取引所にIPO(新規公開株)申請をしていたことが明らかになったことが話題となっており、パネルディスカッション内でウー氏は以下のように言及した。

法的な義務がある為、香港取引所と連絡をしていること以外は開示できない。

しかし、コミュニティー内外からの意見の違いはあっても、我々の株式上場が実現すれば、金融機関や投資家からの支援につながる上、(ビットメイン社だけではなく)仮想通貨業界に透明性と健全性をもたらす良いきっかけになると思う。

その他現状公開されている情報はこちらから。

BitmainがIPOを正式申請、財務詳細が公開|ビットコインキャッシュの高騰に影響か
世界最大の仮想通貨マイニング企業であるBitmainが香港証券取引所でIPOの申請を行なったことが明らかになった。その申請書の中で、Bitmainの財務詳細が公開され、着実な成長を遂げていることが示唆された。

BCHハッシュレート増加、堅牢性向上の戦略について

同氏は、BTCとBCHは「脆弱性のあるアルゴリズム」を10年間使い続けているという問題点についても指摘した。

またナカモト・サトシを自称するCraig Wright氏も、攻撃される可能性を示唆した点などからも、様々な脅威を防ぐことのできるセキュリティの仕組みを考え、PoWのセキュリティモデルを向上させる必要があるとしている。

また登壇後、CoinPost編集部でジハン・ウー氏のインタビューに成功し、ビットコインキャッシュのハードフォークの経緯や影響、最近話題となっていたウー氏の人事異動の真相、相場予想等を語ってもらった。

インタビュー内容

―ABCアップデートについてどのように考えているか

Bitcoin ABC側のアップデート内容は、複数の開発者チームが何度も話し合って決定した内容だ。

対照的にnChainやCoingeekが発表したBitcoin SVは唐突で、アップデート直前に発表された。

おそらく、故意に混乱をもたらし、力を得ることでネットワークを乗っ取る為にしたのだろう。

―ハードフォークへの経緯は

8月に(ビットコインキャッシュ)コミュニティー全体がタイに集合した時も、クレイグ・ライト氏は妥協を許さなかった。ブロックチェーンは任意で開発が行われる為、プロジェクトの分岐は仕方がなく、独自のチェーンを作ること自体は問題ない。

しかし、我々ビットコインキャッシュコミュニティーが、プロトコルのアップグレードを談義していた中、彼はハッシュレートで脅しをかけてきた - まるでテロリストのようだ。

この先ビットメインはどのようなスタンスを取るのか

ビットコインキャッシュは分散化されたコミュニティで、ビットメインはその一部だ。

一時期はアグレッシブな提案したが、コミュニティから反対された。しかし分散化されたコミュニティでは、良いアイデアでもそうでないアイデアでもコミュニティに提案される。

ブロックチェーンは多くの貢献者から様々なアイデアが考案されている技術だ。全てが正しい訳ではないが、そのような環境から良いアイデアが生まれやすくなる。

ウー氏の人事異動が話題となっているが

現在、ビットメイン社の子会社で全ての役員を異動して、子会社一つに対して役員一人という体制に変えている。

以前はコストが必要以上にかかっていた為、それを変えただけだ。

出典:CoinPost撮影

弱気相場が続いているが、強気市場はいつ来るのか

ビットコイン採掘ビジネスやマイニング機器の製造事業は非常に質的なビジネスだ。

仮想通貨市場は難しい。

多くの仮想通貨が価値を失っており、ピーク時から-90%以上価格が下がっている通貨もある。

イーサリアムのように非常に優秀なコミュニティーでさえも、多くの価値を失っている。

弱気市場は今後も続くかもしれないが、2年以上など長期間続くことはないのではないか。

CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれるLINE@。早くも登録者4,000名近くになりました。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨大手取引所Huobi、ビットコインABCを正式に『BCH』に任命|リプレイプロテクション実装で送金再開となるか
世界取引高No.3の大手仮想通貨取引所Huobiは、ビットコインキャッシュのハードフォーク後の分裂通貨であるABCバージョンを正式のビットキャッシュとしてみなし、既存の『BCH』ティッカーを継続させると公式で発表した。
マイニング大手Bitmainが保有していた550万ドル相当の仮想通貨ビットコインハッキング被害か|米裁判所に陪審裁判を申請
マイニング大手のBitmainがBinanceの口座で保有していた約6.2億円相当のビットコインが、ハッカーによって盗まれていたとする訴状文書が公開された。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/24 水曜日
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。
14:15
時価総額が355兆円規模に、上半期の仮想通貨市場=バイナンスレポート
仮想通貨取引所大手バイナンス、2024年上半期の仮想通貨市場についてのレポートを発表。仮想通貨の時価総額は年初から37.3%増加し、355兆円の規模に拡大したと報告した。
13:20
トランプ氏が大統領再選の場合、ゲンスラーSEC委員長早期退任か=10x Research
10x Researchは、トランプ氏が大統領再選の場合、仮想通貨に批判的なゲンスラーSEC委員長は退任する可能性が高いと意見した。
12:11
ビットコイン67000ドル台で推移、ブラックロックETFへの資金流入は今年3月以来の最大規模に
SECが暗号資産(仮想通貨)イーサリアムETFの最終承認を行う中、ブラックロックのETF「iShares Bitcoin Trust(IBIT)」への資金流入は4ヶ月ぶりの規模に膨らんだ。ビットコイン・カンファレンス開催でのトランプ大統領の発言にも注目が集まる。
11:20
Ondoの米国債担保ステーブルコインUSDY、Cosmosエコシステムに展開
資産トークン化企業Ondo Financeは22日、米国債担保のステーブルコインOndo US Dollar Yield(USDY)をCosmosエコシステムに展開した。
11:02
デジタルアセットマーケッツ、RWAトークンを世界展開へ
RWAトークンのグローバル展開を推進するため、デジタルアセットマーケッツが韓国のWeb3企業CREDERと提携。CREDERは、RWAのトークン化を専門とする企業である。
10:45
仮想通貨「Avail」、取引所バイビットなどに新規上場へ
モジュラー・ブロックチェーン「Avail」による新規発行の仮想通貨「AVAIL」はバイビットなど複数の取引所へ新規上場する予定だ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア