CoinPostで今最も読まれています

お得に使える、株式市場のおすすめ証券口座ランキング

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

株投資に参入するための第一歩は、株を取引する「証券口座」の開設です。

ただ、証券取引は歴史が長いこともあって国内には多数の証券会社が存在し、それぞれ独自の取引ルールや条件を設定しています。

手数料や節税制度といった条件も証券会社によって大きく異なるため、選択する口座によって節税効果なども大きく変わります。つまり、株投資を最大限お得な条件で行うためには、証券口座は慎重に選ぶ必要があるのです。

そこで本記事では、仮想通貨と比較しつつ証券口座の選び方について解説した後、CoinPostがおすすめする「お得に使える」証券口座ランキングをご紹介しましょう。

目次
  1. 「お得に株投資できる」証券口座の選び方
  2. 株初心者が証券会社を選ぶ、その他の判断基準
  3. CoinPostおすすめ・お得に使える証券口座ランキング
  4. 証券口座は投資スタイルやサービスで選ぶ

1. 「お得に株投資できる」証券口座の選び方

初めに、お得に使える証券会社を選ぶため、特に注目すべきポイント「手数料」と「税金」についてご紹介しましょう。

1-1. 手数料の設定

仮想通貨取引の場合、販売所手数料が無料の取引所も多く、取引所手数料も「0.01~0.1%」程度の低い割合で設定されているケースが基本です。そのため、そこまで手数料を気にせずとも積極的に取引できたでしょう。

しかし株式の場合は、基本的に取引ごとに固定の手数料が発生するので注意が必要です。

「約定手数料」と呼ばれるこの手数料は、投資パフォーマンスに直結します。取引のたびに手数料が発生するため、特に取引回数の多いトレーダーにとっては影響が大きいです。例えば1回の取引に100円の約定手数料がかかる場合、5回購入・売却を繰り返しただけで1000円も資産が目減りすることを意味します。

ただし証券会社の多くはアクティブな投資家に向けて、約定ごとの手数料以外に「1日の取引合計額」に応じて手数料が発生するプランを儲けている場合も多いです。

手数料は証券会社が独自に設定するため、設定された価格をしっかり確認の上で開設する証券口座を選びましょう。

1-2. 節税制度の充実度

また、節税制度の充実度も要チェックです。節税制度とは、株投資で生んだ利益に対して発生する税金の負担を軽減できる制度のことで、NISAやiDeCoなどが代表的です。

節税制度は証券会社によって利用できる場合・できない場合があり、利用に際しての条件にも差があるため、比較して判断する必要があります。

また、ポイント制度の有無・内容も要確認です。証券会社の多くはポイント還元などを通じて、よりお得に投資できる制度を採用しています。ご自身が既に活用しているポイント制度を採用する証券口座を選ぶと、大きなメリットが得られるでしょう。

2. 株初心者が証券会社を選ぶ、その他の判断基準

次に、株投資の初心者が証券口座を選ぶ際、チェックしておきたい一般的なポイントについてもご紹介します。

まず注目すべきは「取引ツールの使い勝手」「サポートの充実度」でしょう。株投資を始めて間もない間は、どうしても不明点が多く、分からないことも多いものです。そんな時、使い勝手のいいツール、不明点を解決できるサポートサービスの充実した証券会社を選ぶことにより、余計なストレスを感じず投資に集中できます。

また「取扱商品数」は必ず確認しましょう。その証券会社が取り扱う株銘柄の数だけでなく、投資信託、債券、FXやCFD(差金決済取引)など株以外の商品の豊富さも要チェック。市場を横断して投資チャンスを掴みやすくなるため、基本的には商品のラインナップが豊富な証券会社を選ぶか、自分に合う商品を多く取り扱う証券会社を選ぶと良いでしょう。

他には「サービスの利便性」も重要です。例えば、夜間などマーケットが開いていない時間帯でもリアルタイムで取引できるシステム「PTS」が使えるかどうか、等が挙げられるでしょう。

ここからは、暗号資産(仮想通貨)投資家にもオススメの株式証券口座をランキング形式でご紹介します。

3. CoinPostおすすめ・お得に使える証券口座ランキング

前述の判断要素から総合判断して、「お得に使える」証券口座をランキング形式でご紹介します。

3-1. 第1位 松井証券

出典:松井証券

お得に使える証券口座、第1位は「松井証券」です。

100年以上の歴史を持つ老舗で、実店舗・オンライントレード両方のサービスが充実しています。同社によると業界で初めて本格的なインターネット取引を提供した証券会社で、個人投資家がお得に使えるサービスを多数提供しています。

評価基準 評価 詳細
手数料 25歳以下は無料、26歳以上は1日約定代金が50万以下なら無料(現物取引)
節税制度など NISA・つみたてNISA・iDeCo利用可能
還元制度も豊富(信託報酬の一部を現金・ポイントによって還元)
取扱商品数 株式(現物・信用)
株式(IPO・PO)
株式(貸株サービス)
米国株取引
投資信託
先物・オプション取引
FX など
サービスの利便性 豊富な独自サービス
PTS(夜間取引)利用可能
ロボアドバイザー投資「投信工房」
取引ツールの充実度 初心者から上級者まで使い続けられる豊富な取引・情報ツールを提供
仮想通貨取引 なし
個人投資家サポート オンライン・電話・対面による手厚いサポート

まず、松井証券は手数料の面で有利です。例えば株式現物取引の場合、未成年含む25歳以下の利用者は、約定代金がどれだけ高額でも手数料が無料。26歳以上であっても、1日の約定代金合計額が50万円以下であれば手数料は発生しません。

また、個人投資家に人気を博すサービスとして、デイトレードに特化した「一日信用取引」というサービスがあり、約定代金に関わらず手数料が無料になります。仮想通貨でトレードの経験があり、伝統金融市場でもデイトレードを行う予定の方には、非常に大きなメリットがあるでしょう。

また、特筆すべきは手厚い個人投資家サポートです。オンラインでのサポートのほか、コールセンターでのサポート、さらに実店舗に訪れて直接相談も可能です。

不安のある方でも安心して株投資を始められ、上級者になっても使い続けることができる証券口座です。

3-2. 第2位 SBI証券

出典:SBI証券

第2位は、ネット証券最大手である「SBI証券」。2022年3月期における国内株式の個人取引シェアで国内1位、業界最安水準の手数料と充実のサポートが特徴です。

評価基準 評価 詳細
手数料 1日の現物取引額100万円・信用(制度)取引100万円・信用(一般)取引100万円まで手数料無料(アクティブプラン選択時)
25歳以下の現物手数料無料
節税制度など iDeCo、NISA、つみたてNISA
充実したポイントサービス
取扱商品数 国内株式(現物・信用)
国内株式(IPO・PO)
国内株式(貸株)
外国株式(9か国)
投資信託
債券
先物・オプション
CFD
金・銀・プラチナ など
サービスの利便性 住信SBIネット銀行口座の連携で高金利の円預金サービスを利用可能
PTS利用可能
投資一任型AIサービス「SBIラップ」利用可能
ロボアドバイザー「WealthNavi for SBI証券」利用可能
高速な入出金 など
取引ツールの充実度 多数の取引ツール・アプリあり
仮想通貨取引 SBI VCトレード(グループ企業)
個人投資家サポート 実店舗なし

問い合わせ窓口・Webサポートあり

SBI証券もまた、お得な手数料制度を採用しています。

まず、25歳以下の現物取引が無料になるプログラムを実施しています。松井証券では信用取引も含めて25歳以下の約定手数料が無料でしたが、SBIでは「現物取引」が対象です。

また、アクティブプラン(手数料定額プラン)を選択した場合、現物・信用(制度)・信用(一般)それぞれ1日の約定代金の合計が100万円まで手数料無料に。約定ごとに手数料が発生するスタンダードプランも主要ネット証券では最安水準です。夜間のPTS取引が無料なので、時間外に取引したい方には最適でしょう。

また、還元制度が充実しており、現物株式や投資信託の購入などによってポイントをため、一部のポイントは投資信託の購入に利用することも可能です。貯めるポイントの種類もTポイント・Pontaポイント・dポイント・JALマイルから柔軟に選べるのも魅力。

取扱商品数の面でも優れており、銘柄数の充実度や豊富なIPO実績数もさることながら、他社と比べて圧倒的に多い9か国の外国株式を扱っているのが特徴。世界中の商品に投資するなら、SBI証券は最適でしょう。

3-3. 第3位 マネックス証券

第3位は、国内大手取引所であるコインチェックの親会社でもあるマネックスグループの証券会社「マネックス証券」です。

評価基準 概要 詳細
手数料 取引毎手数料コースが業界最安水準
節税制度など NISA、つみたてNISA、iDeCo
マネックスポイント
取扱商品数 国内株式(現物・信用)
米国株式
中国株式
投資信託
債券
FX
暗号資産CFD
先物・オプション
金・プラチナ など
サービスの利便性 注文方法が豊富
PTS対応
ロボアドバイザー「マネックスアドバイザー」
取引ツールの充実度 10を超えるアプリやツールを提供
仮想通貨取引 暗号資産CFD取引が可能
コインチェック(グループ企業)
個人投資家サポート WEBフォーム・メール・電話でのサポートあり

マネックス証券ではポイントの還元制度が充実しています。投資信託の保有などで貯まる「マネックスポイント」は、投資信託の買い付けや暗号資産買い付けにも使用できるほか、dポイント・amazonギフト券・Tポイントなど他社ポイントサービスへの変換や、寄付に使用することも可能です。

また、注文方法の種類が多いのも特徴で、トレード上級者には最適。指値・成行・逆指値のみの証券口座も多い中、マネックス証券では連続注文、ツイン注文などにも対応しており、米国株ではトレールストップも利用可能です。

米国株・中国株の銘柄数はトップクラスで、特に中国株の銘柄数は抜きん出ています。

また、マネックス証券のIPOでは「完全平等抽選制度」を採用している点が大きな魅力。通常、IPOは一般的に資金や取引量が多いほど有利になりますが、マネックス証券ではIPO割当数の100%を抽選に回しているため、資金が少ない人にも公平なチャンスが与えられています。

3-4. 第4位 楽天証券

出典:楽天証券

第4位は、「楽天市場」など楽天経済圏で有名な楽天グループ運営の「楽天証券」です。

評価基準 概要 詳細
手数料 「いちにち定額コース」では同日の約定代金合計100万円まで手数料無料
節税制度など iDeCo、NISA、つみたてNISA
充実のポイント制度
取扱商品数 国内株式(現物・信用)
外国株式(米国・中国・アセアン)
IPO
投資信託・積立
NISA・つみたてNISA
iDeCo
FX
CFD
金・プラチナ
ポイント投資 など
サービスの利便性 PTS取引対応
ロボアドバイザー「楽ラップ」
取引ツールの充実度 デモ取引サービス利用可
仮想通貨取引 楽天ウォレット
個人投資家サポート WEB、電話での問い合わせ、遠隔での画面操作サポートにも対応

楽天証券では「いちにち定額コース」を選択することで、1日における現物取引・信用取引の約定代金合計100万円までは手数料が無料になります。

また、楽天グループが運営する証券口座なので、楽天ポイントや楽天証券ポイントをお得に獲得・活用できる仕組みが整っており、ポイントを使った投資の選択肢も豊富。例えば「超割コース」を選択すれば、手数料の1%がポイントバックされます。

さらに、国内株や海外株など複数種類の商品を一つの取引アプリ・ツールで取引可能で、サービスの使い勝手に定評があります。

楽天経済圏を頻繁に利用する方にとっては、最適な選択肢でしょう。

3-5. 第5位 GMOクリック証券

第5位が、GMOグループが運営する「GMOクリック証券」です。同グループは、仮想通貨取引所GMOコインの運営元でもあります。

評価基準 概要 詳細
手数料 1日の現物取引額100万円・信用(制度)取引100万円・信用(一般)取引100万円まで手数料無料(1日定額プラン選択時)
節税制度など NISAのみ
取扱商品数 国内株式
投資信託
先物・オプション
FX
CFD
債券 など
サービスの利便性 PTS取引不可
取引ツールの充実度 アプリの利便性、使いやすさに定評あり。
CFD取引のデモあり。
仮想通貨取引 GMOコイン
個人投資家サポート フリーダイヤル・メールで受付

GMOクリック証券は、手数料の低減に特に力を入れている証券口座です。

「1日定額プラン」では、SBI証券と同様、現物・信用(制度)・信用(一般)それぞれについて、1日の約定代金の合計が100万円まで手数料が無料になります。また、「1約定ごとプラン」の手数料はSBI証券や楽天証券より一回り低く設定されている点にも注目です。

GMOクリック証券ではNISA口座のみ利用可能で、iDeCoやつみたてNISAの取り扱いがありません。しかし、NISA口座における売買手数料が「恒久無料」となるサービスを実施しており、NISAの節税メリットをさらにお得に享受できます。NISA以外には使う予定のない場合には、GMOクリック証券は最適です。

また、CFD銘柄の充実度は業界トップクラスです。CFD取引をメインで行いたい場合にも適しているでしょう。

4. 証券口座は投資スタイルやサービスで選ぶ

本記事では、CoinPostがおすすめする「お得に投資できる」証券口座をランキング形式でご紹介しました。

第1位は25歳以下は手数料無料、デイトレードにも適しており、個人投資家への手厚いサポートがある松井証券。第2位以降も、SBI証券、楽天証券など最大手の証券口座がランクインしています。

証券口座にはそれぞれのメリット・デメリットがあるので、ご自身の享受したいサービスから選択するとよいでしょう。また、複数の証券口座を開設しておくことで、それぞれが持つ長所を活かして取引するのもおすすめです。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/20 土曜日
10:30
ソラナWeb3ゲーム「Nyan Heroes」、Epicのストアでトップ30入り
ブロックチェーンゲーム「Nyan Heroes」はEpic Games Storeで最もプレイされたゲームでトップ30以内に入った。今後NFT機能や独自の仮想通貨も導入する予定だ。
09:15
ビットコイン、4度目の半減期完了 報酬が3.125 BTCに
直近の米経済指標(3月の雇用統計やCPI等)が景気の堅調さを改めて示しているため、FRBが利下げを急ぐ必要がなくなりつつあるとの観測が高まってきており、仮想通貨や株のようなリスク資産をさらに押し上げる力は弱まってきたようだ。
08:25
BTCクジラが1900億円相当のビットコイン押し目買い、エヌビディアなど大幅安|金融短観
19日のアジア時間はイスラエルがイランに対して報復攻撃を実施したとのメディア報道が嫌気され日経平均指数や上海総合指数などは大きく下がったが、その後攻撃の規模が限定されており核施設に被害はなかったとの報道を受け米国の株式市場ではこのニュースへの反応は見られなかった。
06:45
Magic Eden、BaseチェーンのNFTに対応へ Open Editionミントも予定
Magic Edenは現在NFTマーケットプレイスのランキングで1位。ビットコイン半減期を背景に需要が高まるビットコインOrdinalsおよびビットコイン上の「Runes」への期待が出来高を押し上げている。
06:15
マイクロストラテジーのセイラー会長、自社株売却で570億円の利益
マイクロストラテジーの株価は仮想通貨ビットコインの3月の高騰に伴い3月27日に1,919ドルまで値上がりした。同株は年初来+71.37%のパフォーマンスを見せた。
04/19 金曜日
18:00
2024年注目の仮想通貨10選 セクター別の主要銘柄
暗号資産(仮想通貨)市場を代表する、注目銘柄10選。ビットコイン現物ETFが承認され半減期を迎える2024年。RWAやAI銘柄などセクター毎に投資活動が活発化。年初来の騰落率を含む各種データを網羅。ソラナのミームコインやエアドロップの効果は業界全体に影響している。
13:53
Yuga Labs、NFTゲームの知的財産権をゲームスタジオ「Faraway」に売却
著名NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club」で知られるYuga Labsは、同社が開発するNFTゲーム「HV-MTL」と「Legends of the Mara」の知的財産権を、ゲームスタジオ「Faraway」に売却したと発表した。
11:54
中東情勢緊迫化で株やビットコインなど急落、リスク回避の動き強まる
中東情勢を巡りイスラエルのイランへの報復攻撃が伝わり、日経平均株価や仮想通貨ビットコインなどリスク性資産が暴落した。先行き懸念からリスク回避の動きが強まっている。
11:30
Ondo Finance、米国債建てトークンUSDYをコスモスで展開へ
資産トークン化企業Ondo Financeは、Noble Chainと提携して米国債建てトークンUSDYなどの資産をコスモス上で展開すると発表した。
11:00
テザー社、USDT超えて最先端技術提供へ 4つの新部門立ち上げ
USDTを発行するテザー社は事業部門を4つに再編する計画を発表した。ステーブルコインを超えた、より包括的なソリューションを提供していく計画だ。
10:10
「BTC半減期後の相場はマクロ経済が主導」10x Research分析
仮想通貨ビットコインの半減期後の相場を主導するのはマクロ経済であると10x ResearchのCEOが指摘。現状ではビットコインの今後価格が5万ドルまで下がる可能性もあると述べている。
09:35
Aptos開発企業、マイクロソフトやSKテレコムなどと提携
アプトス・ラボが数社と共同で開発するAptos Ascendは、金融機関向けのデジタル資産管理プラットフォームだ。この製品はAzure OpenAI Serviceを使用する。
07:55
仮想通貨取引所バイナンス、ドバイで完全な事業ライセンス取得
バイナンスは昨年同局からMVPライセンスを取得したが、同ライセンスには3段階のプロセスがあり、今回は最終段階をクリアしたことになった。
07:20
「半減期後にBTC価格は下落する可能性」JPモルガン
半減期後に仮想通貨ビットコインの価格は下落する可能性があると、JPモルガンのアナリストは分析。17日のレポートで分析の根拠を説明している。
06:30
バイナンス、新たな仮想通貨ローンチパッド「メガドロップ」発表
最初に選ばれたプロジェクトは仮想通貨ビットコインのステーキングプラットフォーム「BounceBit」で、168,000,000 BBトークンがMegadropを通して配布される予定だ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/04/20 ~ 2024/04/21
大阪 京セラドーム大阪
2024/04/25 ~ 2024/04/26
東京 国立新美術館
重要指標
一覧
新着指標
一覧