CoinPostで今最も読まれています

Astar(ASTR)基盤のDEX「ArthSwap」とは|機能や特徴を解説

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ArthSwapとは

ArthSwapは、Astar Network(アスターネットワーク:ASTR)上に構築されたネイティブDEX(分散型取引所)で、トークンスワップやステーキング、流動性マイニングなどの機能を提供しています。

Astar Network基盤のdApps(分散型アプリケーション)としては最大のTVL(Total Value Locked:ロックされた資産の総額)を誇るDEXで、DeFi(分散型金融)プロトコルのTVLやその推移、ランキングを調べることのできるサービスを提供する「DefiLlama」の統計によれば、本稿執筆時点で約200億円(1.6億ドル)規模にのぼります。

ArthSwapはAstar NetworkのDeFi領域を牽引する最初のdAppsであり、今後Astarエコシステム内の全てのトークン上場を目指しています。

アスター基盤の分散型取引所

Astar Networkとは、ポルカドット(DOT)と接続する日本発のパブリックチェーンで、今年1月にメインネットをローンチしたばかりです。Astar Networkでは、構築を奨励する(=Build2Earn:構築して稼ぐ)「dAppStaking」という開発者向けの報酬設計を導入しており、これまでに40以上のdApps(分散型アプリ)がローンチされています。

ArthSwapは、こうしたAstar NetworkによるBuild2Earnプログラムや、米マイクロソフトも共同で取り組む「Astar Incubation Program」といった支援プログラムに参加していることから、Astar Networkによるマーケティングおよび開発面での強力なサポートを受けているプロジェクトとなります。

さらに、Astar Networkは3月11日に「Astar Boost Program」と呼ばれる1億ドル(約110億円)規模のファンドも発表しています。このファンドを通じて、ArthSwapはAstar Network上のDeFiプロジェクトとして、流動性やインセンティブの提供といったサポートが適用されています。

関連:日本発のパブリックブロックチェーン「Astar Network」、110億円規模のファンドを発表

目次
  1. プロジェクト概要
  2. ArthSwapの機能・特徴
  3. ARSWトークンについて
  4. IDO
  5. 今後の展開

プロジェクト概要

ArthSwapは今年1月下旬にリリースされた後、わずか2ヶ月で1億ドル(約120億円)のTVLを達成し、注目を集めたことでも知られています。ArthSwapの公式ツイートによれば、この数字は、Astar Networkとポルカドット双方のエコシステム全体を見ても、現時点で最大規模のDEXとなっているそうです。

また今年3月には、大手暗号資産(仮想通貨)VCファンドの「OKX Blockdream Ventures」などからの資金調達に成功しています。調達額の詳細は明らかにはされていませんが、ここからArthSwapにおけるTVLの実績、およびその将来性が評価されていることが分かります。

関連:アスター基盤DEXのArthSwap、OKX含む大手VCから資金を調達

ArthSwapの機能・特徴

現在、ArthSwapがDEXとして提供している主な機能は、トークンスワップ(トークン同士の交換取引)、ステーキング、流動性マイニングの3種類です。特徴としては、シンプルなUIと高いAPY(年利)が挙げられます。

トークンスワップに関して、今後Astar Network内の全てのトークンが対応する予定です。現在取り扱いがサポートされている暗号資産は、wASTR、wETH、wBTC、DAI、WSDN、USDC、USDT、USDC、MATIC、BNB、BUSDの10種類となっています。

また、ステーキングや流動性マイニングに関しては、DEXとしての流動性を維持するため、上記10種類の暗号資産をステーク(ロック)し、流動性(通貨ペア)を提供したユーザーには、その対価として「ARSW」トークンが付与される仕組みが実装されています。

ArthSwapの公式資料によると、「今後Defiプラットフォームに必要な機能はすべて揃える予定」であることから、定期的なアップデートおよび新機能の実施が見込まれています。

ARSWトークンについて

「ARSW」トークンは、ArthSwapで使用される暗号資産(仮想通貨)です。

出典:ArthSwap

ARSWトークンには発行上限が設定されており、総発行数は10億ARSWとなっています。この10億ARSWは、2年間(24ヶ月)で配布が完了する予定で、配布先の内訳は以下の通りです。

  • 流動性マイニング(およびエアドロップ):35%
  • コミュニティ:15%
  • 初期貢献者:10%
  • 開発チーム:20%
  • 投資家:20%
  • IDO

    ArthSwapは、4月16日に実施される第一弾IDOに関する詳細を発表しています。

    IDOとは

    IDOとは、Initial DEX Offeringの略称。分散型取引所(DEX)で行われるトークンセールを指す。

    仮想通貨用語集

    このIDOでは、ARSWトークンセールが16日20時(日本時間)から実施される予定です。

    公式が公開しているIDOの参加方法はこちら:

    Hello everyone, this is the ArthSwap team.

    IDOに参加するにはUSDコイン(USDC)、テザー(USDT)およびアスター(ASTR)のいずれかが必要で、ASTRの場合には割引が受けられるようになっています。

    詳細は下記の通りです。

  • 開始日時:16日20時(日本時間)
  • トークン販売量:100万ARSW
  • トークン価格:1ARSW=約60円(0.5ドル)
  • 対応銘柄:USDC、USDT、ASTR
  • 関連:Astar(ASTR)基盤の大手DEX・ArthSwap、IDO第一弾の詳細を明らかに

    今後の展開

    ArthSwapが公開しているロードマップによると、ARSWは以下のようなさまざまな用途が予定されています。

  • 今後IDOに参加する様々なプロジェクトのトークンを購入する権利
  • インキュベーションプロジェクト(ArthShot、ArthShot-Lock、ArthShot-Airdrop)に参加する権利
  • Gamefiプロジェクトとの連携
  • デュアルマイニング
  • IPプロジェクトとの連携
  • NFT Launchpad/NFT Staking
  • 詳しくはArthSwapロードマップ(https://docs.arthswap.org/roadmap)をご覧ください。

