Astar(ASTR)基盤のDEX「ArthSwap」とは|機能や特徴を解説

ArthSwapとは

ArthSwapは、Astar Network(アスターネットワーク:ASTR)上に構築されたネイティブDEX(分散型取引所)で、トークンスワップやステーキング流動性マイニングなどの機能を提供しています。

Astar Network基盤のdApps(分散型アプリケーション)としては最大のTVL(Total Value Locked:ロックされた資産の総額)を誇るDEXで、DeFi(分散型金融)プロトコルのTVLやその推移、ランキングを調べることのできるサービスを提供する「DefiLlama」の統計によれば、本稿執筆時点で約200億円(1.6億ドル)規模にのぼります。

ArthSwapはAstar NetworkのDeFi領域を牽引する最初のdAppsであり、今後Astarエコシステム内の全てのトークン上場を目指しています。

アスター基盤の分散型取引所

Astar Networkとは、ポルカドット(DOT)と接続する日本発のパブリックチェーンで、今年1月にメインネットをローンチしたばかりです。Astar Networkでは、構築を奨励する(=Build2Earn:構築して稼ぐ)「dAppStaking」という開発者向けの報酬設計を導入しており、これまでに40以上のdApps(分散型アプリ)がローンチされています。

ArthSwapは、こうしたAstar NetworkによるBuild2Earnプログラムや、米マイクロソフトも共同で取り組む「Astar Incubation Program」といった支援プログラムに参加していることから、Astar Networkによるマーケティングおよび開発面での強力なサポートを受けているプロジェクトとなります。

さらに、Astar Networkは3月11日に「Astar Boost Program」と呼ばれる1億ドル(約110億円)規模のファンドも発表しています。このファンドを通じて、ArthSwapはAstar Network上のDeFiプロジェクトとして、流動性やインセンティブの提供といったサポートが適用されています。

関連:日本発のパブリックブロックチェーン「Astar Network」、110億円規模のファンドを発表

目次
  1. プロジェクト概要
  2. ArthSwapの機能・特徴
  3. ARSWトークンについて
  4. IDO
  5. 今後の展開

プロジェクト概要

ArthSwapは今年1月下旬にリリースされた後、わずか2ヶ月で1億ドル(約120億円)のTVLを達成し、注目を集めたことでも知られています。ArthSwapの公式ツイートによれば、この数字は、Astar Networkとポルカドット双方のエコシステム全体を見ても、現時点で最大規模のDEXとなっているそうです。

また今年3月には、大手暗号資産(仮想通貨)VCファンドの「OKX Blockdream Ventures」などからの資金調達に成功しています。調達額の詳細は明らかにはされていませんが、ここからArthSwapにおけるTVLの実績、およびその将来性が評価されていることが分かります。

関連:アスター基盤DEXのArthSwap、OKX含む大手VCから資金を調達

ArthSwapの機能・特徴

現在、ArthSwapがDEXとして提供している主な機能は、トークンスワップ(トークン同士の交換取引)、ステーキング、流動性マイニングの3種類です。特徴としては、シンプルなUIと高いAPY(年利)が挙げられます。

トークンスワップに関して、今後Astar Network内の全てのトークンが対応する予定です。現在取り扱いがサポートされている暗号資産は、wASTR、wETH、wBTC、DAI、WSDN、USDC、USDT、USDC、MATIC、BNB、BUSDの10種類となっています。

また、ステーキングや流動性マイニングに関しては、DEXとしての流動性を維持するため、上記10種類の暗号資産をステーク(ロック)し、流動性(通貨ペア)を提供したユーザーには、その対価として「ARSW」トークンが付与される仕組みが実装されています。

ArthSwapの公式資料によると、「今後Defiプラットフォームに必要な機能はすべて揃える予定」であることから、定期的なアップデートおよび新機能の実施が見込まれています。

ARSWトークンについて

「ARSW」トークンは、ArthSwapで使用される暗号資産(仮想通貨)です。

出典:ArthSwap

ARSWトークンには発行上限が設定されており、総発行数は10億ARSWとなっています。この10億ARSWは、2年間(24ヶ月)で配布が完了する予定で、配布先の内訳は以下の通りです。

  • 流動性マイニング(およびエアドロップ):35%
  • コミュニティ:15%
  • 初期貢献者:10%
  • 開発チーム:20%
  • 投資家:20%
  • IDO

    ArthSwapは、4月16日に実施される第一弾IDOに関する詳細を発表しています。

    IDOとは

    IDOとは、Initial DEX Offeringの略称。分散型取引所(DEX)で行われるトークンセールを指す。

    仮想通貨用語集

    このIDOでは、ARSWトークンセールが16日20時(日本時間)から実施される予定です。

    公式が公開しているIDOの参加方法はこちら:

    Hello everyone, this is the ArthSwap team.

    IDOに参加するにはUSDコイン(USDC)、テザー(USDT)およびアスター(ASTR)のいずれかが必要で、ASTRの場合には割引が受けられるようになっています。

    詳細は下記の通りです。

  • 開始日時:16日20時(日本時間)
  • トークン販売量:100万ARSW
  • トークン価格:1ARSW=約60円(0.5ドル)
  • 対応銘柄:USDC、USDT、ASTR
  • 関連:Astar(ASTR)基盤の大手DEX・ArthSwap、IDO第一弾の詳細を明らかに

    今後の展開

    ArthSwapが公開しているロードマップによると、ARSWは以下のようなさまざまな用途が予定されています。

  • 今後IDOに参加する様々なプロジェクトのトークンを購入する権利
  • インキュベーションプロジェクト(ArthShot、ArthShot-Lock、ArthShot-Airdrop)に参加する権利
  • Gamefiプロジェクトとの連携
  • デュアルマイニング
  • IPプロジェクトとの連携
  • NFT Launchpad/NFT Staking
  • 詳しくはArthSwapロードマップ(https://docs.arthswap.org/roadmap)をご覧ください。

    また、ARSWトークンの上場も計画されており、トークンホルダー数および流通量も増加していくことが見込まれます。流動性マイニングの報酬として得られたARSWトークンも上場後には譲渡や売買することができるようになります。

    ArthSwapユーザーは、公式フォーラムやディスコードなどで、コミュニティへの参加、またはコミュニティメンバーに対しての意見のやりとりやフィードバックをすることが可能となっています。

    ArthSwap関連リンク:

  • 公式サイト
  • Twitter
  • Discord
  • Telegram
    24時間上昇率ランキング(国内)
    24時間下落率ランキング(国内)
    1週間上昇率ランキング(国内)
    1週間下落率ランキング(国内)
    時価総額ランキング(国内)

    画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
    「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します