CoinPostで今最も読まれています

名作IPがNFTゲームに|Eternal Crypt – Wizardry BC –(エクウィズ)の魅力に迫る

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

株式会社ドリコムは2024年第1四半期に、「Eternal Crypt – Wizardry BC –(通称「エクウィズ」)」をリリース予定です。このゲームは、不朽の名作RPG「Wizardry」の幻想的な世界観と革新的なブロックチェーン技術を組み合わせた、クリッカー系×戦略系ゲームとなります。

「Wizardry」の伝統的なRPG要素を保持しつつ、NFTとしてゲーム化される点が、新旧のファンにとって大きな注目を集めています。

この記事では、「Eternal Crypt – Wizardry BC –」の概要、遊び方、および収益化のポイントを、NFTや仮想通貨に関心がある方、または「Wizardry」シリーズのファンに向けて詳しく解説します。

目次
  1. 「Eternal Crypt – Wizardry BC –(エクウィズ)」とは
  2. Eternal Crypt – Wizardry BC –を運営するゲーム&BC業界で活躍する企業
  3. Eternal Crypt – Wizardry BC –の遊び方
  4. Eternal Crypt – Wizardry BC -で収益化するポイント
  5. ゲーム内通貨「$BC」のトークノミクス
  6. ロードマップと先行リリースNFT
  7. ブロックチェーンゲームで楽しむ不朽の名作

1.「Eternal Crypt – Wizardry BC –(エクウィズ)」とは

1ー1.元祖RPGタイトル「Wizardry」とは

「Wizardry」は1981年にアメリカで誕生し、日本では1985年にファミコン版がヒットしたことで世界にその名を轟かせた元祖RPGタイトル。

2024年時点でWizardryのIPを保有するのは、日本屈指の大手ゲーム会社である株式会社ドリコムです。ドリコムは本記事でご紹介するエクウィズと並行して、WizardryのIPを活用したスマホ向け3DダンジョンRPG『Wizardry Variants Daphne(ウィザードリィ ヴァリアンツ ダフネ)』も展開しています。

1-2.エクウィズの概要

ブロックチェーンゲーム(BCG)となる「Eternal Crypt – Wizardry BC -(エクウィズ)」は、近年人気の高い放置ゲームモデル「Cookie Clicker」モデルを採用したNFTゲーム。

無料でも楽しめるFree-to-Play(F2P)形式を採用しており、ゲーム内の「冒険者NFT」を購入せずにプレイ開始が可能です。NFT初心者でも気軽に冒険の旅に出発できることも特徴と言えるでしょう。ゲームの進行は、大きく分けて次のような流れです。

  1. ギルドマスターになり、多彩な種族や職業から仲間を選び、パーティを組む
  2. 怪物が棲み、古代の欠片や神器が眠るダンジョン「ダドエルの穴」を冒険する
  3. クエストをこなして王国を救い、深淵の財宝「Blood Crystal」の獲得を目指す

Blood Crystalの原石を獲得するためには、ダドエルの穴に潜む強力なモンスターを倒し、難解なダンジョンを攻略しなければなりません。エクウィズは手軽に始められるゲームでありながら、ドキドキ感と高い戦略性を兼ね備えた3Dダンジョンゲームの新時代を築く作品と言えるでしょう。

(出典:Blockchain GameとしてのWizardry

2.Eternal Crypt – Wizardry BC –を運営するゲーム&BC業界で活躍する企業

「Eternal Crypt – Wizardry BC –(エクウィズ)」の開発には、株式会社ドリコム、チューリンガム株式会社の他、シンガポールに本社を置くBOBG PTE. LTD.、ドバイに本社を置くZEAL NOVA DMCCの4社が関わっています。

株式会社ドリコムは「アイドルマスター シャイニーカラーズ」などのヒット作をを多数開発している国内ゲーム企業です。チューリンガム株式会社は、ブロックチェーン技術を中心に事業を展開するテクノロジー企業で、トークンやスマートコントラクト開発において豊富な実績があります。

2ー1.エクウィズの基盤チェーンはPolygon

エクウィズの基盤となるのは、Polygonブロックチェーンです。ゲーム内でのキャラクターやアイテム、トークンなどの取引コストを抑え、効率的なトランザクションを実現。ガス代に悩む事のない、ストレスフリーなゲーム環境を可能にしています。

3.Eternal Crypt – Wizardry BC –の遊び方

「Eternal Crypt – Wizardry BC –(エクウィズ)」 は、従来の「Wizardryシリーズ」と同じように「探索」と「帰還」という非常にシンプルなシステムでゲームが進められていきます。エクウィズの基本的な遊び方を見ていきましょう。

3ー1.パーティ編

まず、冒険者たちを選んでパーティを編成します。エクウィズでは4つの異なる種族と8つの職業が用意されており、それぞれに独自の長所と短所があります。

(出典:NFTゲームプレス

種族や職業を慎重に選び、バランスの取れたチームを組むことがダンジョン攻略のポイントです。

3ー2.ダンジョンへの挑戦

パーティが決まったらダドエルの穴に挑戦し、隠された財宝「Blood Crystal」を求めて冒険を始めましょう。ダンジョン内では強力な怪物や危険な罠が待ち受けており、戦闘やアイテムの獲得を通じて、パーティの強化を目指します。

3ー3.街への帰還とアイテムの強化

ダンジョンの探索でパーティーに疲れが見えてきたら、一旦街へ帰還しましょう。街では、ダンジョンで獲得したゲーム内通貨「Blood Crystalトークン($BC)」や「エンシェントピース(AP)」を用いて冒険者NFTの購入や強化、回復などができます。

また、ギルドマスターはAPを使用して、パーティの能力を高める「レガシーアイテム」の生成も可能です。街でパーティーを強化したら、再び深淵の財宝を探す冒険に出かけましょう。

4.Eternal Crypt – Wizardry BC -で収益化するポイント



「Eternal Crypt – Wizardry BC –(エクウィズ)」では単にゲームを楽しむだけでなく、手に入れた財宝やアイテムを現実世界で収益化できる、ブロックチェーンゲームならではの魅力があります。

4-1.準備:仮想通貨ウォレット作成・MATICを購入

まず、準備としてメタマスクなどの仮想通貨ウォレットを準備し、PolygonのネイティブトークンであるMATICを入手しましょう。エクウィズはPolygonチェーンをベースにしたNFTゲームですので、NFTの購入やBCトークンを購入する際の手数料としてMATICを使用します。

4ー2.収益化方法①:ダンジョン攻略と$BCトークン獲得

エクウィズにおける最も基本的な収益化の手段は、ゲーム内通貨である$BC(Blood Crystal)トークンの獲得と換金です。$BCトークンはBlood Crystalの原石を錬金できる錬金力と呼ばれる特殊な能力を持つ冒険者NFTを編成して、ダンジョンフロアの最大到達点を更新するなど、条件を満たすことで獲得できます。

4ー3.収益化方法②:NFTマーケットプレイスでの取引

また、ゲーム内で獲得したNFTアイテムを、NFTマーケットプレイスで売買することを通じた収益化も可能です。ゲーム内で自分が獲得したNFTに買い手が付けば、その売却を通じて仮想通貨を取得し、仮想通貨取引所を通じて現金化できます。

なお本ゲームにおいて、冒険者NFTの取引方法は以下の通りです。

  • ゲーム内販売を通じた購入
  • エクウィズ内部のマーケットプレイスを通じた購入・売却
  • エクウィズ外部のマーケットプレイスを通じた購入・売却

4ー4.冒険者の強化によって収益性を上げる

エクウィズでは、ダンジョンの奥深くに進むほど、多くの財宝とレアなアイテムを入手できますが、その分モンスターは手ごわくなります。

レガシーアイテムの獲得や、$BCトークンやAPを使ってパーティーの熟練度を上げていくことがダンジョン攻略のポイントです。誰よりも深いところまでダンジョンを探索し、激レアアイテムを入手できれば、収益性は高まってゆくでしょう。

5.ゲーム内通貨「$BC」のトークノミクス

また、ゲーム全体のエコシステムを支えるBCトークンのトークノミクスについても詳しくまとめました。

5ー1.安定供給される冒険者NFT

従来のGamiFiモデルには、NFTの過剰供給とトークンの過剰放出により、エコシステムが短期間で崩壊するという課題がありました。「Eternal Crypt – Wizardry BC –(エクウィズ)」では、NFTやトークンの流通がゲームの規模を超えないようモデルを工夫し、持続可能なトークノミクスを目指しています。

例えば、ゲーム内でのNFT販売は数量がコントロールされているほか、NFTのミント(新規生成)に関しても、ミント実施に必要なアイテムの供給量を制限することで過剰な流通が起きないような仕組みに。また、Blood Crystalの精製には「錬金力」を持ったNFTが必要というルールにより、Blood Crystalの市場供給量が過度に増加するリスクも回避しています。

5ー2.サステナブルなトークン循環と外部収益性

さらにエクウィズは、ゲーム内通貨の$BCトークンに10億枚の発行上限を設け、さらにゲーム内で多様なトークン消費ポイントを設けることで、需要と供給のバランスが崩れるのを防ぐ仕組みを実装しています。

そしてエクウィズは、無料ユーザーへの広告収益や他プロジェクトとのコラボレーションを通じた収益、ノベル・コミック化など、外部収益の実現を計画しています。これにより、トークンエコノミーがゲーム内に完全に依存しないため、より経済圏の安定性を高められるでしょう。

同時に、中毒性の高いモデルの採用とゲームとしての完成度を追求することで、収益性よりもゲームプレイを主な目的としたユーザー層の獲得を目指します。

6.ロードマップと先行リリースNFT


最後に「Eternal Crypt – Wizardry BC –(エクウィズ)」の展望と先行リリースNFTについて解説します。

6ー1.エクウィズのロードマップ

以上の画像がエクウィズのロードマップです。ロードマップ通りに進めば、2024年の3月中までにはゲームが正式リリースされる予定。また、リリース後はコラボやスペシャルイベント、メディアミックス展開など、大きなプロモーションの展開が計画されています。

6ー2.先行販売される「Adventurer Genesis Collection(AGC)」とは

運営はゲームの正式リリース前に、Adventurer Genesis Collection(AGC)という特別なNFTを販売しています。AGCの保有者は先行リリース版のプレイが可能なうえ、正式リリース版でもダンジョンを探索して財宝を手に入れ、$BCトークンを獲得できます。

これは、正式リリース前にBCGや本IPに特に強い関心を持つコアユーザーを獲得し、正式リリース後の健全なコミュニティ育成を目的としているとのこと。

そういった背景から、AGC保有者には$BCトークンの全供給量のうち20%が割り当てられる予定です。具体的には、先行リリース版で全供給量の15%、正規版では5%にあたる$BCトークンが、AGC保有者のみを対象に放出されます。

AGCの購入と先行リリース版への参加は、正式リリース版から参加するユーザーよりも収益性の面で大きく有利になると言えるでしょう。

7.ブロックチェーンゲームで楽しむ不朽の名作

業界で活躍する2つの国内企業と、シンガポール・UAEの企業が携わる「Eternal Crypt – Wizardry BC –」。

従来のGamiFiの課題を踏まえた革新的なトークノミクスで、ユーザーにとって安定的な収益をもたらす経済圏を構築することを目指します。

NFTトレードやブロックチェーンゲームに興味がある方は、先行リリース版や、正式リリース版での参加を検討してはいかがでしょうか。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/24 水曜日
17:00
「BTCは上昇トレンドに入る可能性」SCB銀
仮想通貨ビットコインは再び上昇トレンドに入る可能性があるとスタンダードチャータード銀行が分析。今回もビットコインとイーサリアムの価格予想をしている。
16:23
Block社(Square)、ビットコイン採掘産業の分散化に向けて高性能チップを開発完了
デジタル決済企業ブロック(旧Square)が、3ナノメートル技術を採用した最新のビットコインマイニングチップ開発を完了。このプロジェクトはオープンソース化され、ビットコインマイニング業界の分散化を推進することを目指している。
15:09
WebX2024、最大73%割引の「開幕セール」終了まで残り1週間
株式会社CoinPostが主催する日本最大のWeb3カンファレンス「WebX2024」にて、チケット販売を開始しております。2024年4月30日まで、最大73%割引のお得な開幕セールを実施中です。
14:35
米ブロックチェーン協会ら、仮想通貨業界の声をまとめSECを提訴
米ブロックチェーン協会とテキサス州暗号資産自由同盟は、米証券取引委員会が新たに制定したディーラー規則の阻止を求めて、SECを提訴した。
13:00
香港の現物ビットコインETF 4月30日にも発売かー報道
香港でボセラとハッシュキーキャピタルが提供するビットコインETFが取引を開始すると報じられた。2社の現物ビットコインETFは、価格安定性が高く、投資家に直接的な市場価格連動のメリットを提供する。
12:09
半値戻しのビットコイン、投資家心理改善で買い先行
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが66000ドル台まで反発し、50MA手前で一服した。イランとイスラエルを巡る中東リスク後退で米国株式市場でも買い戻しが先行しており、投資家心理が改善した。
12:00
ブラックロックのビットコイン現物ETF「IBIT」、70日連続流入を記録
ブラックロックのビットコイン現物ETF「IBIT」が70日連続で資金流入を記録した。運用資産は約2.8兆円に達している。
11:00
リップル社、SECによる20億ドルの罰金提案を過大と反論
リップル社は、XRPをめぐるSECとの裁判で新たな書類を提出。リップル社に対して約3,100億円の罰金支払いを求めるSECの主張に反論した。
09:40
「BTC価格上昇は半減期から50〜100日後」QCP Capital
仮想通貨ビットコインの今後の価格が急上昇するのは半減期から50〜100日後であるとQCP Capitalが分析。また、Bitfinexも半減期後の相場レポートを公開した。
08:45
ソラナJupiter、DEXモバイルアプリ5月公開予定
既存のUltimateウォレットは5月22日から利用できなくなるため、その前に仮想通貨の一時的移転(PhantomやMagic Edenウォレット)を推奨した。
08:10
米国のイーサリアムETF上場申請、5月承認は見込み薄か
申請中の仮想通貨イーサリアム現物ETFの多くは5月に最終判断を迎える予定だが、多くのアナリストは承認の確率が低いと予測。背景には、イーサリアム財団への任意捜査で米SECがETHを有価証券に分類しようとしている点や、ビットコイン現物ETFが承認されてからまだそれほど時間が経っていない状況などがある。
07:10
ビットコインの機能を拡充する新提案が公開
仮想通貨ビットコインのブロックチェーン上でスマートコントラクトなどを実現する開発提案がBIP-420として公開。以前から関心を集めている提案の内容が改めて説明された。
06:35
バイナンスアプリの削除、フィリピン当局がアップルとグーグルに命令
フィリピンはバイナンスの顧客基盤における重要な構成国だが、同SECは2023年11月以降、バイナンスを投資に利用しないよう国民に積極的に警告していた。
05:50
エルサルバドルの国営ビットコインウォレット、ハッカーがコードを流出
今回の漏洩は、4月上旬に報告された510万人のサルバドル人の個人情報リークを含む、一連のChivoウォレット関連のハッキングに続くものだ。
04/23 火曜日
19:00
メゾンマルジェラ MetaTABI NFT発売
メゾンマルジェラがMetaTABI NFTを一般販売開始。デジタル専用設計のタビシューズはThe Fabricantとのコラボで、限定版タビブーツとレザーウォレットが付属。今後のWeb3ブランドイベントにも参加可能。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/04/24 11:30 ~ 13:30
その他 オンライン
2024/04/25 ~ 2024/04/26
東京 国立新美術館
2024/04/27 10:30 ~ 20:00
東京 東京都渋谷区
重要指標
一覧
新着指標
一覧