    また、ARSWトークンの上場も計画されており、トークンホルダー数および流通量も増加していくことが見込まれます。流動性マイニングの報酬として得られたARSWトークンも上場後には譲渡や売買することができるようになります。

    ArthSwapユーザーは、公式フォーラムやディスコードなどで、コミュニティへの参加、またはコミュニティメンバーに対しての意見のやりとりやフィードバックをすることが可能となっています。

    ArthSwap関連リンク:

  • 公式サイト
  • Twitter
  • Discord
  • Telegram
  • 『超早割』終了まで
    0
    0時間
    0
    0
    さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
    クリックしてコードをコピー
    CoinPost App DL
    注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
    05/24 金曜日
    05:30
    コインベース、仮想通貨XRPの取扱いをニューヨーク州で再開
    2023年7月に裁判におけるRipple Labsの部分的勝利を受けニューヨーク州を除く他の州でXRP-USD・XRP-USDT ・XRP-EURの3通貨ペアで取り扱いを再開した経緯がある。今回は、これまで対応できなかったニューヨーク州での再開を実現した格好だ。
    05/23 木曜日
    14:45
    ブリリアンクリプト、Coincheckで「つるはしNFT」のINOを29日から開催
    BrilliantcryptoがCoincheck INOでつるはしNFTの販売を開始へ。IEO参加者には優先購入権が付与されるなど、販売詳細が明らかに。暗号資産(仮想通貨)交換業者を通じて、新たなブロックチェーン資産にアクセスする機会。
    13:55
    「パラレル」カードゲーム、日本楽天ブックス提携でカードや漫画を流通へ
    楽天ブックスはパラレルと提携することで、日本におけるカード、コミック、玩具などの販売代理店として、世界最大級のTCG市場に参入する橋渡しとなる。
    13:35
    韓国最大手アップビット、オアシスの新規上場を発表 OAS急騰
    韓国トップの暗号資産(仮想通貨)取引所アップビットが、新規にオアシス(OAS)の取扱いを発表。OASは44%急騰している。OASはグローバル展開を進めており、バイナンス、コインベースなどトップ市場への上場に期待も高まる。
    11:45
    イーサリアムに続く現物ETFはソラナになる可能性 識者が議論
    仮想通貨投資企業BKCMのブライアン・ケリーCEOは、仮にイーサリアム現物ETFが承認された場合、次に続くのはソラナになるだろうと意見した。
    10:45
    香港当局、ワールドコインを個人データ条例違反と指定
    香港の個人データ保護当局は、仮想通貨プロジェクト「ワールドコイン」が条例に違反しているとして、虹彩データ収集活動などの停止を命じた。
    10:10
    NTT Digital、新プロジェクト「web3 Jam」を立ち上げ
    ブロックチェーンを活用して円滑な企業連携を目指すプロジェクトweb3 Jamの立ち上げをNTT Digitalが発表。立ち上げの背景や今後の計画を説明している。
    07:45
    SECゲンスラー委員長反対も、仮想通貨重要法案「FIT21」は下院通過
    米バイデン政権とSECのゲンスラー委員長は仮想通貨法案「FIT21」に反対を表明。どちらも投資家保護のルールが不十分だと主張している。
    07:25
    WisdomTree、イギリスでビットコインとイーサリアムETP上場承認を取得
    米資産管理会社ウィズダムツリーは、仮想通貨ビットコインとイーサリアムの現物上場取引型金融商品をロンドン証券取引所に上場する承認を英金融当局から受けた。
    06:55
    仮想通貨ウォレット「メタマスク」、ビットコイン対応へ
    ついにビットコインサポートか 暗号資産(仮想通貨)ウォレットのMetaMask(メタマスク)は、ビットコインへの対応を導入する予定のようだ。 公式発表はまだされていないが、Co…
    06:05
    ナスダック、ブラックロックのイーサリアム現物申請ETFフォームを更新
    ナスダックによる書類の更新内容は、これまでアークやフィデリティなどのものに類似し、仮想通貨ETH保有資産のステーキングを行わないことを明記している。
    05:50
    エヌビディア純利益7倍の好決算、AI関連の仮想通貨銘柄連れ高
    半導体大手エヌビディアの好決算を受けて、FETやRender、AR、AGIX、TAOなどの仮想通貨AI関連銘柄は全面高になった。
    05/22 水曜日
    16:43
    暗号資産ステーキング報酬国内No.1のビットポイント、新たにSOL(ソラナ)を追加
    暗号資産(仮想通貨)ステーキング報酬国内No.1のBITPOINT(ビットポイント)は、人気銘柄のソラナ(SOL)を新たに追加することを発表した。ビットポイントを利用するメリットについて解説。
    15:34
    米下院、包括的な仮想通貨法案「FIT21」採決へ 規制不確実性の解消目指す
    米国連邦議会下院は22日、米SEC(証券取引委員会)の監督権限などを明確にすべく仮想通貨業界にとって大きな節目と指摘される「金融イノベーション・テクノロジー法」(FIT21)の採決を行う予定だ。超党派の支持を得ているため、承認が期待されている。
    12:41
    ETF承認思惑でイーサリアム3800ドル台まで続伸、ビットコインやソラナは利確売り優勢に
    米エヌビディア決算を控え株価指数が様子見基調となる中、暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアムが現物ETFのSEC承認思惑で3800ドル台まで続伸。ビットコインやソラナは利確売り優勢と明暗が分かれた。

    通貨データ

    グローバル情報
    一覧
    プロジェクト
    アナウンス
    上場/ペア